フィルムのDXコードについて調べてみた。

現在フィルム撮影を楽しんでいるCanon Autoboy Luna35ですが、

使用するフィルムの感度認識がDXコード対応のためちょっと気になって

詳しくDXコードについてネットで調べてみました。

 

20年以上前にCanon EOS55で普通にDXコード対応フィルムを入れて

使っていたころは特にバーコード配列は気にしていませんでした・・・。

wpid-x20191115185245865_IMG_20191114_091156.jpg

 

調べてみて分かったのはDXコードはフィルムの感度だけを認識する接点だけではなく、

12個のマス目でフィルム感度、枚数、ラチチュードと3つの情報を持っているということ。

意外に勉強になりました・・・。

 

Canon Autoboy Luna35の場合読み取りの接点が4個しかないので、全てのDXコード情報を

読み取っているわけではなく感度情報のみを使っているのが分かりました。

wpid-x20191115185243359_IMG_20191114_091121.jpg

 

本来フィルム感度を認識するには6個の接点が必要なところ、このカメラは4個の

接点しかないため1段単位でしかフィルム感度を認識しないということになります。

 ISO50 → ISO100 → ISO200 → ISO400 → ISO800のように・・・。

簡単に言うとISO160のフィルムであれば面倒だからISO100に・・・ISO250のフィルムなら

ISO200にしてしまえ・・・みたいに・・・1/3とか2/3段の認識はアバウトなわけです。

 

コンパクトカメラですから押せば写りますので多少の露出の変化はご勘弁を・・・

カメラの開発費かけてませんから・・・的な発想ですね。

おそらくこの頃のコンパクトカメラはどのメーカーもこんな感じだったのでしょう。

 

 

コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

山本和明|やまもとかずあき(広田先生の専属アシスタント&SE)プロフィール

プロフィール画像

山本和明(やまもとかずあき)
所属事務所:鉄道動画.com
生年月日:1973年8月8日
血液型:A型
出身地:東京都

鉄道写真家 広田尚敬の専属アシスタント。撮影データ管理及び動画編集作業補助のお手伝いをしております。プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/c57180/

山本和明|やまもとかずあき(広田先生の専属アシスタント&SE)最近の記事

山本和明|やまもとかずあき(広田先生の専属アシスタント&SE)

山本和明|やまもとかずあき(広田先生の専属アシスタント&SE)アーカイブス

山本和明|やまもとかずあき(広田先生の専属アシスタント&SE)カテゴリー

山本和明|やまもとかずあき(広田先生の専属アシスタント&SE)カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031