不動尊

思えば20年以上前から異常気象が取り上げられ
年々身近に形として感じるようになり
ここ10年ほどは形で見えるものが大きくなりつつあります。
11月の台風の被害も大きく長野でも未だ復旧に至っていない所が多いです。

先日、東北方面の依頼先の某事業所に伺ったのですが
そこは過去何度かご縁いただいているところで
事業所だけでなく自宅など複数個所で土地や建物の浄化など
流れを整える為、定期的にご依頼をうけているのですが
そこも台風19号の被害を受けていました。
近隣の大きな河川の堤防が決壊し、地区ごと水没しており
その様子は全国ニュースでも連日報道され
その事業所含む周辺は皆さんヘリコプターで救助されていました。

数日後、事業所皆さん何とか事業所に入ったものの
水深170センチ以上で水に浸かってしまった為
1階はどこの家も泥水で水没状態・・・
その写真が送られてきましたが、言葉を失いました。

医療関係の事業所ですので水没した機材はすべて使えず
被害は軽く数千万・・・


実は気がかりなことが一つありました。
個人様や会社様もそうですがご依頼をいただき
御仏像を私が選ばせていただく事があります。
信仰や宗教等は関係なく、その人の心に本来あるべき大切な光が大きくなると
誰もが良き流れを理屈ではなく体験をします
その向上の要として自身の心の基点となる形あるものを持ちたくなるもので
とても大きな要素をそのものが果たすことになります。
ある人は河原で拾った丸い綺麗な石を大切にする人もいますし
それは何でもよいのですが、その選択肢の一つとして
例えば水晶や御仏像などのご依頼を受ける事が多いのですが
この事業所も、10年ほど前ですがその一つをお迎えしていたのです。

 

との頃、ある縁で本尊様とは別に不動明王を千火堂にお迎えし
千火堂の祭壇で安置し日々ご供養させていただいていました。

仕事柄仏師さんや仏具関係の方と沢山ご縁があるのですが
ある仏師さんが依頼を受けて不動尊を彫ったのですが
その依頼者さんからやはりいらないと断られ・・・
千火堂で迎えてもらえないかと頼まれ、お迎えしていたのです。
そんな折、事業所の社長さまが訪ねて来られ
その不動尊を一目見るなり気に入り是非事業所に迎えたいと言われたのです。
ここまでの流れがまるで最初から決まっていようにあまりにスムーズで
なるほどそう言う事かとその不動尊の縁を理解させられました^^)

後日事業所に運ばせていただき、それに合わせ作られていた木製の祭壇に安置し
ご供養させていただいた時を思い出し、気になっていたのですが
そんな状況でなかなか聞くことが出来ずにいました。

その事業所は被害の大きさからワイドショーなどメディアでも連日報道されており
全てが水没し器具機材家具等すべて崩れ泥水につかっているシーばかり・・・
不動尊の祀ってあった場所は事業所の中でさらに階段で1m程降りた低い部屋にある
完全に水没状態でした。

廃業か悩んだそうですが1ヶ月ほどかけてすべて洗い流し
機材も全て入れ替えて再開をしたこともまたメディアで取り上げられてるなか
新しいスタートという事でご依頼を受け車で向かいました。


到着後、驚いたのは不動尊が綺麗なまま別の高い棚の上に座していたこと。
聞くと驚く返答がありました。

水没の数日後、水が退いてやっと事業所に入れるようになり
全てがひっくり返り泥に浸かったなかで奥に進むと
祭壇は水に浮き、まったく別の場所に流されながらも
そのまま綺麗に座していたそうです。
他すべてが泥に浸かりひっくり返りめちゃくちゃな中で
浮きながらあちこちに流され動きながら
天板部分から紙一重でぎりぎり浸からずにそこに座していたとのこと。

それを見た事業所の方々はこの状況の中でひっくり返らずにいた事が
信じられないとその光景を見つめていたそうです。
綺麗な白木の台座でしたがシミ一つない状態でした。

その事業所のそれまでの業績、人との縁などをみれば
なるほどそうだよな、と思える流れの10年であり
海外との交流も増え今後の展開も楽しみですが
新しい高い場所に安置された不動尊の祭壇で
しっかり流れをつくらせていただきました。


新年号へ大きく動いた今年ももうすぐ終わります
一つの区切りは次への始まりです

2020年は大きな変化が訪れます
人によりそれが不安や不運としてのしかかる事もあり
生き方や人としての心の在り方を変える大きな転機として
ステージを変えるチャンスにする人もいるでしょう。
今できる事がその先 何を生み、どこに通じていくのか
そんなことを今一度心の奥で重ねてみる事が大切と感じます。
出来ているようでなかなかそのすり合わせができていないものです
私自身もその甘さから繋がる寸前でかみ合わなくなる経験を多々してきました
踏ん張るしかないのが人生です
悪い意味ではなく、何があってもやっぱり踏ん張るしかないのです。

だって最後は誰も助けてくれませんから
そう、誰かがしてくれるのではなく自分がするのです


何事も。


合掌  浄霊師  神島千尋 

 

護身開運ブレス 神島千尋の千火堂

 

 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)プロフィール

プロフィール画像

神島千尋(かみしまちひろ)
所属事務所:千火堂
出身地:長野県佐久市

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/kamishimachihiro/

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)アーカイブス

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カテゴリー

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カレンダー

2019年12月
« 10月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031