はじめてゲイビデオに出演したときの話18

→はじめてゲイビデオに出演したときの話17

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワーを浴び終え、

ボクはヒカルくんより先に

部屋に戻っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(タチ役って結構

待ち時間長いもんなんだなー……)

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のリュウジくんの立場に

今度は自分がなってみて

このように色々と気付くこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「そういえばさ、アキラくんって

大阪から来てるんだって?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドやライティング、

カメラの調整をしていた矢代さんが

ボクに話しかけてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「あ、はい、そうです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「泊まる場所とかどうしてんの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

妙な質問だなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

遠方から呼ばれているモデルが

いつも田中監督の家に泊まっているのであれば

当然矢代さんもそれは知っているはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD「田中さン家ッスよ」

 

 

 

 

 

 

木村さんがそう言いました。

 

 

 

 

 

 

矢代「え?! マジで?!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「は、はい……地方から来てる

モデルの子って皆そうしてるんじゃないんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「違うよ?!」

 

 

 

 

 

 

 

……え?

 

 

 

 

 

 

 

矢代「大丈夫?! 何もされなかった?」

 

 

 

 

 

 

 

ボク「い、いえ、特に何も……」

 

 

 

 

 

 

たしかに何かをされたということは

ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

ボク「あ、で、でも、まあ、

田中さんもタイプとかあるでしょうし、

そういうんじゃないんじゃ……」

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

きっとボクが好み

ではなかったとか

そういうことでしょう。

 

 

 

 

 

 

ボク「田中さんってどんな

人がタイプなんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「……君みたいな子だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どしぇぇぇぇええええ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD「マジ田中さん職権乱用ッスよねー」

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや!

 

 

 

 

 

 

ADも止めろよ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

矢代「……アキラくん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「……はい」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「この部屋明日の朝まで取ってあるから

今日はここに泊まりな」

 

 

 

 

 

 

 

ボク「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「そんな危険なところに

今日も帰すわけにはいかないから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんだけ信用ないんだ、田中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒカル「あ、洗浄とシャワー終わりましたー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにシャワールームから戻ってきた

ヒカルくんが部屋に入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「あ、ああ……じゃあ、

撮影始めようか」

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直したように、矢代さんが

対応し、ボクらに今回の作品の趣旨が

伝えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「じゃあ、2人とも、説明するからいいかな?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「はい」

ヒカル「はい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「今回の作品のコンセプトなんだけど

〇〇〇っていうウチのかわいい系の子でやってる

シリーズ物なのね」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「全体的にハードなのとかヤロウっぽいのとか

ではなくて、かわいい子同士がキャッキャしながら

えっちするって感じだから」

 

 

 

 

 

 

矢代「無理に男っぽく喘いだりとか

言葉攻めしようとしたりとかしなくていいよ」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「ま、2人はそのままで

かわいいから大丈夫だね」(ニコッ

 

 

 

 

 

 

ヒカル「……////」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(oh…)

 

 

 

 

 

 

 

 

矢代「じゃあ、さっそく撮影初めて行こっか」

 

 

 

 

 

 

 

ボクとヒカルくんがベッドに移動します。

 

 

 

 

 

 

矢代「じゃあ、さっきの公園の下りから繋げるから

『人が来ちゃってホテルに移動してきました』っていう

体(てい)でね」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「じゃ、カメラ回すよー

……よーい、スタート」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「いやー、さっきはビックリしちゃったね」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒカル「ビックリしましたぁー」

 

 

 

 

 

 

 

ボク「突然人が来るから……」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「でも、ちょっと興奮しちゃったんじゃない?」

 

 

 

 

 

 

矢代さんがカメラをヒカルくんの顔に近づけます。

 

 

 

 

 

 

 

ヒカル「そ、そうですね……///」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「ここはもう俺らしかいないから

2人とも存分に楽しんじゃっていいよw」

 

 

 

 

 

 

 

ヒカル「///」

ボク「////」

 

 

 

 

 

 

 

矢代「じゃあ、せっかくだからさ

2人とも今日はコレ使って

色々ヤッてみよっか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(また変なのが出てきた……)

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

コメント (2件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 薫君
    はじめまして
    AVって結構作るの大変なんですね
    びっくりです
    ところでこの記事
    間が開きすぎてるので
    カーソル送るのに
    指が大変なんですけど
    乳首を刺激するときのように早く動かすんで、腱鞘炎?になりそうです
    間を縮めてくれたらうれしいです

  2. オイラの冬のマストアイテムは、公称80cmの長さを誇る…

    ロング“ニーソ”だ!

    何でそんなモンが必要かって? 膝が温かいんだよ…わりとイイ歳ぶっこいてるもんでさ…泣きそうになるくらい温かいんだよ。

    でも、防寒だけが“ニーソ”の良さじゃないぞ。何せ80cmだから、おもいっきり引っ張り上げると脚の付け根の辺りまでくる。ストッキングと違って透けないから(何でそんなこと知ってる?って質問は、今はスルーだ)毛ズネが見えなくなるのがポイント。
    フィットし、脚全体を覆う“ニーソ”。想像力豊かなら、サイハイのキンキーブーツに見えなくもない“ニーソ”。目の前に拡がるいつもと違う光景に、それはもう…

    自分で自分の脚に欲情できるぜ!

    ただし、目線は太ももより上に上げちゃダメだ。オジサン、冬になると(腹よりも腰を温める目的で)“腹巻き”もしてるからな。

    追伸 “腹巻き”を折らずに伸ばして使えば、ベアトップで超ミニスカのボディコン・ワンピ(“GS美神”風…古い?)になるって裏技の話は、また今度!


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ