Information

母からまた伝説を聞く。

昨日、母から久しぶりに電話がかかってきたのですが曰く「もう大変だった」と。

 

 

どうしたのと聞くと

 

「車で大阪から鳥取に帰ろうとしたら間違えて岡山に行き、倉敷を通り四国に行きかけた」

 

 

とのこと。

それは大変だ。

 

 

そうか・・・相変わらずそういう感じなのね、母。

 

朝11時に大阪を出て、到着したらもう夜19時だったらしいです。

それはかなり・・・長旅だったね。

久々にこういった逸話を聞きましたが、然もありなんです。

 

 

実は私たち母娘、方向音痴なのです。

 

 

私もかなり地図の読めない女で、携帯アプリで地図を出したはいいけど道に迷い、徒歩3分の場所のはずが20分以上歩いてもどうしても到着せず、同じ道をぐるぐる回っても絶対に目的地に着かないどころか今自分がどこにいるのかも分からなくなり、見たことのあるビルが3回ぐらい目の前に現れたりしてデジャブかなと恐怖を感じ、疲れと絶望のあまり頭がぼんやりしてきて、

 

「ここはもしかして出口のない森・・・?」と、

 

と泣きそうになり、ヘンゼルとグレーテルみたいにパンをちぎって落としながら歩けば良かったと都会の真ん中で一人ファンタジーに突入することが多々あるのですが(そういう場合、結局タクシーに乗り運転手さんにお客さんすぐそこですよと言われ反省する)

 

 

なるほどこれは遺伝なのだなと、母の話でしみじみ思いました。

 

 

母は昔、友達と米子方面に行こうとして間違えて京都方面に向かっていて、1時間後に違うと気づいたという伝説も持っております。伝説とは大げさなと思うかもしれませんが、何しろ方向が右か?左か?どっちかしかない鳥取の列車です。東京で半蔵門線を一駅逆方向に乗ったとか、そういうのとはわけが違います。

 

 

間違える方が難しいのです。

 

 

そういえば一緒に旅行に行ってホテルに泊まれば、部屋からエレベーター方向に向かうとき「絶対に敢えて間違えているはず」と思うぐらい必ず左右逆に歩き始めますし、二人で梅田の地下あたりを歩いていると、二人ともどっちに進めば絶対的正解なのか?確信が持てず、無言で緊張しながら一歩一歩を踏む感じになります。過去に何回もそこを通ったことがあるのに、です。

 

 

方向音痴という人間性は治らないです。覚える気がないとかそういうんじゃなくて、本当にちょっと方向を間違えちゃうんですよね。注意不足はあるかもしれません。でもやはり、そういう人間性なのだろうというのが私の結論です。もう人生、長年生きているので分かります。

 

 

方向音痴が治ったという話は聞いたことがありません。

いくら注意をしても、いくらトレーニングをしても方向音痴は所詮は方向音痴なのです。

 

でも

それこそ浮気性だって一生治らないように、方向音痴もそれはそれでもうずっと付き合っていくしかない特徴だと思うのです。母なんて特にもう今更ぜったに治らないでしょう。

 

 

でもお母さん。

いざというときは私が手を引いてあげるからね。安心してね。

 

 

って・・・今のところはそんなこと言ったらめちゃ怒られますけどね。私よりよほど元気なのでね。私、車で大阪鳥取間を行き来なんてできないもん。「何いってんの気持ち悪い」って一喝されて終わりです。

 

 

あ、これぞ大阪弁では「キモい」ですね。

こういう時に「キモい」て使ったら適してると思うんです。

照れるやんやめてよみたいな?なんかそんな感じですよね。

 

 

 

あれ

今日は母の話を書いたのに最後また大阪の話になってる。

 

IMG_1705

 

 

 

 

—————————————————————–

 

インスタだけにセクシー画像をアップしております。

よろしければフォローなさって下さいませdecoration/dcr_heart.gif

 

https://www.instagram.com/kazuko002001/

 

—————————————————————–

コメント (2件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 日交バスか日ノ丸バスの後ろを走る。そうすれば鳥取県にはつく

  2. 和子さん、お疲れ様です、僕のおやじも鳥取出身です、よく大阪から車で、帰っていたので道はよく知っていますが、夜に、帰る時に、岡山の湯郷温泉に、迷い込んだ事がありました、
    梅田の地下街は、大阪人の僕も迷う事がありますねん、ややこしいと思いますよ。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

岩本和子(いわもとかずこ)

岩本和子(いわもとかずこ)
生年月日:1976年2月1日
出身地:鳥取県

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

Archives

Category

Calendar

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031