『DUTY』(義務)



「義務は他を思いやる故の愛の行為」


地味と思える日々を

いかに生きるかは自分次第である。


たとえ日々の

ROUTINE(ルーティーン)が

習慣的であっても

何が起こるかは誰にも

分からない…


一寸先(いっすんさき)は

闇なのか…または希望があるのか…

それは一歩踏み出して行かない限り

分かりはしない…


インドの詩人タゴールは

「私は眠り夢みる…

   生きることが喜びだったらと…

   私は目覚め気づく…

   生きることは義務だと…

   私は働(はたら)く…

   するとごらん

   義務は喜びだった。」

と謳っている。


「義務」とは

「義の務(つと)め」

と解釈できる。


「義(ぎ)」という一文字の中に

「羊と我(われ)」という

二文字が一体となっている。


預言者バプテスマのヨハネは

JESUSを指差して

「見よ。我々の罪を取りのぞく

   神の子羊(こひつじ)」

と語っている。


THE BIBLEには

あわれみと恵みに満ちた

罪なき方JESUSは

「我々の罪の身代わりとなって

   十字架に架かってくれた」

とある。


滅(ほろ)び行く者のために

自らを犠牲にして

救いを与えることを

使命(MISSION)とし

行動(ACTION)をもって、

その義務をあわれみと恵みによって

全(まっと)うしてくれたのである。


イスラエルの王で

元羊飼いでもあったダビデは

詩編の中で

「主は私の羊飼い

   私は乏(とぼ)しいことは

   ありません…

   たとえ死の陰(かげ)の谷を

   歩むことがあっても

   私はわざわいを恐れません…

   あなたが共にいますから…

   あなたのいつくしみと恵みが

   いつまでも私を

   追ってくるでしょう…」

と謳っている。


今日という日があなたにとって

いつくしみとめぐみに

心深(こころふか)く

ふれられる日となります様に…


『義務はあわれみとめぐみがなければ

   全(まっと)うできない』


アーサー・ホーランド

2019.2.4



20190204-182307.jpg

 



20190204-182319.jpg

 


コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ