はじめてゲイビデオに出演したときの話24

→はじめてゲイビデオに出演したときの話23

 

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台本を見ると、

A4の用紙が二枚ホッチキスで

留められているだけの簡素なものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「っていっても、

大した台本ではないな……」

 

 

 

 

 

 

※ドラマ物とはいえ、結局のところ

セックスシーンなどはリアリティーを重視するので

セリフや体位をこと細かく書いてるようなことは

ありません。

 

 

 

 

 

 

と、いうことで、もう9年も前のことなので

台本はどっかでなくしましたが、

覚えている限り、以下に台本の内容を書きたいと思います。

(別に読まなくてもこの後の内容は理解できます)

 

 

 

 

 

daihon

(画像はクリックで拡大できます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

田中「これもウチでやってる定期的なシリーズで

かわいい男の子たちが凌辱されるのを

テーマにしてる作品なんだよね」

 

 

 

 

 

 

たしかに内容はハードそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

ボク「あの……」

 

 

 

 

 

 

田中「ん?」

 

 

 

 

 

 

ボク「この……ウナギってなんですか?」

 

 

 

 

 

田中「あ、それ双頭ディルドのことだよ。

うちらはウナギって呼んでるの」

 

 

 

 

 

ボク「ふ~ん……」

 

 

 

 

田中「まあ、いま全部内容を覚える必要はないよ。

セリフも自分なりの言葉に変えて大丈夫だし。

セリフを正確に言おうと思って、エロくなくなっちゃうほうが

俺らにとってはマイナスだからさ」

 

 

 

 

 

たしかに、これだけなら今この場で

台本をもらってもできそうです。

 

 

 

 

 

田中「じゃあ、ちゃっちゃと公園の

シーン撮っちゃおうか。アキラくんは

この制服に着替えといて」

 

 

 

 

 

 

ボク「はーい」

 

 

 

 

田中「えーっと、白、白……」

 

 

 

 

 

初日のように田中さんは

ホワイトバランスの調整をしようと

しているようです。

 

 

 

 

 

ツバサ「はいはい」バサッ

 

 

 

 

 

すると、横で見ていたツバサくんが

ジャケットを脱ぎ、自分のTシャツの背中を

見せました。

 

 

 

 

 

田中「おっ、サンキュー」

 

 

 

 

 

 

ボク(ツバサくん、本当に撮影に慣れてるんだな。

なんかかっこいいぞ)

 

 

 

 

 

 

そして、ボクの着替えが終わったころ、

スタッフのセッティングも終わったのか

撮影が始まりました。

 

 

 

 

 

田中「はい、じゃあ、トイレの入り口から撮るよ。

アキラくん、ちょっと尿意を我慢してる感じで

走ってやってきてー」

 

 

 

 

 

ボク「はーい」

 

 

 

 

 

カメラが回ったのを見計らって入口へと

駆けていきます。

 

 

 

 

 

ボク「トイレトイレ~!」タッタッタッタッ

 

 

 

 

 

田中「はい、オッケー。

じゃ、今度中に入ってくるとこ撮るから。

悪いけど、前と同じ位置からもう一回

走ってきてー」

 

 

 

 

 

※当たり前のことですが、ドラマ物に関していえば

カットを割ることが前提となるので、常に

少し前の行動からやり直します。

 

 

 

 

だから、1つのシーンを撮るのに

1時間以上かかることもあるので

ぶっちゃけかなり時間がかかります。

 

 

 

 

 

ボク「トイレトイレ~」タッタッタッタッ

 

 

 

 

 

田中「カット。それで小便器に立ってもらって、

しばらくしたら個室からツバサくん出てきてねー」

 

 

 

 

 

ツバサ「はーい」

 

 

 

 

紙袋に穴をあけた覆面をかぶった

ツバサくんが個室から返事をしました。

 

 

 

 

田中「んじゃ、よーい、スタート」

 

 

 

 

 

 

ボク「ふぅ……」

 

 

 

 

ツバサさんが後ろから近づいてくる気配がします。

 

 

 

 

ガバッ!

 

 

 

 

 

ボク「ムゴッ……! ムゴムゴ……!」ガクッ

 

 

 

 

 

ボクの口元を押さえたまま、

ツバサさんが引きずるようにして

トイレから出ていきます。

 

 

 

 

 

 

田中「カット。オッケー!

導入はこんな感じでいいよ」

 

 

 

 

 

 

 

ボク「おつかれさまでーす」

ツバサ「おつかれさまでしたー」

 

 

 

 

 

 

AD「あ、おわりましたー?」

 

 

 

 

 

そこへ、どこかに行っていた木村さんが

戻ってきました。

 

 

 

 

 

田中「うん、もう見張り大丈夫だよー」

 

 

 

 

 

ボク(あ、見張りしてたのか)

 

 

 

 

 

※こういうゲリラでの、ましてやえっちな撮影の場合

通報やトラブルを避けるため、必ず1人はどこかで

見張りをしています。

 

 

 

 

今回の場合は撮影中トイレなどを使用されないよう

ADの木村さんが通行人を誘導していたんですね。

 

 

 

まったく迷惑な話ですが、しかしまあ、意外と

「撮影中でーす」と言うと、通行人もそれに

従ってくれたりします。

 

 

 

 

 

街中で撮影してるスタッフを見つけたら

もしかすると映画やドラマではなく

ゲイビデオの撮影かもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

田中「じゃあ、今度はスタジオに移動しよっか」

 

 

 

 

 

 

AD「じゃあ、アタシ〇〇さんとこ向かいますね」

 

 

 

 

 

田中「うん、おつかれー」

 

 

 

 

ボク「あれ? 今日は木村さん

一緒じゃないんですか?」

 

 

 

 

田中「あの子は今日朝だけウチの現場で

次は別の監督のお手伝い。ウチも

同じ日に何件も撮影してるからねー」

 

 

 

 

 

 

結構大変な会社だなと思いました。

 

 

 

 

 

 

〇〇スタジオへ移動しました。

 

 

 

 

 

そのスタジオはワンルームマンションを

改装してスタジオ貸ししているようなところで

スタジオとしてはさほど大きくありません。

 

 

 

 

 

内装は黒を基調にして、鎖や手錠など

SM色を強めにした雰囲気になっていました。

 

 

 

 

 

ボク(うわー、完全にソレのための部屋って感じ)

 

 

 

 

 

 

 

田中「んじゃ、荷物置いちゃうから

アキラくん休んでてー。ツバサくんは

悪いんだけど、衣装あるから着替えて」

 

 

 

 

ツバサ「あ、衣装あるんですか?」

 

 

 

 

田中「さすがにゲイビデオで

フルフェイスの覆面ばっかりって

わけにもいかないからねー。ちょっと

“ぽい”やつ用意しといたよー」

 

 

 

 

ツバサ「了解でーす」

 

 

 

 

 

そういって、監督から衣装の入った

袋を受け取ったツバサくんは

バスルームに消えていきました。

 

 

 

 

 

ボクは台本上、この衣装のままのようなので

しばらくスタジオのソファに座ります。

 

 

 

 

 

田中さんが機材を運び終えたころ、

ちょうどツバサくんの着替えが

終わりました。

 

 

 

 

 

ツバサ「着替え終わりましたー」

 

 

 

 

 

 

田中「おっ、ちょっと見たいから出てきてー」

 

 

 

 

 

ツバサ「はーい」

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2832

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2834

 

 

 

 

 

 

ボク「……」

 

 

 

 

 

田中「……」

 

 

 

 

ツバサ「……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中「うん、いいんじゃないかな」ニッコリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで?!

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ