巻き込まれた話

D_gSByUU8AAtHNo

 

 

 

 

どもども大島薫です!

 

 

 

みなさんはお酒って好きですか?

 

 

 

僕は家でも外でもお酒を飲むのですが、

最近はコロナの影響でどうも

飲み歩いたりしにくい状況ですよね。

 

 

 

ところで、コロナ前に飲みに行った際に

とあるテロ行為に遭遇したので、

今日はその話を書きたいと思います。

 

 

 

 

僕はよく新宿のゴールデン街という

有名な飲み屋街に行っていました。

 

 

 

 

その日も馴染みのバーに入り、誰と

話すでもなく、カウンターで

静かにお酒を飲んでました。

 

 

 

 

 

すると、入り口のほうからこんな声が

 

 

 

 

女性「あたしぃココ入るぅ~」

 

 

 

男性「おうおう、わかったわかった」

 

 

 

 

見ると、男性に支えられながら

女性が店に入ろうとしています。

 

 

 

男性は女性を介抱してますが、けっして

シラフでもなく、彼もまた千鳥足です。

 

 

 

年齢は2人とも30後半くらいでしょうか、

もう結構飲んでるんだなと思いました。

 

 

 

 

この店には初めて来たのでしょう。

 

 

 

 

2人でキョロキョロとメニュー表を探して

注文を決めています。

 

 

 

 

 

女性「えっとぉー、あたしぃー、この

オリジナルカクテル飲みたーい」

 

 

 

 

 

 

店員に自分のハイボールと、女性の指した

オリジナルカクテルを注文する男性。

 

 

 

 

 

 

 

やがて、飲み物が運ばれてくると

どういう話の流れかはわかりませんが

男性がハイテンションでこんなことを

話し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

男性「だからさぁー! 俺とひろこは

マジで相性いいんだってー」

 

 

 

 

女性「もー、またそんなこといって―」

 

 

 

 

 

どうやら話的にひろこというのは

この女性のことらしいです。

 

 

 

 

 

あ、ちなみに2人のセリフが全部大文字なのは

本当にカウンター席でこんくらいの

ボリュームで話してたからです。

 

 

 

 

盗み聞きせずとも、聞こえてきます。

 

 

 

 

 

 

ひろこ「けんじくんは浮気症だからなー」

 

 

 

 

 

ははあ、男性は

けんじくんというらしいです。

 

 

 

 

 

 

要するにけんじくんはいま

ひろこちゃんを口説いてるらしいのですね。

 

 

 

 

 

なんというかザ・飲み屋って感じの会話です。

 

 

 

 

 

 

そんなラブゲーム公開プレイの最中、

いきなりひろこが僕のほうをジーッと

見つめてくるのが横目でわかりました。

 

 

 

 

知り合いでもないし、なんだろうと

思っていたらいきなりこんなことを

いったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろこ「お姉さん、すっごく色気ありますね」

 

 

 

 

 

 

ひろこ「ねえ、けんじくんも思うでしょ?」

 

 

 

 

 

んー……(笑)

 

 

 

 

あの、なんですか、わかります?

 

 

 

 

この感じ。

 

 

 

 

 

男性に口説かれてる最中に、

そこらへんにいる他の女性を褒めるアレ。

 

 

 

 

例(ご想像ください)

男「俺さあ、○○ちゃんのこと本気で――」

女「んー……」

男「だから今日――」

女「(そこらの女性指さして)かわいくない?」

 

 

 

 

 

 

 

みたいなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

僕飲み屋で一人で飲んでるのと

見た目は女性に見えるのが相まって、

よくそれに使われるんですよね。

 

 

 

 

 

いや、別にいいんですよ?

 

 

 

 

 

 

 

いいんですけど……!

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いてなんになるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

男は口説いてる最中だから

「たしかにかわいい」とか

いうわけないだろうし。

 

 

 

 

 

かといって、女の子が

かわいいっていった子を

「いやいや、かわいくないよ」とも

いえないだろうし。

 

 

 

 

 

結果当て馬にされたほうは、なんか

微妙な気持ちになっちゃいますけど、それ。

 

 

 

 

 

案の定けんじくんも

「お? おおう……」くらいの

反応になってるし。

 

 

 

 

 

と、まあ、それはいいとして、

僕も飲み屋で話しかけられて、無視するほど

無粋じゃないですから、一応返事はしますよ。

 

 

 

 

返事はしますけど、他人のラブゲーム公開プレイに

割って入ってく野暮でもないわけです。

 

 

 

 

 

 

そんな僕が返した返事はこうでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「あはは……どうも」

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、それしか答えることなくない?

 

 

 

 

 

 

 

しかし、女性はさらに話しかけてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろこ「あたしたちぃー、今日初めて

ゴールデン街に来たんですけどぉー、

お姉さんよく来るんですかぁー?」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(うわー、ラブゲームに巻き込まれる前に

早めに解放されたいなあー)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「そうですね。あはは……たまに……」

 

 

 

 

 

 

すると、口説いていた女性が

僕と話し始めたので、けんじもこちらの

会話に混ざろうと思ったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

彼も僕に話しかけてきました。

 

 

 

 

 

 

 

けんじ「お姉さんこの近くの人ですかー?」

 

 

 

 

 

 

 

そうけんじがいったところで、

ひろこが急に僕のほうから

彼のほうに向きなおるんです。

 

 

 

 

 

 

で、けんじの袖をチョンチョンってつまみながら

こんなこというんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろこ「お姉さん、美人だから話しかけちゃだめっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、んー……ははは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだそれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうだめです。

 

 

 

 

完全に僕はこの二人の

ラブゲーム公開プレイに

巻き込まれています。

 

 

 

 

 

もはや言葉をつかった、

僕にまったく得のない3Pですよ。

 

 

 

 

 

 

で、あのー……それとね、

僕本来他人の容姿とかをこう……

なんかいうタイプではないんですよ。

 

 

 

 

 

だから、けっしてブサイクとかそういう

言葉は使いませんし、いうつもりもありません。

 

 

 

 

 

 

ただその二人

 

 

 

 

 

 

けっして美男美女とかではないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、美男美女ならいいというわけでも

ないんですが、まだそれなら巻き込まれた

としても「うふふ、ドラマみたい」的な

目線で見る方もいるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうんじゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(ま、まあ、でも、考え方次第では僕に

話しかけるなって女の子がいったことによって、

これ以上2人と会話することもなくなるか)

 

 

 

 

 

 

 

けんじ「俺はお前のことしか見てねーよ」

 

 

 

 

 

ひろこ「えー……だってあのときもー」

 

 

 

 

 

 

 

僕(ほら、現にいまは2人だけで盛り上がってる。

よかったよかった……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろこ「ねえー!お姉さん聞いてくださいよー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、君は話しかけてくるのね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろこ「彼ったらぁ、彼女がいるのにぃ

あたしに好きっていうんですよぉー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのー、ぶっちゃけですよ、ぶっちゃけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らんがな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは思ったんですけど、まあ、なに、

僕、女性の味方的なとこありますから、

 

 

まあ、そこはちゃんと男性に

「それは違うんじゃないですか」とはね、

いってあげようかなくらいには思いましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

で、僕が「それは違うんじゃな――」って

いいかけたときね

 

 

 

 

 

突然けんじがひろこの腕をガシッと掴んだんです。

 

 

 

 

そして、こうなったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4962

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4963

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4964

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けんじ「俺は……本気だから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……あ、ほんで、ひろこがそれに

なんて返したか……ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういってましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひろこ「………………バカ///」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのね、本当に

 

 

 

 

 

 

こういうの規制する法律作りません?

 

 

 

 

 

 

 

 

そんときの僕の顔見ます?

 

 

 

 

 

 

 

こんなでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4965

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんで結局その2人、頼んだドリンク

半分くらい残してそのまま

「ほら行くぞっ」とかいって、

けんじはひろこと出ていきましたよ。

 

 

 

 

 

 

どこ行くんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

はあーあ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうだなお前ら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年9月
« 4月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ