『CONSOLE』 (慰め)



「傷つけるのは傷ついているから…しかし愛は己の、また人の傷を癒す。」


生きていくには慰めが必要である。


世には傷ついた心をもっている者たちが癒されず、逆に回りに傷をもたらしている。

その苦痛が知らず知らずのうちに

無意識、また意識的に、言葉や態度をとおして人に影響を及ぼしている。


箴言には

「心に喜びがあれば顔色を良くする。心に憂いがあれば気はふさぐ。」

とある。


心にみちているものが言葉や振る舞い、また在り方や生き方にあらわされる。

売り言葉に買い言葉は互いの心を貧しくしてしまう…


ソロモンは

「親切な言葉はハチミツ。魂に甘く、骨を健やかにする。」

と謳っている。


人を傷つける言葉は心の傷の表れであり、己の心に満ちているものの証明でもある。


砂を土台にするかまた岩を土台にするかによって、建てた家の外見は同じでも、

見えない土台の効果は大きく異なる。


人生は物事がうまくいっている時よりもうまくいっていない時のほうが

己が何を土台にしているかが明らかになる。


魂のROCKERは

「砂を土台にするものは愚かな人、しかし岩を土台とするものは賢い人…」

と語っている。


人生には嵐がやってくる。問題の大雨に、プレッシャーの洪水、心を揺さぶる様々な

不安の風も吹く….


その時人は心を騒がせ、いらだちを覚え、不平不満にかられてしまう…


JESUSは

「わたしはあなたに平安を与える、わたしが与える平安は世のものとはちがう…

心を騒がせないように…神を、またわたしを信じなさい…」

と謳っている。


あなたに無償の愛と赦しが与えられている。

その真理を心に据える(すえる)事だ。

必ず心の奥底から生ける水の川を象徴する喜びがあふれでてくるに違いない。


今日という日があなたにとって心に癒しが与えられ、生き方に人を慰める優しさが

あらわされますように…


「優しいとは人を憂うと書く。己を尊ぶものは人を尊ぶ。」


2020 年1 月20日 月曜日

アーサー・ホーランド



20200120-191050.jpg

 



20200120-191207.jpg

 


コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ