Information

自分らしさの条件

こんばんは。

今日はmindsetで。

テーマは「自分らしさの条件」とは。


「自分らしさ」が大切です。と言われても、何が「自分らしさ」かわからない、そんな人も多いと思います。


コーチングをしていても、つぎのような相談をもらいます。


「ジムに通っているけれど、なかなか効果が出ない!」

「インストラクターにメニューを作成してもらったけど正直苦しい」


こういう時も、まずは「自分らしさ」を優先することが大事だとお伝えしています。


そうしないと、トレーニングはただ苦しいだけのものになってしまうからです。


ただしもちろん、トレーニングは強度が伴わなければ効果は望めません。

「自分らしさ」を活かしたうえで効率的にトレーニングをするためには、「自分らしさの根源」「価値観」を把握する必要があります。



20220121-213932.jpg

 

価値観とは、自分にとっての好き嫌いや善悪といった、物事の判断基準となるものです。


これだけは譲れないっていうものでもあるかな。

それは自分の行動において自然と行っているものかもしれないです。


例えば、サイクリストの自分であればマウンテンバイクやロードバイクに乗っている時は得意なこと=自分らしさを表現するものなので「自分を活かせている」という実感を持てます。



20220121-214638.jpg

 

トレーニングを継続する為には「価値観」を損なわないこと。「得意なこと」を活かせること。この2つが、自然体で行えるようになることが「自分らしさのトレーニングの条件」です。


20220121-215232.jpg

 

価値観に沿ったトレーニングは、充実感につながります。そして「得意なこと」になったトレーニングは、努力が苦になりません。

なにより情熱を注ぎやすく、結果もついていきやすいはずです。


ぜひ、一旦振り返って考えてみてください。




20220121-215748.jpg

 

自分らしさが価値を作り出した


自分自身のサービスの機能価値も「得意なこと」を活かして磨きました。スポーツに携わる仕事なら、ストレングス(ジムでのworkout)+エンデュランス(持久系スポーツの実績)能力が高ければクライアントさんにもよりクオリティの高いものを提供できますよね。

20220121-220550.jpg

 

ここまで直接的な例でなくても、人の話を聞くのが得意や1つのことに没頭するのが得意などといった形でも結びつくことができます。


自分自身の活動のVISIONとして「自然でのトレーニングの素晴らしさ」を多くの人に伝えたいという想いがあります。


それがサイクリストとして活動を続けている源でもあります。

「どうしたらマウンテンバイクなどのアウトドアスポーツが日常のポジションになるか?」という問いをつくり、日々洗練させています。


20220121-222109.jpg

 

ですが、発端にあるものは「カラダを動かすことは素晴らしい」だったり「挑戦することの素晴らしさ」という「価値観」。

これが「自然でのトレーニングの素晴らしさを伝えたい」という想いにとなって自分自身のビジネスに繋がり、価値を作り出したと思っています。


サービスにどんな想いを乗せたいのか。

その根本となるのが価値観です。


必ず誰しもがこれまでの人生ストーリーの中に詰まっていると思います。


具体的に明確にする為のワークもあるので興味ある方は聞いてくださいね。


ではではまた。


JUN



Instagramでトレーニング公開してます!

是非フォローよろしくお願いします。

20220121-223306.jpg

 


コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

野口惇(のぐちじゅん)

野口惇(のぐちじゅん)
名前:JUN NOGUCHI
所属事務所:PASION PROJECT
身長:166cm
経歴:ブラウブリッツェン

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2022年1月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

Category

QR-Code

ブログモバイル版

野口惇|のぐちじゅん(サイクリスト)オフィシャルブログ