『SANCTUARY』 (安らぎ)



「恵みはあなたを追い求め、慈しみはあなたを抱きしめる。」


夕暮れ時…ワインを飲みながら窓の外を眺めていると

梅雨の雨がアスファルトに切ない輝きを放っている。

寂しげなレストランに流れるロマンチックなBGMが

我が心をときめかせる…


一人でこのひとときを味わうのも捨てたものではないと

酔い心地に浸る。我に己が語りかける…

それは宗教的な儀式や堅苦しい礼拝とは懸け離れた

至福のひとときである。これぞ我にとって霊と真の礼拝であり、

これこそ己にとって、静寂に包まれた、目では見えない本質であり、

全能者なる存在と、言うに言われない、安らぎを得る時である。


SANCTUARYと言う英語は聖堂、また教会、と訳されているが

その意味するところは「安らぎを得る」ことなのだ。


THE BIBLEには、

「JESUSはひとり、寂しいところに退かれた…」

とある。


また、詩篇の歌人は、

「静まって、主(大いなる方)があなたの神(全能者)である

ことを知り(体験し)なさい。」

と謳っている。


あなたは一人であるようで、一人ではなく、

孤独のようで、実は孤独ではない。

天の御使いたちが奏でる賛美が

時空を超えてあなたの魂を踊らせてくれる。


本質なる方は決してあなたの遠くにはいない。

今、あなたの内に、また傍らに、優しく寄り添い、

「わたしは決してあなたを見捨てたりはしない。

わたしは今、あなたと共にいる。」

と語りかけている。


神を探す必要はない。神はすでにあなたを探し当ててくれている。

難しく考えることはない。今、もうすでにあなたと共にいる。

頑張ることはない。あなたの善い行いゆえに、認められるのではなく、

大いなる方の恵みとあわれみが…その十字架のいつくしみが

もうすでにあなたを受け入れてくれている。

あなたは高価で尊く、愛されている。

儀式ではなく、意識であり、形ではなく、

命なのだ。懇願することはない。ただ、ありがとう…

と感謝すればいい。


いつしか…夕食のひとときがチャペルタイムとなり、

レストランでのひとときが安らぎを得る、SANCTUARY

(聖堂)となる。


今日と言う日があなたにとってあなたがいる場所が

安らぎを得、至福を味わえる場所となりますように…


「安らぎは形式ではなく、意識によって今、体験できる。」


2020年 7月 18日 土曜日

アーサーホーランド



20200718-185808.jpg

 



20200718-185901.jpg

 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ