驚愕のGLAYの軌跡

「驚愕のGLAYの軌跡」・・・彼らの進む道

2013年No.1の写真

 

GLAYの主治医になって早10年以上の月日が流れた。X-JAPAN/YOSHIKIさんから紹介で、「おれの弟分のバンドだから面倒見てやってよ!」の一言から彼らとの交流が始まった。

すでにGLAYは怪物バンドに成長し、数万人のファンを集める力を持っていた。ほとんど彼らの曲も音楽も知らなかったが、YOSHIKIのことだから相当の人気とパワーがあるのだろうとメンバーの健康管理に全力を尽くした。

 

幕張の20万人コンサートやUSJの15万人コンサートなど彼らはどんどんロック界の日本音楽界の歴史的記録を塗り替えた。

彼らと知り合って3,4年のある日の東京ドームの楽屋に、いつものように“にんにく注射”を打ちにいくと「お~っ、やっと来たぁ~!」と言って別室に連れて行かれると4人揃って並んで待っていた。タクロー君の「ありがとう~!!」の一言で結成10年記念の特製ワインを4人コーラスして渡してくれた。いきなりのイベントは僕をびっくりさせたが素直にうれしかった。そんなに感謝してくれていたんだ!

それから数年間、どんどん音楽業界の記録を更新しながら、ファンの皆さんは心配して見守っていた独立問題を経て、大きく彼らは成長した。

いつもコンサート会場に行って感心するのが、会場数時間前からじっと待っていて、コンサートが始まると3階の最後尾列のファンも一生懸命応援し、コンサート終了後はごみ一つ落ちていない。こんなに質の良いファンに囲まれ、育てられたGLAYは素晴らしいし、主治医の私は幸せです。

会場だけでなく楽屋やバックヤードもごみ一つ落ちていないし、きちっと整理された中でスタッフは本当に一生けん命いつもどんなライブでも働いている。

 

5年ほど前の埼玉スーパーアリーナでの楽屋で“スペシャルにんにく注射”を打っているとき、何気にTERUとの会話。

 

「ねぇTERU、上京する前からこんなに凄いバンドになる自信はあったの?」

「ありませんよ~、函館を出発する前は絶対やってやるぞぉ~と粋(いき)がって自信満々だった。」

(これは今年函館ライブの時、鮨分店の店主が出発前夜タクローさんが「親父、おれたち必ずBIG!になるぞ!」と一言、誓って函館から旅立ったと聞いた。)

「飛行機に乗って、おれが窓際の椅子に座ってタクローが通路側に座った。みんなじっとしてヘッドフォンを聞きながら東京を目指した。やがて飛行機が羽田に近づき、どんどん高度落とし、東京の街が見えて来た。想像をはるかに超えた東京の大きさに足がガタガタ震えたのも今も憶えていますよ。」

この言葉を正直に話すTERUを僕は大好きだ。

4人の若者はもう成功なしでは故郷函館に戻れないところに立っていた。

 

あれから多くのコンサート会場に僕も一生懸命駆けつける。NHK紅白歌合戦のサポートの後、深夜幕張のカウントダウンコンサートにも駆けつけた。元旦渋谷のホテルにインフルエンザで一人監禁されたTERUに点滴しにも行った。いつも会場に着くとすぐにマネージャーの中島君や熊谷君らが「お疲れ様です」と温かく出迎える。

コンサート前に“にんにく注射”(にんにく100個入りのビタミン注射でパワーアップや声の調整が主な役割)はどんどん進化して「GLAYスペシャルにんにく注射」への進化している。

注射してまでという方もいるかもしれない。しかし、にんにく注射は日頃食事などで肝臓に蓄えられた栄養素のグリコーゲンを一気にエネルギーに変える爆発力(TCAサイクルを円滑に回す役割)があるので、多くのスポーツ選手や芸能人に愛されている。「にんにく注射」は私がベルマーレ平塚(Jリーグ現湘南ベルマーレ)チームドクターをしていた時に開発したものでもう20年以上の歴史と進化を繰り返す。この出来事が清原くんや横綱朝青龍らを育てた。

 

どんどん成長し続けるGLAYだが、何と言っても凄いのはちっとも威張らないこと、優しくすべての人に万遍なく感謝し、愛し続ける。いつも平常心。(たまにタクローさんがやばいよ~と緊張感を表す。)ファンをもっとも大切にするバンドであり、チームです。その働きぶりも常に中心にあるのはどんなにしたら喜ばれるか?芸能人ならファンあっての人気、当たり前のことだが、しかしGLAYの熱意には桁違い。リハーサルも手抜きの隙が一瞬でもない。

コンサート直前でも一人で一生懸命黙々と練習するか?ギターを調整している。TERUはストレッチを汗びっしょりしてからボイストレーニングし続ける。

 

今年の5月6日埼玉スーパーアリーナでの最終日、リハーサルの終了後、舞台上でみんなで記念写真を撮ることになった。遠慮して客席に座っていたところ、TERUが「平石先生、上がっておいでよ!」と一声かけてくれた。

壇上のスタッフの方々はGLAY のコンサートの為連日ほとんど寝ないほど働いている方々ばかり。僕は開演3,4時間前に行ってメンバーのコンディション作りのみ。申し訳ない気持ちで後ろに並んでいると、タクロー君が「前に来いよ~!」とまた声を掛けてくれた。

僕はカメラが趣味で、巨人軍や柏レイソルの試合前のシーンや選手らの試合を離れた普段着の写真を撮るのが趣味だ。診療所の中でも、多くのタレントさんの素顔を記念に残す。もう数万枚に上る。

 

GLAYとスタッフに囲まれたこの一枚。かれらの温かさが身に染みます。2013年一番の思い出写真です。

 

最近、タクローさんのギターがまるで生きているような切れのいい色気のある音を奏でる。彼に聞くところによると、B‘zの松本さんやALFEEの高見沢さんにギターを習っているそうだ。毎日、ものすごく練習していると話してくれた。

先日のEX Theaterでもソロ演奏はさらに磨きがかかっていた。メンバーみんな練習という努力を忘れない。このたゆまぬ努力こそGLAY自身をさらに進化させている。

私は、これからも命を賭けて彼らとGLAY音楽を守っていきたい。どんなに遠くてもどんなに忙しい時でも・・・。(GLAYとコロッケさんの往診はすべてにおいて最優先しています)

 

 

 

PS)この秋TERUに診察室で、冗談まじりに僕の葬式には唄って下さいね!と言ったら、はいと引き受けてくれた。冗談でもうれしかった!

008

115

054

014

コメント (3件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 平石先生、GLAYを支えてくれてありがとう。
    これからも よろしくお願い致します。

    一GLAYふぁんより
    全GLAYERの HAPPY SWINGERの声代弁しときます

  2. さすが、有名人をサポートする先生は、ハートがありますね

  3. 心温まる文章でした!
    GLAYの主治医なんてすごい!


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

平石貴久(医者・内科・消化器科・スポーツ医学)プロフィール

プロフィール画像

平石 貴久(ひらいしたかひさ)

【経歴】
1950年鹿児島県生まれ。
東京慈恵会医科大学卒業。
専門は内科、消化器科、スポーツ医学。
スポーツ選手の健康管理や勝つためのコンディショニングを担当。
他に日本を代表する多数のチームや選手の健康管理、有名ミュージシャンたちのコンサートドクターとしても活躍。
にんにく注射の発案者!

清原和博、松坂大輔、松井稼頭央、室伏広治、中田英寿、荒川静香、朝青龍元横綱、日馬富士関、丸山茂樹、伊達公子さんなどトップアスリートの身体作り、コンディショニングを担当。
Jリーグ/柏レイソルチームドクター、を8年間担当。
慶大ラグビー部・拓大創価大陸上部・駒沢大硬式野球部・亜細亜大学硬式テニス部チームドクター。

(現職)東京健康クリニック 平石外来医師【日中診療/診療時間に関しては直接問い合わせ下さい】
www.tokyokenko.jp
電話03-3449-9029

平石銀座メディカルクリニック 院長(中央区銀座5-9-17銀座あづまビル3F/からだの美容室 内)【平日 18:00~20:00/夜間診療のみ】
電話03-3573-7311

保険診療・スポーツマッサージ・鍼灸治療・にんにく注射・花粉症・医事相談可・他

【著書】
「病気にならない健康の新常識」(あさ出版)/2011
「医者以前の健康の常識」(講談社)/2006
「医者以前の健康の常識2」(講談社)2007
「筋トレ以前のからだの常識」2008など「医者以前シリーズ」は40万部を超える。
日経新聞土曜版、プラス1「ヘルスこの一手」レギュラー掲載/2008〜
1990年日本テレビ(NTV)系列「午後は○○おもいっきりテレビ」(健康番組)のレギュラー医師として14年間出演。
ニチレイ「アセロラドリンク」味の素「アミノバイタルPRO」ウィルコ「Dr.平石式にんにく卵黄プラセンタ」発案。
ヒット商品を続ける。
2003年平石医師の発案・開発した「お医者さんのコルセット」(腰痛予防コルセット)さらに「お医者さんの膝ベルト」(膝関節用補助器具)は、評判をよび、総計98万個以上の販売実績を誇る。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

平石貴久(医者・内科・消化器科・スポーツ医学)カレンダー

2013年12月
    1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

平石貴久(医者・内科・消化器科・スポーツ医学)アーカイブス

平石貴久(医者・内科・消化器科・スポーツ医学)カテゴリー

平石貴久(医者・内科・消化器科・スポーツ医学)QRコード

ブログモバイル版

平石貴久(医者・内科・消化器科・スポーツ医学)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/drhiraishi/