『BE A HEALER』 (癒す者であれ)


「争いは傷をもたらすが、思いやりは人を癒す。」


争いあうのは互いにいがみ合っているからであり、

仲直りできないのは、意地を張っているからである。

話し合えないのは、話しても無駄だと

決めつけているからであり、

喧嘩腰になるのは感情を抑えられないからである。


仲が悪くなるのは仲が良かったからであり、

意見が合わないのは、意見が合っていたからである。

こじれてしまうのは互いの違いを認めないからである。


「昨日の友は今日の敵」ということわざがあるように、

人の心は変わりやすいのである。


人にはあまのじゃくの一面があり、頑固になったり、

素直になったりするものである。

怒り心頭になってもちょっとした心のゆとりを持つだけで、

昨日の敵は今日の友と変わることもある。


聖フランシスコの平和の祈りには、

「主よ、

私をあなたの平和の器とならせてください。

憎しみのあるところに愛を、

争いのあるところに赦しを、

分裂があるところに一致を、

疑いのあるところに信仰を、

偽りがあるところに真理を、

絶望のあるところに希望を、

闇のあるところに光を、

悲しみがあるところに喜びを。

主よ、

私を慰められるよりは慰める者にしてください。

理解されるよりは理解する者に、

愛されるよりも愛する者に。

それは、わたしたちが、自らを与えることによって受け、

赦すことによって赦され、

自分のからだをささげて死ぬことによって

とこしえの命を得ることができるからです。」

とある。


良心は理想を目指すことを促し、

現実ではその理想に到達できないで

自責の念にかられる己がいる。

たとえ、そうであっても己を責めたてることはない。

人は誰であれ、真理を求めて没頭と葛藤を繰り返す。


THE BIBLEには、

「あなたが弱い時にこそ強くなれる。

あなたはあなたを強くしてくださる方によって、

どんなこともできる。」

とある。


魂のROCKERは、

「人にできなくても、神にはできる。」

と語っている。


己の弱さを知ることは己を強く謙虚にさせてくれて、

どんぞこから這い上がる勇気を与えてくれる

存在を知る事につながる。


今日という日が矛盾を感じる人生において、

あなたを支え、導いてくれる慈しみ深い存在の

SPIRITに触れられる日となりますように…


「小さじ一杯の素直さに、ひとつまみの謙虚さ。

大さじ一杯の憐れみと慈しみを、心に混ぜ合わせれば

争い合う者同士は仲良くなる。」


2020年 8月 3日 月曜日

アーサーホーランド



20200803-215222.jpg 



20200803-215314.jpg

 


コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ