はじめてゲイビデオに出演したときの話26

→はじめてゲイビデオに出演したときの話25

 

 

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

上に覆いかぶさってきたツバサさんとしばらく見つめ合います。

 

 

 

 

 

 

 

ツバサ「……」

 

 

 

 

 

ボク(え、あの、これ、この

あの、どうしたらいいの????)

 

 

 

 

 

 

ツバサ「……」

 

 

 

 

 

 

ボク(お、男の人とプライベートで

こんな空気になったことないから

わからない……)←※今も一応仕事中

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「あ、あの……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2873

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボク「わっ、わわっ!! 田中さん!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

田中「お、ツバサくん

ちゃんと復活したねぇ」

 

 

 

 

 

 

見ると、ツバサさんの股間は

しっかりとギンギンになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

田中「薫ちゃんもサポートありがとー」

 

 

 

 

 

 

 

 

※この勃ち待ち、イキ待ち中にスタッフが外に出て

カメラの回っていないところでモデル同士を絡ませて

雰囲気を高めるのを『サポート』と呼びます。

 

 

 

 

 

 

これは不思議なことに双方で情報交換がない

一般AV業界でもゲイビデオ業界でも

行われていることです

(サポートを拒否するモデルもいますが……)。

 

 

 

 

 

 

今回ボクは知らない間にその

サポートをしてしまってたというわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中「ツバサくんまだイキそうには

なってないよね?」

 

 

 

 

 

 

 

ツバサ「はい、大丈夫です。

中でイキます」

 

 

 

 

 

 

 

※ちなみにどれだけ盛り上がっても

サポート中はカメラが回っていないので

お互い射精は禁止です。

 

 

 

 

 

 

 

田中「お、やる気出てきたねー!

じゃあ、さっそく再開しようか」

 

 

 

 

 

 

 

再び撮影が再開されました。

 

 

 

 

 

 

 

ツバサ「おらっ、挿れるぞ……!」

 

 

 

 

 

ツバサさんも演技の役に戻ります。

 

 

 

 

 

 

ボク「ああっ……!」

 

 

 

 

 

 

さっきまで萎えていたので気付きませんでしたが

本気のツバサさんのは意外と大きく

思ったよりキツかったです。

 

 

 

 

 

 

田中「はい、いいよー。じゃあ、

そのままペース上げて……、

ツバサくん最後顔にかけるけど大丈夫?」

 

 

 

 

 

 

 

ツバサ「……」コクコク

 

 

 

 

 

 

監督の問いかけにツバサくんがカメラの

見えない位置で頷きます。

 

 

 

 

 

ツバサ「おらっ……そろそろ、

出すぞっ……!」パンパンパン

 

 

 

 

 

 

 

ボク「あっ…あっ……!」

 

 

 

 

 

 

ツバサ「イッ——」

 

 

 

 

 

すばやく抜いてゴムを取り、

 

 

 

 

 

 

ツバサ「——ク!」

 

 

 

 

 

 

ボクの顔にかけました。

 

 

 

 

 

 

 

ボク「はぁ……はぁ……」

 

 

 

 

 

 

 

ツバサ「じゃあ、明日からまた

みっちり調教してやるからな」

 

 

 

 

 

台本通り、部屋を出ていくツバサくん。

 

 

 

 

 

監督がボクの顔をアップで写し、数秒後

カットの声がかかりました。

 

 

 

 

 

 

ツバサ「お疲れ様ー!」

 

 

 

 

 

 

田中「おつかれー!」

 

 

 

 

 

 

ボク「ふぅ……お疲れ様です!」

 

 

 

 

 

 

ツバサ「ごめんね、痛くなかった?」

 

 

 

 

 

ボク「あ、大丈夫です!」

 

 

 

 

 

 

田中「アキラくん夜行バスの時間あるよね?

とっととシャワー浴びてきちゃいな。

清算の準備はしておくから」

 

 

 

 

 

 

時計を見ると、時刻はすでに

21時を回っていました。

 

 

 

 

 

 

ボク(意外と時間経ってたんだな……)

 

 

 

 

 

ボク「はい、ありがとうございます!」

 

 

 

 

 

 

急いでシャワールームに入ります。

 

 

 

 

 

 

ボク(ロウソクのロウって結構落ちにくいな……)

 

 

 

 

 

シャワーを出ると、そのままいつものように

契約書にサインをし、お金を受け取ります。

 

 

 

 

 

 

 

ボク(そっか……今日で東京も、この現場も

もう最後なんだな……)

 

 

 

 

 

そんな感傷に浸る暇もなく、夜行バスに向かうため

ボクは部屋を飛び出るようにあとにしました。

 

 

 

 

 

ボク「お世話になりました! ありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

田中「うん、おつかれさま!」

 

 

 

 

 

 

 

ツバサ「東京遊びに来るときは

連絡してよ!」

 

 

 

 

 

 

ボク「はーい!」スタスタスタスタ

 

 

 

 

 

 

 

22時ごろ。

 

 

 

 

 

新宿に到着しました。

 

 

 

 

 

どうやら夜行バスの時間には

間に合ったようです。

 

 

 

 

 

 

来たときと同じようにビデオ会社から

手配されたバスチケットを見せます。

 

 

 

 

 

 

23時半ごろ。

 

 

 

 

 

 

バスはゆっくりと停留所を出発しました。

 

 

 

 

 

窓の外に、3日間を過ごした

東京の街並みが流れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

ボク(なんだかもっと長い時間

東京にいたような気がするな……)

 

 

 

 

 

 

 

撮影の日々が思い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

何も知らずに始まったゲイビデオの撮影現場。

 

 

 

 

 

優しく接してくれたリュウジくん。

 

 

 

 

 

 

かわいかったヒカルくん。

 

 

 

 

 

モデルとして大切なことを

教えてくれたツバサくん。

 

 

 

 

 

 

ふと見ると、カバンから何かの紙が

飛び出しています。

 

 

 

 

 

 

ガサッ

 

 

 

 

 

 

ボク(あ……)

 

 

 

 

 

 

 

それは今日現場でもらった台本でした。

 

 

 

 

 

 

ボク(持ってきちゃってたのか……)

 

 

 

 

 

なんだかんだで

楽しい3日間だったなと

素直に思えました。

 

 

 

 

 

ボク(またいつか、

出てみるのもいいかもな……)

 

 

 

 

 

心地よい達成感と

充実感に満たされて、

いつしか眠りに落ちていました。

 

 

 

 

 

 

夜行バスは大阪へと帰っていきます。

 

 

 

 

 

非日常から日常へ。

 

 

 

 

 

ただ、その『いつか』が意外と早く

やってくるのですが、それはまた別のお話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- はじめてゲイビデオに出演したときの話 完 -

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、これで一応

ボクが初めて出演した

ゲイビデオの話は終わりなのですが、

 

 

 

 

少し説明不足な点や

わかりにくい点などを

補足したいなと考えております。

 

 

 

 

 

ですので、近日

あとがきと解説をアップしますので

もしもっと知りたいよということがあれば

そちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←あとがき

コメント (1件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. ああ^~


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ