ゲイビデオモデルからAV女優になった話10

→ゲイビデオモデルからAV女優になった話9

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

僕(ホントにイッたよ……てか、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカじゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(いやいやいや、すぐイケたのは

すごいけど、いまイッてどうするんだよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(このあとヒビキくん掘ったりとか

色々するのに、いまイッちゃダメでしょ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風に思った僕の考えを

この謎のゴーグルマンは易々と

飛び越えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「おらぁ、次はてめぇだぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういって立ち上がると???は

ヒビキくんを移動させて、檻に

手をつけさせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(ええ?! 休憩も無しに

ここからタチやるの?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「おら、入るぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「ああっ……!」ヌプッ

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(本当に勃って挿れてるよ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(しかも……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにその体位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(そんなの見たことねーよ。

……でも、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(あれならモデルの顔も見えるし

ちんこも、入ってるとこも見えるから

エロビデオ的にはめっちゃエロい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、僕にはできないなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキくんの柔軟性もありますが、

タチ側の圧倒的なちんこの長さも

必要ですし、筋力にも自信がなくては

できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「ああ、いいぜ、このままイキそうだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて?!?!????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(おいおいおいおい、

さっきイッたのに、また

射精する気か?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲイビデオでそんな人

見たことありません。

 

 

 

 

 

 

 

???「ああああ!!! 

イク!!!!!」ドピュッ

 

 

 

 

 

 

 

僕(本当にイッたよ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(一体、何者なんだ……この人)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「あ、僕もイ……ク……!」ドピュッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(2人ともイッたし、これで

終わりかな……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「まだ終わりじゃねぇぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうと、???は僕の前に

ヒビキくんを連れてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕にこんなことを

いうのです……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???「よーし、

今度はお前が

こいつを犯してやれ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕さっきイッたのに?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(2回連続なんて

やったことねーよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここで撮影を止めて

「できません」は僕も

プライドが許しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました……」

 

 

 

 

 

 

 

 

奴隷仲間の演技は続けつつ、

 

 

 

 

 

 

僕「ごめんね……」

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいいながら、急いでちんこを

シゴいて勃起させてから、

ヒビキくんに挿入します。

(この間10秒ほど)

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「ああっ……!」ヌプッ

 

 

 

 

 

 

 

僕「はあ……はあ……

ごめんね、ごめんね」ズコズコ

 

 

 

 

 

 

 

僕(……と、いいながら演技は

続けてるけど、ぶっちゃけ

お尻でイケる気がしない)

 

 

 

 

 

 

 

 

???「おらぁ、そのまま

そいつで射精してやれぇ!」

 

 

 

 

 

 

 

外野で???が煽ります。

 

 

 

 

 

 

 

僕(くっ……やっぱりこのまま

イけってことか……)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(どうする……イク振りして

カメラ止めてイキ待ち入るか……?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思って、一瞬カメラを

持つ朝倉監督のほうを見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(いや、だめだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(馬鹿野郎……自分自身が

自分の射精を疑い始めたら

終わりだろうがよ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対にイッてやる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はそこで腰の動きをMAXにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビキ「あっ……うぐっ」 パンパン

 

 

 

 

 

 

 

僕(イッたあとウケはお尻

辛くなるから、激しいのは

痛いだろうな……)

 

 

 

 

 

 

僕(でも……!)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(結局ここでダラダラ続くより早く

終わらせるのが結果的にウケにとっても

良いことを僕は知っている……!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「うおぉぉぉぉぉおお!!」ガンッガンッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は腰を激しく動かし続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん朝倉監督辺りは

いつもより射精が大変そうだ

とは気づいていたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(集中しろ……射精は

集中力が肝心……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(全集中の呼吸だ……!)

※当時鬼滅の刃はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、約五分後……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ああっ……! イクッ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドピュッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~撮影終了~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、スタッフから

拍手が起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「いやあ、

カオルくんさすがだねぇ!」パチパチ

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「アタシ何回か止めようかと

思ったけど、信じてたわ~」パチパチ

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ありがとうございます」ハア…ハア…

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(長男でなければ耐えられなかった……)

※当時鬼滅n(ry

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そんな賛美の言葉を

投げかけられる中、???の

ほうを見ますと……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_5155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで謎に

頷いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(だけど……、ちんこの機能としては

完全に僕の負けだったな……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……で、のちにこの

???の正体を僕は

知るんですが、なんと

この人……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だったんですよ……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ていうか……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ男優がなんでゲイビ出てるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、

だってね、プロ男優って一現場

五万とかもらえるんですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルマンなんか1万か

高くて3万じゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メリットなくね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにそれから数年後に

森林原人さんの同期であるAV男優の

しみけんさんにこの話をしますと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しみけん「あの頃の原人くんは

自分の可能性を模索してたんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、どこか遠い目をしながら

こういわれまして、僕は

思いましたね……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう意味?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな森林原人さんとは

数年後にAV業界で再会するのですが

それはまた次回以降のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ