『HUMILITY AND HONESTY』 (謙虚さと素直さ)

「落ち込むゆえに引き上げられる。倒れるゆえに立ち上がれる」

 

人は聞かなくてはならないことより、
聞きたいことだけを聞きたいのである。

 

己が変わることよりも、
変わらないでいることのほうが
意心地がいいのである。

 

謙虚さと素直さを持つよりも
頑固さと頑なな態度を変えたくないのである。

 

思い通りにならないのは天を見上げ
委ねないからであり、
先が見えないのは心の目で見ないからである。

 

魂のROCKERは、ゲッセマネの園で、
「この杯を取り除いてください。
しかし、わたしの思いではなく、
あなたのみこころがなされますように…」

 

そして十字架の上では、
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ、
(父よ、なぜわたしを見捨てるのですか)…
わたしの身をあなたに委ねます」
と祈られた。

 

人は誰であれ、理想と現実の狭間で
没頭と葛藤を繰り返しながら、
己の弱さと向き合い、大いなる存在の
憐れみと恵みに気づく。

 

THE BIBLEには、
「わたしが苦しんだことは良いことであった。
それにより、大いなる方の愛を知ることができた」
とある。

 

人生という戦場で人は己との戦いを繰り広げる。

 

パウロは
「私はキリストと共に十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、キリストが
私の中に生きているのです。そして今、私が

 

生きているのは私を愛し、私のために十字架の上で
死んでよみがえられたイエス・キリストを信じる
信仰によるのです」
と語っている。

 

弱い時にこそ、強くなれる。
落ち込むゆえに引き上げられる。

 

悲しむゆえに、慰められ、
心が貧しくなるゆえに、
豊かさを得ることができる。

 

深く悲しむ人ほど、強く喜ぶことができる。
また、たくさん涙を流す人ほど、
多く笑うことができる。

 

今日という日があなたにとって
あなたを慰め、励ましてくれる方と出会い、
勇気付けられる日となりますように…

 

「悲しみは喜びに…涙は微笑みに、変えられる」

 

2020年 8月 30日 日曜日
アーサー・ホーランド

 

20200829_AH kakugen

 

 

20200830 AHダイブロ画像

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ