轍の記憶⑥ キハラケイスケ (so far, so close / 佐賀GEILS / ONE PLUS ONE)

amefull_HPheader_01

 

キハラさんを慕うバンドマンたちは、口を揃えて「佐賀はキハラさんの町」と言います。

 

彼は、so far, so closeのフロントマンでありながら、佐賀GEILSというライブハウスを切り盛りしています。

 

出会いは天王寺Fireloop。

 

札幌在住時代の僕たちがツアーで大阪を訪れて、対バンした時でした。

 

前々から砂場の奈月君に話は聞いていたので、共演させて頂けることをたのしみにしていました。

 

60年代~70年代の空気漂うサウンドが印象的なのですが、その中にも、どこか冷たい質感を宿した音楽だと感じたのを覚えています。

 

あの日、深夜には大阪を出発して移動しなくてはいけなかったのですが、当番の運転組を機材車に残して、ゆっきーと、しげと僕は打ち上げに参加しました。

 

Fireloopの近くにある寿司屋で、寿司を食べずに酒を飲み、結局3時くらいまで語りましたね。

 

始発で名古屋へ戻る奈月君が、「Fireloopの床を貸してください」と店長の野津さんに言うので、彼を残して、共演者たちは三々五々散っていきました。

 

その後、僕たちは東京に拠点を移すことになったのですが、上京してしばらく経った頃、キハラさんから連絡があり、「佐賀に新しいロックフェスを立ち上げるから出演してくれないか」という内容と、コンセプトを聞いて心を打たれました。

 

それが“ONE PLUS ONE”です。

 

生まれて初めて歩いたはずなのに、あの町の空気は懐かしくて、冷たかった。

 

僕は、はっとして、so far, so closeの音楽の理由に気づかされたような、そんな思いでした。

 

実は今年の“ONE PLUS ONE”にも誘って頂いたのですが、札幌遠征と日程が重なってしまいました。

 

佐賀は、ここからどのくらい離れているのでしょうか?

 

不思議と遠く感じないのは、彼がいるからなのだと思います。

 

キハラさん、コメント、本当にどうもありがとうございました!

 

https://ame-full-orchestra.futureartist.net/wadaticomment

 

 

ame full orchestra

飯濱 壮士

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

ame full orchestra(アメフルオーケストラ)

ame full orchestra(アメフルオーケストラ)
所属事務所:MS Entertainment
出身地:北海道 札幌

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

ame full orchestra|アメフルオーケストラ(音楽)オフィシャルブログ