ゲイビデオモデルからAV女優になった話9

→ゲイビデオモデルからAV女優になった話8

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

……で、ここまで書いたんですが、

この前このビデオ見返しまして

他にゴーグルマン2人いたことを

思い出したので、いまから2人

現場に追加します←

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、さすがに現場が

多すぎて記憶もよくわかんなく

なっちゃいますねw

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、内容で大事なのは

この巨根のゴーグルマンの方なので、

あまり気にしないでください。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、その巨大なアナコンダを

ペロッと舐めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

???「おらぁっ! お前らを落札する

変態客を満足させなきゃいけねぇんだから

しっかり気合入れて舐めろよぉ!」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ふぁい」ペロペロ

 

 

 

 

 

 

ヒビキくんは檻の中で怯えた

演技を続けています。

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「……」プルプル

 

 

 

 

 

 

 

 

???「よーし、新人にも

近くで手本を見せてやれ」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました……」

 

 

 

 

 

 

 

 

ちんこから一旦離れ、

ヒビキくんのいる檻に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ほら、君もおいで……」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキくんの手を持ち、

再びちんこの前に戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ほら、舐めて……」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「そんな、僕できません……」

 

 

 

 

 

 

 

 

???「つべこべ言わずにさっさと舐めろ」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ほら……こうして……」ペロペロ

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「うぅっ……」ペロッ……

 

 

 

 

 

 

 

それを監督が真上から撮影します。

 

 

 

 

 

 

 

 

エロビデオ特有のこういう視点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「おーし、いいぞ。おい、

他の奴らも満足させてやれ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、ゴーグルマンAとBが

投入されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2人はゲイビデオ会社の社員です。

 

 

 

 

 

 

 

モブ竿役って感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

そして、それぞれ僕とヒビキくんを

二人に別れさせてフェラとかさせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「へっへっへっ、それじゃあ

新人にコイツの開発っぷりを

見せつけてやろうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

そういって、???が床に仰向けで

寝て、僕を呼びつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルマンBがヒビキくんに

フェラさせるのを一旦やめさせ、

その光景を見せつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「変態客にはこっちが好きなのも

いるからな。ほら、早くしろ」

 

 

 

 

 

 

パカッと足を開いたので、僕が

挿れるようです。

 

 

 

 

 

 

 

僕(調教される側が掘るの

違和感あるんじゃないかな……?)

 

 

 

 

 

 

 

まあ、監督のカットがかからないので

そのまま流れに応じて挿入します。

 

 

 

 

 

 

 

???「おっ、おっ、上手く

なったじゃないか~。だが、

これで終わりじゃないぞ。

……おい」

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルA「はい」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、僕が正上位で腰を振る

後ろからゴーグルマンAが

近付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(あー、そういうことか)

 

 

 

 

 

 

 

そのまま???に挿入している

僕にゴーグルマンAもちんこを

挿入してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「くっ……はぁ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

???「どうだぁ! 気持ちいいか!」

 

 

 

 

 

 

 

僕「気持ちいいです……!」

 

 

 

 

 

 

 

???「お前もとんだ変態に

成長したなぁ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態を絵にするとこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ワシの身体フル活用してんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(ウケも攻めもできる

僕にしかできない芸当だぜ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(うーん、こういうのマンガとかで

よく見るけど、実際は真ん中って

自分であんま動かないもんなんだな)

 

 

 

 

 

 

 

 

これは実際やってみて感じたことです。

 

 

 

 

 

 

どっちかっていうと、後ろから

突かれた勢いで前も前後してるという感じ。

 

 

 

 

 

 

自分が下手に動くと、前が

抜けそうになることを発見しました。

(コロンブスがアメリカ大陸を

発見した以来の大発見)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「こ、こんなこと

僕にはできません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「安心しろ、お前もすぐに

こいつみたいな変態に育てて

やるからなぁ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(なんだろう、この人……

まるで監督ではなくて、この人が

現場を取り仕切ってるみたいだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの現場とは違いました。

 

 

 

 

 

 

 

監督からの指示ではなく、その場で

調教役の???の動きで次のシーンが

決まっていくような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルA「ああ、そろそろイク……!」パコパコ

 

 

 

 

 

 

 

???「おらっ、お前も

そのまま俺のケツでイッちまえよ!」

 

 

 

 

 

 

 

???がそういったので、

僕は監督のほうをみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「……」ウンウン

 

 

 

 

 

 

 

 

頷いたので、どうやら

イッていいようです。

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルA「うっ……イク!」ドピュ

 

 

 

 

 

 

ゴーグルマンAが僕のお尻に

射精して離れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(よし、僕もこれで全力で

腰が触れる……!)

 

 

 

 

 

 

 

Aが射精した流れでそのまま僕も

カットを割らずに射精できたら

ビデオとしては完璧です。

 

 

 

 

 

 

僕「はぁ……はぁ……!」パコパコ

 

 

 

 

 

 

 

 

必死で腰を振ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「イキ……ます……!」

 

 

 

 

 

 

 

 

???「あぁ……! いいぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「イクッ……!」ドピュッ

 

 

 

 

 

 

 

 

やった。出た。

 

 

 

 

 

 

 

なんというかゲイビモデルとして

良い仕事をしたなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(見たか……ちんこは僕のほうが

小さくとも、こんな芸当簡単には

できまい)

 

 

 

 

 

 

 

 

演技を続けながら、心の中で

そんなことを思って???を

見下ろすと、彼は突然

こんなことをいい出したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(?!?!!!?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(いや、嘘だろ。さっきまで全然

シゴいたりしてなかったのに、そんな

急にイケるわけ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドピュッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(嘘……だろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ