ゲイビデオモデルからAV女優になった話3

ゲイビデオモデルからAV女優になった話2

 

 

 

 

 

 

 

さて、ではここから五年の間で

僕が見てきた面白かった出来事を

振り返っていきましょう。

 

 

 

 

 

あ、その前になぜ僕がこんなにも

ゲイビデオの現場で重宝されたか

について、もう少しお話しますね。

 

 

 

 

 

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

スバルくんの場合

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉監督のいうように

「勃起も射精も良い子」

は貴重なわけです。

 

 

 

 

 

 

そりゃそうです。

 

 

 

 

 

 

だって、ゲイビデオは顔や身体が

良い男の子を捕まえてきて、

ビデオを撮影しますよね。

 

 

 

 

 

でも、カメラが回ってる前で

勃起や射精するのって、緊張するから

結構難しいわけなんですよ。

 

 

 

 

 

 

ゲイビモデルになってくれる男の子だけでも

貴重なのに、ルックスは良いは勃起や射精が

できるわ……なんて存在は求め過ぎなんです。

 

 

 

 

 

 

 

で、結局セックスシーンや軽い演技シーンなんて

大体流れを撮り終えちゃえば30分くらいで

完了するんです。

 

 

 

 

 

30分で3~5万貰えればおいしい仕事ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

だけど、ラストのラスト、射精シーンが撮れないと

ゲイビデオの撮影は終わらないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが長い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は監督の射精許可さえ出れば秒でいけるんですが、

このイキ待ちが長い子と当たると撮影が終わりません。

 

 

 

 

 

 

 

いわば、ゲイビの撮影現場の大半は

イキ待ちの時間となることもしばしばあります。

 

 

 

 

 

 

 

特徴的だった思い出を1つ書きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

その日僕はいつものように朝倉さんから

メールをもらい、撮影現場に向かっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「今日はいつものマンションスタジオじゃないな。

大阪市○○町……どこだこれ?」

 

 

 

 

 

 

朝倉さんから指定された場所は一軒の雑居ビルでした。

 

 

 

 

 

 

 

僕「なんだこの怪しいビル……ここの地下1階?

とりあえず朝倉さんに連絡しよう」

 

 

 

 

 

 

到着の電話を入れると、朝倉さんが地下から

上がってきてくれました。

 

 

 

 

 

 

朝倉「あ、カオルちゃんヨロシクー。

今日はここの地下にあるウリ専が

撮影場所だから」

 

 

 

 

 

 

僕「え、ウリ専スか?」

 

 

 

 

 

 

 

ウリ専とはゲイ専用風俗のことです。

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「そうそう、うちのゲイビ会社が

ウリ専も経営してるのは前話したよね?」

 

 

 

 

 

 

 

僕「はい」

 

 

 

 

 

 

 

たしかに聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

※以前にも書きましたが、ゲイビ会社が

ウリ専も同時経営しているのは、この

会社に限らずよくあることです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この会社のウリ専が

ゲイ業界では最大手で、各地に

店舗があります。

 

 

 

 

 

朝倉「で、そのウリ専の宣伝も兼ねた

ゲイビデオを撮れって会社からの指示でね。

ここのナンバー1~3辺りまでの子の

接客の様子を撮影するエロビデオなの」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「はあ……なるほど」

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ビデオも販売できて

ウリ専の宣伝にもなる、会社にとっては

どうあっても商売にはなるという寸法です。

 

 

 

 

 

朝倉「で、今日はカオルちゃんは

顔隠してお客さんの役をやって欲しくてね」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ウリ専の客……」

 

 

 

 

 

 

朝倉「カオルちゃんは若いけど、ま、顔隠すし

ちょっとオジサンっぽい演技してもらえるかな?」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました」

 

 

 

 

 

 

あー、ちなみになんですが、僕が重宝された

理由にもう1つ、僕は演技ができたという

ことがあります。

 

 

 

 

 

あ、もちろん役者さん並みにできるわけ

じゃないんですけど、んー、あのね

ホント、そこらへんの男の子の演技力って

 

 

 

 

 

 

 

 

酷いんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、そりゃそうですよね、

顔はいいわ、カメラの前でセックスできるわ、

その上演技もできるわなんて子いないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕を除いてね!←アホ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話をしながら、

朝倉さんと風俗店の

扉をくぐります。

 

 

 

 

 

 

すると、受付ではなく扉が並んだ廊下が

奥まで伸びていました。

 

 

 

 

 

全体が薄暗く怪しい雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

朝倉さんは一つのドアを選んで開けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中にはベッドと簡易なシャワールームがありました。

 

 

 

 

 

 

 

僕(ここはプレイルームを置いてる階なのか。

受付は別にあるんだろうな)

 

 

 

 

 

 

見ると、見知ったスタッフと

知らない若い男の子がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「こちら、スバルくん。この店の

いまナンバーワンの子だよ」

 

 

 

 

 

 

朝倉さんが若い男の子を指して紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル「はじめましてー」

 

 

 

 

 

 

 

僕「はじめまして

(ナンバーワン……)」

 

 

 

 

 

 

 

スバルくんの見た目はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンバーワンなのでこう物凄く美形だとか

中性的なタイプとかを想像しましたが、

どちらかというとスポーツ少年という感じ。

 

 

 

 

 

後輩にいたらかわいいタイプって感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(意外とこういう子に

人気が集まったりするんだな……)

 

 

 

 

 

 

 

諸々セッティングを終えて、僕らモデルも

シャワーを済ませます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕はその日ウケだったので、

浣腸も済ませました。

 

 

 

 

 

 

※ゴーグルマンや顔出し無しの役で

ウケはちょっと珍しいです。

 

 

 

 

 

 

監督がいつものように撮影の流れを

説明し始めました。

 

 

 

 

 

 

朝倉「じゃあ、今日はカオルちゃんは

ウリ専のお客さん役で、スバルくんは

いつもお客さんにやってるみたいに

接客してくれたらいいから」

 

 

 

 

 

 

 

スバル「はい」

 

 

 

 

 

 

朝倉「カメラは基本的にカオルちゃんの顔の

辺りから撮影して主観っぽく撮る感じで~。

観てる人がスバルくんに接客されてる雰囲気を

楽しめるようにしたいからね」

 

 

 

 

 

 

なるほど、これはたしかに店の宣伝になりそうです。

 

 

 

 

 

 

朝倉「カオルちゃんはスバルくんに掘られたがる

ちょっと気持ち悪いオジサンっぽくやってくれると

嬉しいなー。そんなオジサンにも優しく接客する

ほうがボーイさんの魅力伝わるだろうし」

 

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました」

 

 

 

 

 

 

 

僕(とはいうものの……)

 

 

 

 

 

 

 

僕(他より演技できるほうっていったって

普段学生とかサラリーマンとかそんな

役ばっかりだしな……)

 

 

 

 

 

 

僕(気持ち悪いオジサンの演技なんて

僕にできるのか……? 不安だなぁ)

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「はい、じゃあ、撮影よーい……スタート!」

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル「いらっしゃいませぇー!

わ、今日も来てくれたんですかぁ?」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ふひっ……ぶふふ、今日も

スバルくんのおちんぽに会いに

来ちゃったよ、ぶひひ」ブフフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃできた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル「えへへ、嬉しいですぅ」

↑なんかこんな口調で接客してた

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ぶひぃ、は、はやく

僕のケツマンコにぶち込んで

欲しいブヒィ」ブフフ

 

 

 

 

 

 

 

スバル「じゃあ、ベッドいこっ」グイッ

 

 

 

 

 

 

 

僕「ふひぃ! スバルくんのお手て

触っちゃったブヒィ!」フンフン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……ん?

 

 

 

 

 

 

 

なんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

その目は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事ですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ、最終的になんか僕が

お客さんとしてブヒブヒいいながら

スバルくんに掘られつつ手コキ

されるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

スバル「どうですかぁ?」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ブヒィ! イッちゃうぅうう!」

(あー、他人の手コキってイクの大変なんだよなー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※エロビデオの撮影現場ではセリフの

テンションと脳内のテンションが違う

ことがよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドピュ!

(でも、きっちりイク僕)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル「いっぱい出たねっ!」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ふひぃー! スバルくんの

ミルクも出して欲しいブヒィ」

(賢者タイムにこの演技する虚しさハンパねぇな)

 

 

 

 

 

 

 

スバルくんがちんこをアナルから抜きます。

 

 

 

 

 

 

スバル「いいよ……イクとこ見ててね」

 

 

 

 

 

スバル「うっ……はぁ……イクゥ!」シコシコ

 

 

 

 

 

朝倉「カット」

 

 

 

 

 

と、スバルくんがイクふりをして

監督からカットがかかりました。

 

 

 

 

 

 

ここからスバルくんのイキ待ちが

入るわけですね。

 

 

 

 

※以前のゲイビデオ話でもありましたが、

普通は流れで射精できないモデルが

ほとんどなので、こうしてイク直前の

シーンを撮ってから、実際にイッた

シーンとあとで繋ぎ合わせます。

 

 

 

 

 

 

見てる人には流れでイッたように見える

というわけですね。

 

 

 

 

 

 

もちろんビデオ玄人の人はカットが入ったら

わかる人もいるので、極力流れでイケるなら

それに越したことはありません。

 

 

 

 

五年いた経験でいうと、イキ待ちはもちろん

緊張度合いや個人差があるのですが、概ね

平均30分くらいの人が多い印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「どう? スバルくんすぐイケそう?」

 

 

 

 

 

 

 

スバル「はい、たぶんすぐ」

 

 

 

 

 

 

僕(ほう、頼もしいな……)

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「じゃあ、イキそうになったら声かけてね。

カオルくんはさっきの位置と変わると観てる人に

バレるからそのまま正上位の格好で待機で」

 

 

 

 

 

 

 

僕「はい」

 

 

 

 

 

 

※ちなみに、さっき僕が自分のお腹の上に

出した精子もそのままにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~10分後~

 

 

 

 

 

 

スバル「イケ……そうです」

 

 

 

 

 

 

僕(お、早いな)

 

 

 

 

 

 

朝倉「はい、みんな

機材、機材! 急いで!」

 

 

 

 

 

スタッフ、演者全員が瞬時にさっきの

体勢に戻ります。

 

 

 

 

 

 

※この射精シーンはモタついて

モデルのテンションが下がると射精できなくなるし、

逆にモデルが興奮をコントロールできなくて

カメラが回る前に射精してしまうと撮り逃すしで

現場はめちゃめちゃピリつきます。

 

 

 

 

 

 

 

僕「はぁ……はぁ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕もカット前の荒い呼吸を出して

違和感を消します。

 

 

 

 

 

 

 

スバル「あ……イクよ……」

 

 

 

 

 

 

僕「フヒィ、出してぇ」ブフ

 

 

 

 

 

スバル「イッ……」

 

 

 

 

 

僕「フヒィ」

 

 

 

 

 

スバル「イッ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル「………イ……けません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ、モデル全員がふぅーと

緊張を解きます。

 

 

 

 

 

 

朝倉「あはは、大丈夫、大丈夫。

焦らなくていいから」

 

 

 

 

 

カメラを下ろしながら朝倉さんが

そういいました。

 

 

 

 

 

※これもイキ待ちあるあるです。

カメラ回る直前までイケそうだったのに

回ると途端にダメになる。そういうものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(こっからが長いんだよなぁ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~30分経過~

 

 

 

スバル「あ、イッ……」

 

 

 

僕「フヒィ」

 

 

 

スバル「……ダメでした」

 

 

 

~さらに30分経過~

 

 

スバル「あ、イッ……」

 

 

 

僕「フヒィ」

 

 

 

スバル「……ごめんなさい」

 

 

 

 

~さらにさらに30分経過~

 

 

スバル「あ、イッ……」

 

 

 

僕「フヒィ」

 

 

 

スバル「……」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三時間が過ぎました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(これ終わるのかな……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ