『GIVE UP』(諦める)



『「諦める」とは己の弱さを
認める意味に於いて明らかに究めること…』

蟻塚(ありづか)の様な都会も
夜が更(ふ)けて行くにつれて、
束の間の静寂に包まれる…

暁(あかつき)と共に
人は再び時間の奴隷となって
己の存在価値に意義を見出そうと
蠢(うごめ)く人ごみの一員となる。

浮世では仲間と思った者に裏切られ、
信頼していた人が実は
「信用できない奴だった…」
と気づかされる。

友情とは砂漠の蜃気楼の様に
思い込みの夢想に過ぎない…

依存と支配の師匠と弟子との関係も

沸湯した蒸気(じょうき)の様に

何処(いずこ)へと消え去ってしまう…

人との付き合いが
疎遠(そえん)になったのではない…

「元からそうだったのだ…」
と自覚させられ、岸辺に打ち寄せる波の
泡の様に喜楽も虚しい思い出となって
砂浜の中に吸い込まれて行く…

若き日の上りつめた頂で観た絶景だけが
唯一の景色ではない。
年を積み重ねながら下山する人生の風景も、
これまた己の成長に欠かせないものであることを
忘れてはならない…

「自立」は青春の時代を味わう
若者だけに対しての課題ではなく、
人生の四季を歩む
すべての人のテーマでもある。

THE BIBLEには
「あなたがたの思い煩(わずら)いを、
いっさい天に委ねなさい…
大いなる存在(神)があなたの事を
心配してくださるからです」
とある。

難しく考えることから単純になればいい…
また抵抗することから降伏すればいい…

誰かの所為(せい)にすることをやめて、
理想と現実の狭間で没頭と葛藤する
己と向き合い、正直になって理想に到達
できない弱い自分を受け止めることである。

パウロは
「私が弱い時にこそ強くなれる」
と語っている。

今日という日があなたにとって
諦める(明らかに究める)日となります様に…

『諦めることが人間らしさを回復する』

アーサー・ホーランド
2018.1.11

 

4681888B-68EE-4AD8-B511-A58FC093CF48

 

753E9AD9-CE84-492F-9DB4-C4AED225130B

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ