『OBLIGATION』 (義務)



「愛のない義務感は人には伝わらない。」


いろいろと経験したからといって偉そうにすることはない。

「わかっている」と思ったら、まだまだ「自分はわかってはいない」と

自覚することである。


社会はめまぐるしく移り変わっていく…

それとともに人も、時間とお金のために己を見失うほど

忙しく動き回っている。


されど「今、私は生きている」、という実感をなくしてしまったら

儚さ(はかなさ)が心を覆ってしまう。


世の中が便利になったからといって天から授かっている野性的な感性を

失ってしまえば、ただの飼いならされた動物になりさがってしまうだけである。


忙しさの中で心が飢え渇き、喜びをなくしてしまうほど、必死になることはない…

周りがどうであれ、また世界がどうであれ、自分自身のなかで何の使命もなく、ただ、

一生懸命に動けばいいのではない…


インドの詩人、タゴールは

「私は眠り夢見る。生きることが喜びだったらと…

私は目覚め気づく、生きることは義務だと…

私は働く、するとごらん、義務は喜びだった。」

と謳っている。


「義務」とは「義の務め」と書く。

「義」という文字は「羊」と「我」という二文字で成り立っている。

紀元前の時代のユダヤの文化には汚れのないオスの羊の初子を我の罪のために

犠牲にすることによって、己が許され、贖われる(あがなわれる)という慣わしがあった。


魂のROCKERは預言者バプテスマのヨハネに、

「見よ。罪を取り除く神の小羊。」と呼ばれ、

救い主(メシヤ)であることを宣言された存在である。


JESUSは

「貰うより与えるほうが幸いである。

偉くなりたければ、仕える者であれ。」

と語っている。


JESUSの十字架の死、そして三日後のよみがえりは

あなたを罪の束縛から解放し、

あなたの魂を豊かな命でROCK’N ROLLするためなのである。


あなたが信じているから神(大いなる存在)があなたを信じているのではない。

あなたが信じなくても神(大いなる存在)はあなたを信じてくれている。


たとえあなたが愛さなくても、大いなる方は今までも、またこれからも

愛し続けてくれる。


今日という日があなたの救いの為に、仕えて命を与えてくれた

魂のROCKERの恵みを体験できる日となりますように…


「生かされている喜びゆえに義務は己にとって尊いものとなる。」


2020 年1月2日 木曜日

アーサー・ホーランド




20200102-191855.jpg

 



20200102-191931.jpg

 ーーーーーーーーーーーーーーー


110日は名古屋blessing nightです!


110日は名古屋にて

blessing nightが開催されます!


Blessing Night』は

教会などでのメッセージとはまた違った、

肩の力を抜いて美味しいお食事や

お飲み物を味わいながら、

素晴らしい音楽とアーサー氏のトークの

両方をお楽しみいただけるイベントです。


ゲストは

それぞれの場所でゴスペルクワイアの指導をする5人が集合したユニット、ゴスペルミュージックが生み出す不思議なunitypowerを兼ね備えたペクティスです!


時間 OPEN 18:00    START 19:00

場所 名古屋市千種区今池4-7-11   

   地下鉄今池駅3番出口前

   ボトムライン

ゲスト ペクティスさん


料金 

前売 3,000円 

当日 3,500

入場時 ワンドリンクオーダー制



是非ご参加くださいませ!



コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ