『NUMBERS』 (数はただの数)



「命の尊さは数値では計れない」


数にとらわれないことだ。

その奴隷にならないことである。

数が多ければ満足し、少なければ失望する事は

人生を本当の意味で喜び楽しむことを

見落としている。


浮世では数値が高いか低いかで

健康や成績が図られ、ポイントの差で

勝者、また敗者が選択される。


また歳をとっているか、とっていないかによって

人の可能性を判断し、ことの良し悪しを

多数決で決めて、投票数で評価する。


YES かNOか、いいか悪いか、

白か黒か、善か悪かなどの二者択一で

物事を決めるのには限界がある。


ヒットラーだけが悪人なのか。その背後には

矛盾の中でも彼を指導者として選んだ多くの

民衆がいることを忘れてはならない。


人は完全完璧ではなく、矛盾を抱えて生きている。

人の良し悪しの判断でさえ、疑問がつきまとう。


THE BIBLEには、

「義人は一人もいない。

人は誰であれ、皆、罪人なのだ」

とある。


親鸞は、

「人は愛欲の大海に沈没し、

名利の大山に迷う、罪業深重の凡夫である」

と語っている。


罪とはギリシャ語でハマルティア、という。

それは弓矢の矢が的を外した距離を測る言葉として

用いられていた。

罪とは的外れを意味し、本質からブレて

生きてしまうことを言う。


福祉の父、留岡幸助は

「一人を救うこと、これよりも大きな

国益はない。また、一人を滅ぼすこと、

これよりも大きな損失はない」

と訴えている。


カントは

「物や事には価値があっても

人間には尊厳がある」

と語っている。


魂のROCKERは、

「医者を必要としている者は

健康な者ではなく、病人である。

わたしは罪人を招き、救うためにきた」

と謳っている。


100匹の中の、一匹の失われた羊を

救うために、99匹を緑の牧場に伏させ、

探しに出かける、良き羊飼いなるJESUSは、

今日も世には評価されず見捨てられている、

一人の魂に、眼差しを向けている事を

覚えたいものである。


今日という日があなたにとって、一人の命の

尊さに気づける日と、なりますように…


「付け足すのではなく、取り除いていくことが

真理を見出す秘訣」


2020年 11月 2日 月曜日

アーサー・ホーランド



20201103-203250.jpg

 



20201103-203303.jpg

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ