やさしい本泥棒を見た

叙情詩の様な優しさと美しさが描かれた


作品と言えば良いのだろうか。死神?が


ナレーターと言う目線からか大戦中の


ドイツなのに死をあまり生々しく描写しな


いのも何故か理解出来る。確かに死を司る


モノの感覚は我々が感じる様な感情や理解


とは違うニュートラルな神聖さがあるの


かもしれない。西洋の作品で死を取り扱っ


たモノなのに一定の宗教色が無いのは新鮮


な驚きだった。一般の日本人だとそこらは


気づか無いか無関心だろうが西洋文化には


一定の宗教色が文化や血の一部の様に密接


なモノだからこの死神?からの描き方は


僕にはより生き死に敬意を表せた。この作


品は大戦当時のドイツの様子や問題をさら


っと描写しても軽くも重くも無いし死が虚


しいとも感じなかったのは僕だけだろう


か。僕の父親は先月天国に旅立った。


やらなきゃならない事をなんとか消化して


いる毎日で悲しみも寂しさめ無いがリーゼ


ルがルディとの別れの時とリーゼル自身を


死神が迎えに来たシーンでは泣けた。


悲しいと言うのでも無い。この作品の


オープニングでナレーター(死神)が、人は


誰でも死がやってくる。と言った事が自分


の事も含めて何故かリアルに感じられた


からだろうか。おとぎ話の様な表現だから


だろうか。生々しく死を描かなくても厳か


な気持ちにさせたこの作品は僕には素晴ら


しかった。



20150321-220830.jpg

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

ANXRA|アンギュラ(マジシャン)プロフィール

プロフィール画像

ANXRA(アンギュラ)
身長・体重:170cm・76Kg
生年月日:1958年2月21日
血液型:O型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/anxra/

ANXRA|アンギュラ(マジシャン)アーカイブス

ANXRA|アンギュラ(マジシャン)カテゴリー

ANXRA|アンギュラ(マジシャン)カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031