『DESPERATION』 (必死)


「必死に生きるとは必ず死ぬことを覚悟して今を生きること。」

 

肉体は不死身ではない。

「必死に生きる」、とは己自身がいずれは必ず死ぬ、

ということを覚悟して生きることである。

 

生きるということは執着心と没頭し、葛藤することである。

 

喜びに悲しみ…感動に失望…涙に笑い…希望に絶望…

 

ハイ(躁)になったり、ロー(鬱)になったりを

繰り返しながら、生きること、また死ぬことに

対して自分がどうあるべきかを問われていくことである。

 

生きるということは死ぬまで学び続けることでもある。

 

THE BIBLEには、

「私はすでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでも

ありません。ただ、捉えようとして追求しているのです。

そして、それを得るようにとJESUSが私を捉えてくださったのです。」

とある。

 

生きることは死に向かっていくことであり、その過程において

己の存在意義、また価値を見出していくことである。

 

人は自分自身を知らず、素直に向き合わず、己を見失って生きている。

 

人を愛せず、許せないのは、己を愛さず、許せないからであり、

人を見下し、卑下するのは己を見下し卑下しているからである。

 

人は犯罪を犯すことがなくても罪人である。

罪とは本質(真理)から離れて、ブレて生きることを言う。

 

人生は真理とは何かを見出す旅である。

 

魂のROCKERは、

「わたしが道であり、真理であり、命なのです。

わたしをとおしてでなければ誰一人父の御元に来ることはありません…

あなたがわたしの言葉にとどまるならばあなたは

本当にわたしの弟子です。

あなたは真理を知り真理はあなたを自由にします。」

と謳っている。

 

求めるなら与えられる。

探せば見つかる。

叩けば開かれ、

素直になれば見出せる。

飢え渇くものは必ず満たされる。

 

ゆえに、追求し、探求し、求道することは

生きることにおいて大切なことである。

 

今日という日があなたにとって必死に生きる…

その過程において喜びに満たされ、その喜びを

周りに分かち合える日でありますように…

 

「潔さ(いさぎよさ)は恐れからあなたを解放する。」

 

2020年 6月25日

アーサーホーランド



20200626-090414.jpg

 



20200626-090428.jpg

 


コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ