文化祭準備開始 グローバルリーグ沼津大会観戦記

おはようございます

今、神戸に向かっています

台風来てますが新幹線かなり

混んでます!

そして

台風が来ていて心配です

今日は大丈夫だろうけど

明日の広島大会が心配だなぁ



なにやら月曜には台風が関東に来るから

学校が休みになる可能性があるらしく

我がクラスでは台風の到来を

祝う雰囲気がありました笑


いよいよ来週から

授業が減り文化祭準備期間に

なります

なんとも学園ライフらしいイベント

若い子が飾りやらチケットの用意やら

やる姿がとても微笑ましいです

まぁ自分は

生徒唯一の大人だからそういう

青春の楽しみは若い子優先にしてね

ただ調理はまかされてるから

しっかりそこはやります笑

やるのカキ氷ですが笑

しっかり削ります笑

寒いかもなので

おしるこも出します!

なぜ

カキ氷とおしるこなのかは

謎です笑


てか、普通に自分が作り屋台で

売ってたら

ガチなお祭りのテキ屋みたいな感じですな





20171021-103607.jpg




20171021-103619.jpg



さて

今日からまたグローバルリーグ


前回の沼津の闘いを振り返ってみよう


齋藤彰俊vs拳王


後楽園大会で1番の感情溢れる

試合をしていた2人の対決となり

どんな熱い感情のぶつかり合いになるのか

という見方をしていたが

その予想は見事に覆された。

齋藤さんが足の一点集中攻撃で

拳王の動きと武器の蹴りを封じにかかったのだ。かなり意外だったしその攻め方も冷淡で前日の後楽園のようなメラメラ燃えるような闘い方とはまったく逆な印象を

持った。拳王も足へのダメージ、場外でのパイルドライバーと満身創痍であり、後楽園との印象とは違う姿だった。

なんとか最後は粘り勝ちした拳王だったがこの試合のダメージは相当でかいような印象を受けた 一点攻めリーグ戦長いからこれからの

闘いに影響あるかも!?


丸藤正道vsコーディーホール


どうコーディーが闘うのか

注目していた。

体格差を生かしてうまく攻めていた

印象があるが

技に頼るとこがやはり見受けられた

あとは自分のレスラーとしての

キャラクターを伝える手法である

試合中のアピールがなにやら細々として

また回数が多くあまり印象に残らない感じがした。そこはアピールより攻めるべきって個所、ここはアピールをいれるべきって個所がプロレスにはあると思う。

そこの見極めや自身をどうプロデュースするかも非常に大事な事だと感じた

キャリア云々より試合の経験値というか

技術量がある丸藤選手が最後は

技量で仕留めた印象

かなり受けて受けてと

コーディーを引き出そうと付き合った

ようにみえた。身体的ダメージはかなりあったろうが丸藤選手はまだ余裕があるように自分には見えた



潮崎豪vs長井満也

沼津大会の個人的ベストバウト

とにかく試合後の

長井選手の胸のインパクトが凄い

チョップを受けに受けて

紫になっていた

試合は非常にわかりやすい

ベビーvsヒール

そんな構図にみえたし

鋭い攻撃とオラついた長井選手の雰囲気から自然と潮崎選手に声援が集まった

お客さんにも噛み付く長井選手の

スタイルで会場はよりヒートアップしていった。そんな空気を長井選手は楽しみ

勢いを更に増しどんどん攻撃のリズムが上がっていくのを感じた。

耐えに耐え、チャンスを伺い

渾身のチョップで反撃の狼煙を上げた

潮崎選手になんだか勇者が剣で

斬りかかる姿のイメージがだぶった

自分の印象は

勇者vs魔王

なんだろうよぎったのは

アバンvsハドラー

そんな感じのイメージがした

光vs闇

まさに力と力のぶつかり合い

試合終盤にはあまりにお互いの

激しい闘い声援がとび

長井選手にも

声援が多く飛ぶほどの

ぶつかり合いだった

どちらが勝つのかまったくわからない

展開で非常にスリリングでした!

最後は潮崎選手がアバンストラッシュ

のような

ショートレンジ豪腕ラリアット一閃!

勝利しました。

メガンテじゃなくて良かった…

そして

個人的MVPは長井選手だったな



モハメドヨネvsマサ北宮

お互いタフな選手なので

どんなタフネスマッチになるのかな?

そんな風に見ていたんだけど

見終わり最後に自分が思ったのは

この闘いは表現力の闘いだったなと

思いました。

プロレスラー、様々な力で闘います

寝技の力とか純粋な力の強さとか

受け身力とかインサイドワーク力とか

様々な要素やら力がありますが

この闘いはまさに

表現力の闘いだったという印象

どちらも一度見たら忘れられないような

レスラーとしての個を持っていて

またプロレスとはその個が非常に

大事です。ただ試合に勝つ、負けるだけでなく個をしっかり出し勝たないといけない、他のスポーツでは絶対どんなに愛され評価されていても負けたらほぼ評価は下げられ認められません。また逆に

そんな個性がなくとも勝てば評価をもらえる、結果が全てという面もあります。

しかし、プロレスの場合

ただ勝つだけでは手放しで評価される事はありません。しっかりとしたキャラクターを示し、なおかつ強く、試合にも勝たなければならないし、試合でもお客さんから評価をもらえるような試合をしなければならない。プロレスの場合、たとえ負けても素晴らしい試合でそのレスラーの個性が評価されれば評価は下がるどころか上がる事さえある。これは他の分野ではなかなかない、プロレス独自の非常に奥深く面白い点だと思います。

この2人の試合からは

そんなレスラーの個性のぶつかり合いを

感じそこから維持とか

グローバルリーグを勝ち抜くという

気持ちがいり混じる熱いを

見せてもらいました

プロレスの奥深さや楽しさ、難しさを

なんだか考える機会になった試合でした



今日の神戸では

初戦を迎える

谷口選手、小峠選手、

宮本選手、KAZMA選手に

注目したいと

思います



現在の得点状況です


20171021-113310.jpg




20171021-113326.jpg



今日は17時

神戸サンボーホールです

皆さんのご来場お待ちしています!


さぁ今日はダブルエキス相手

まだ正直タッグ力では劣っているが

背面砕者達としてしっかり

力つけて浮上に向け

やっていきたい



というわけで

今日は神戸サンボーホールでムイビエン!








Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大原はじめ(プロレスラー)トップページへ

大原はじめ(プロレスラー)プロフィール

プロフィール写真

大原はじめ(プロレスラー)(おおはらはじめ)
生年月日 1984年7月24日
血液型 A型

プロレスリング NOAH 大原はじめプロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

大原はじめ(プロレスラー)---

大原はじめ(プロレスラー)モバイル版

ブログモバイル版

大原はじめ(プロレスラー)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/
official/hajime_ohara/

大原はじめ(プロレスラー)---

大原はじめ(プロレスラー)最新記事

大原はじめ(プロレスラー)---

大原はじめ(プロレスラー)カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
大原はじめ(プロレスラー)---

大原はじめ(プロレスラー)アーカイブズ

大原はじめ(プロレスラー)---

大原はじめ(プロレスラー)カテゴリー

大原はじめ(プロレスラー)---

大原はじめ(プロレスラー)リンク

大原はじめ(プロレスラー)お仕事依頼

大原はじめ(プロレスラー)ダイヤモンドブロガー

大原はじめ(プロレスラー)---