人に刺さる念矢

7712

 

 

もともと
物事はとてもシンプルで

一つの始まりが次の今を作っているなら
その今となる為に介在したものが縁

それが作用であっても
物であっても、
人であっても同じこと。

 

縁は必要があっていただくものなら
その縁をどこに向けるかが大切と感じます

 

同じ要素でありながら
皆違う結果になる不思議

試されているとか
試練だとか

言葉で言うのはとても簡単ですが

理屈で理解するのと
体験や実践から得る心での納得はまったく別のものとなります。

 

何度でも言います

宗教や信仰は重要ではありませんし
そもそも人にそれらは必要ないと私は感じております。

修行や苦行から得られるものはありません
ですが人生の中で修行や苦行は絶対に大切で避けてはいけないものなのです
そこに人の都合による信仰が介在するなら、

その結果は迷いとなります。

いずれまたその話は書きますね^^)

 

 

私は浄霊師というお仕事の本質をこう感じております

霊を浄化する人、浄霊師

その霊とは魂であり、心。

つまり今を生きる人の心の浄化が最優先であり
次の迷いを生み出さない為の今が大切と。

 

 

何が言いたいのかと申しますと

つまり不安や恐怖は人が作り出すものが殆どなのです^^)

 

霊より念のほうが怖いということです。

浄霊師としてここ数年私が浄化するその7割が

人の妬みや憎悪から飛ばされる恐ろしく強い
刃物や矢のように刺さっている念を抜く作業である事実。

人の体には見えない流れの出入り口があります
首から肩、
背骨と肩甲骨の中心部位
そして腰や足の付け根

通常そこに蓄積する念の矢は抜くことがありませんので
いずれ慢性的な痛みとなるケースが多いものです。

 

 

心身のバランスを整えることはつまり
輪を生み、その波動による誰もが本来うまれ持つ弾く強さを

護りと言います!

 

 

 

 

合掌  浄霊師 神島千尋

 

 

 

 

 

 

コメント (14件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. お写真はいつでも差し上げますよ^^)
    個展で飾った額入りのまま^^。>あやさま

  2. 神島さんのお花の写真…孤独の中にある光のように感じます
    今の私には、そう感じる写真…
    いつか神島さんのお花の写真頂きたいです。
    本文に関係ないコメントで、すみません(>_<)

  3. 色々と頑張っていますね
    応援しております>紫陽花さま

  4. こんにちは…他人からの念矢について…勤務先ですれ違っただけなのに…急に腰が痛くなり、気分悪くなることに気をつけておりましたら、同一人物でした… 成る程こういう事もあるのですねと…妙に納得致しました… 此方が感知すると…悪い念は反っていくものでしようか… 気を緩めると…悪い方向へ引っ張られてしまうかもです… 生きているだけて…大変な世界ですね。


« 古いコメント

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)プロフィール

プロフィール画像

神島千尋(かみしまちひろ)
所属事務所:千火堂
出身地:長野県佐久市

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/kamishimachihiro/

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)アーカイブス

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カテゴリー

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031