あなたにネギを・・・。

フランスでは紙袋からオシャレなバゲッドとセロリが出るイメージですが、

日本のスーパーではビニール袋から、ネギとニラが出ると決まっていますよね。

 

え、古いって?

いや私、、、古いんですよ。

昭和の女・和子ですから。

 

IMG-2338

 

 

そういえばネギで思い出した昔の恋愛の思い出があってね、ちょっとそれを語ろうかなと思うのです。

 

大学時代、初めてできた彼氏が家に初めて遊びにくるというので、お料理を作ろうと思いスーパーにお買い物に行ったのです。私の大学は神奈川県の金沢八景にあり、住んでいたのはその隣の駅、金沢文庫だったのですが、八景にはダイエーが、文庫にはユニーがありましたね。

行くとこといえばスーパーかTSUTAYAぐらいだったなー。

そんなしょっ中、横浜とかみなとみらいだのに行くわけないので、デートといえば部屋でご飯食べてビデオ(当時はビデオだった)観るっていうそんな感じでした。

 

でね

 

ネギの話。

 

状況としては、彼氏も私も大学の授業終わって15時とか16時とかぐらいにうちにやってきて、ゲームとかしながらまったりしてるみたいな感じ。横浜市立大学商学部の男。私は張り切って、そしてオンナとして彼女として当然の振る舞いとして「ご飯作るよー!作るに決まってるじゃん」みたいな感じで、すごくワクワクしていたと記憶しています。

 

大学生なりにお鍋とかお味噌汁とか野菜炒めとかそういうものを作ろうとしたんでしょう、とにかく様々な食材のひとつとして、ネギを買って帰ってユニーの袋から思いきりネギを出しながら、彼の待つ自宅に戻ろうとしたのです。

 

しかし、ちょっと今考えればおかしな話というかウブすぎる話なんだけど、当時大学生だった私にとって「ネギを持っているところを彼氏に見られる」というのがすごく恥ずかしいと思い始めたのです。

 

なんか所帯染みてるし、ビジュアル的にサマにならないし、もしかしてビニールからネギが出てる姿で嫌われたらどうしようと、そんなことまで考えました。

 

けど彼氏にネギ、食べさせてあげたかった。

けど彼氏にネギ、見られたくなかった。

どうすればいいんだろう。

このネギ・・・

もちろん捨てるわけにもいかないし、美味しいから料理に入れてあげたいし。

 

 

そこで悶々と悩んだ結果

 

「そうだ、とりあえず、ただいまって帰る瞬間だけ彼氏にビニールアウトしているネギを見られなければいい!」という案を思いついたのです。

 

そしてなんと、マンションの手前の道にネギだけを取り出して置くという行動に走ったのです。

 

具体的にはこういった場所です。↓

ここのど真ん中に、なんとネギをとりあえず置いたのです。

 

スクリーンショット 2020-04-07 22.08.07

 

そして、彼に見られないようにこっそり、あとで取りに来ればいいやと。

ネギなんて買ってないフリをして、あとでこっそりお料理には入れようと。

かなり考えて考えて、ここにネギを置いたんですよね私。。

ドキドキしながら。

 

でね結局、なんか色々作って用意とかして、彼がドラクエかFFか奇々怪界か忘れたけどゲームに熱中してこっちを見ていない隙に、こっそり先ほどのネギを取りに行こうとしたのです。

 

 

そしたらなんと・・・

 

近所の主婦の方が道路の真ん中に置かれたネギを指差しながら怪訝な顔をして

 

「あれなんだろうね・・・」

「ネギ・・・?」

「忘れ物・・・?置いてあるよね・・・」

「いやー、、ちょっと怪しいよ触らない方がいいよ」

と話していたのです。

 

わ、私の置いたネギが、他人に見られている・・・!

なんという状況。

更に恥ずかしくなりました。

 

私のネギだとバレたくない。

このネギ私のなんで、とか言えない。

彼に見られるのも恥ずかしいし、路上ネギが私だとも知られちゃまずい。

もうどうしよう。

どうすればいいの?

ああ

ネギ・・・

ネギごめんなさい。

さようなら。。

 

結局、私そのネギ、諦めたような気がします。

つまりそのまま放置しておいたのです。

そのまま何事もなかったかのように部屋に戻りました。

きっと管理人さんなどが片付けてくれたでしょう。お手数おかけしました。

恥ずかしいという理由で路上にネギを放置した女。それが私。

そもそも洗いながら一枚剥がすとはいえ、路上に1回置いたネギを食べようと思ったのかというところも疑問ですね。

 

 

とりあえず羞恥心の塊だったんですよね。若いときって、そんなことが恥ずかしいの?ってことで恥ずかしかったりしますものね。

 

結局、彼氏にはネギがあれば完璧だったのになあというお料理をふるまったんでしょうね。

ちなみにここまで全部、白ネギの話でした。

 

 

というかあの彼氏、思い出すと結構ご飯食べさせてたなあ。。なんやねんな。

男って部屋に呼んで半同棲みたいになり始めると、女を母親がわりにするよね。

大学生なのに主婦みたいなことしてたの、今思えば勿体無い時間の使い方だったなあ。本でも読んでたら良かったよね。なんなら毎食作ってあげてたもんね。

 

 

ちなみに「恥ずかしい」でいうと、いまだに男の前では納豆だけは食べられません。漬物もポリポリ言わせられません。麺類に関しても音を死んでも立てたくないので食べません。「ふーふー、ふーっ、ズルズルズル」みたいなのは絶対に一生無理です。

 

食べ物に関しては処女みたいないまだ恥ずかしがりっぷりなんですよね。

乳首は出しますが麺はすすれません。

なんかそんな自分的格言を守っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—————————————————————–

 

インスタだけにセクシー画像をアップしております。

よろしければフォローなさって下さいませdecoration/dcr_heart.gif

 

https://www.instagram.com/kazuko002001/

 

—————————————————————–

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

岩本和子(いわもとかずこ)

岩本和子(いわもとかずこ)
生年月日:1976年2月1日
出身地:鳥取県

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

Archives

Calendar

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930