【神社、氏神神社について②※必読】

皆さんこんにちは。




霊媒師、スピリチュアルカウンセラーの鐘鳴燿聖です。




一般的には、あなたの住んでいる土地の神様(氏神様)は、氏神神社にいらっしゃると言われていますが、前回の記事でもお伝えしましたように、あまりにも手入れのされていない神社、パッと見た感じ暗かったり嫌な感じのする神社には、高波動の神様や土地の神様(氏神様)がいらっしゃらず、未成仏、未浄化な霊魂などの低級霊が住み着いている場合がございますので、そういった神社にはいくら氏神神社と言えどもなるべく行かないようにし、ご自宅で手を合わせられ、そちらで感謝の気持ちをお伝えする事を前回の記事でおすすめいたしましたが、もし氏神神社がパッと見も明るくて問題なく、嫌な感じもしない神社だった場合にも一つだけ注意していただく点がございますので、そちらをお伝えいたします。




神社には、当たり前ですが神様が「おまつり」されています。




参拝する事で、このおまつりされている神様のエネルギー(波動)を浴びる事が出来、神様の知恵やインスピレーション、お力をいただく事が出来るのです。




しかし、実は神様も人間同様に得意、不得意があり、参拝しにいく事でその両方のエネルギーをいただくという事は頭に入れておかなければなりません。




例えばですが、




「より自分の母性を発揮し、心の広い女性になり、人を癒せるような自分になりたい」




と望む女性が、その昔たくさんの人々を殺めてしまった武神がたくさんおまつりされている神社などに参拝に行くと、そのおまつりされている神のパワフルで力強いエネルギーをいただく事は出来ますが、同時に、母性のイメージとは少し離れた、荒々しく、冷たく感じさせてしまうエネルギーまでいただく事になるのです。




これでは自分の望んだ願い事とは程遠くなってしまいますよね。




このように、神様もけして万能ではございません。




万能な神になるのを目指して、神様も人間を通して日々修行なさっているのです。




このような女性の場合には、例えば天照大神(アマテラスオオミカミ)や観音様、阿弥陀如来などがおまつりされている神社やお寺の方が適していたりします。




このような事がございますので、もし氏神神社に参拝なさりたい場合は、まずあなたご自身の氏神神社にどのような神がおまつりされているのかをインターネットなどでお調べになり、その神が自分の望んでいる事と相性のよい神なのかを確認してから、問題がないようでしたら氏神神社に参拝なさる事をおすすめいたします。

(※神仏の性格や特徴については後々当ブログでもアップするつもりです。)




「触らぬ神に祟りなし」




という言葉はここからも来ていると思いますね。




祟りとは少々大げさですが、それだけエネルギー的に影響がありますよという事ですね。




ですので、結局のところですが、神社やお寺について大きくまとめますと、今現在十分に自分の中にある神である内在神(ないざいしん)としっかり繋がり、幸せを感じながら生きていらっしゃるという方は、わざわざ神社やお寺に行く必要はございません。




その神社におまつりされている神の得意な力をお借りしたい時や、今の自分を変えたい方、良くない環境から脱却したいというような方が必要に応じて参拝なさるのがよいでしょうね。




もちろん氏神神社に行き土地の神様(氏神様)と一緒におまつりされている神々に感謝の気持ちをお伝えするのはとても良い事ですが、ただ感謝の気持ちで参拝なさるだけでも、ご自身が気付かないレベル(潜在意識レベル)で、その神社におまつりされている神々のポジティブなエネルギーと未熟な部分のエネルギーを同時に受けているのだと言う事は頭に入れておいていただき、その事を十分にご理解、ご納得した上で参拝していただければと思います。




土地の神様(氏神様)自体への感謝はその土地に住まわさせていただいている以上、凄く大切な事ですので、前回の記事でもお伝えしましたが、ご自宅や外でもどこからでもよいので手を合わせ、二礼、二拍手し、




「〜(自分の住所)の土地の神様、私の事を住まわせて下さって、またお世話して下さってありがとうございます。〜(自分の住所)の土地の神様のお幸せをお祈りいたします。」



などと感謝の気持ちをお伝えし、最後に一礼する事で、氏神神社へ参拝した時と同じように、土地の神様からのご加護を得る事が出来ます。



またお供え物として、神棚がない方は、ご自宅のお部屋の中心から見て、北か西の方にちょっとした台を設けられ、その上に米、塩、水、酒、など(最低水だけでもよい)をお供えし、毎日お取り替えしそちらで手を合わせられるとさらによいです。




間取りなどの都合上、もしそこまでは出来ない場合は、あなたがご飯を召し上がる時に、手を合わせ、




「〜(住所)の土地の神様、いつもありがとうございます。こちらは私からのお礼です。どうぞお召し上がり下さいませ。」




などと一言言ってから召し上がれば、それも立派な供物となりますので、そちらで日々お礼をなさるのもよいですね。




今回の記事から当ブログへ来ていただいた方は、前回の記事もあわせてお読みいただければより理解が深まるかと思いますので、是非ご覧になっていただければと思います。







それでは、




皆様にたくさんの幸せが降り注ぎますように…







◆取材、メディアのお仕事のご依頼は以下↓の「ご予約&お問い合わせフォーム」の一番下にございますお問い合わせフォームに必要事項を全て入力していただき送信下さい。

1週間以内位にこちらからお電話をいたします。

※その場合の「ご依頼番号」の欄には、「取材、出演依頼」と入力し送信下さい。


★ご予約&お問い合わせフォーム

http://allthankyou168.wixsite.com/kanenariyosei/–c23my




⚫︎ご相談鑑定

⚫︎スピリチュアルヒーリング

⚫︎除霊

⚫︎浄霊(人、土地の浄化)

⚫︎仏降ろし

※お亡くなりになった方の降霊、口寄せ。イタコのようなものです。

⚫︎究極の風水

⚫︎究極の引越し方位

⚫︎究極の方位術を使った開運

⚫︎究極の名付け

⚫︎究極の改名


のご依頼は、こちら↓のホームページからお申し込み下さい。


かねなりようせいスピリチュアル研究室

http://allthankyou168.wix.com/kanenariyosei







※当ブログの文章や写真などの転用、転載はなさらぬようによろしくお願いいたします。



霊媒師、スピリチュアルカウンセラー鐘鳴燿聖のウェブサイトにおける全ての情報(文書、コーポレートマーク、商標、映像、画像、デザインなど)の知的財産権(著作権、商標権など)は、鐘鳴燿聖に帰属します。



1.個人的な利用に関しては、あくまでも第三者が閲覧可能な環境に流用されない、または営利的な目的で利用されないという前提において、表示、複製、印刷などは認められるものとします。改変などは認められません。また、個人的なものであっても、知的財産権などに関するあらゆる表示を削除してはなりません。



2.また上記以外に該当する利用に関しては、予めこちらhttp://allthankyou168.wixsite.com/kanenariyosei/–c23myのお問い合わせフォームより申請をしていただき、鐘鳴燿聖の正式な許可を取った後でのみ、再利用し、複製し、再配布出来ます。ただし、あくまでも利用者の誤解を受けるような使用方法はお断りいたします。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

鐘鳴燿聖|かねなりようせい(スピリチュアル)プロフィール

鐘鳴燿聖(かねなりようせい)
所属事務所:アンカープロモーション
身長・体重:183cm・72kg
生年月日:1980年12月3日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/kanenariyosei/

鐘鳴燿聖|かねなりようせい(スピリチュアル)アーカイブス

鐘鳴燿聖|かねなりようせい(スピリチュアル)カテゴリー

鐘鳴燿聖|かねなりようせい(スピリチュアル)カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728