ゲイビデオモデルからAV女優になった話12

→ゲイビデオモデルからAV女優になった話11

 

 

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

初めての本格女装撮影当日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「え? ホテル!?

え! ここで撮るんですか?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「今回は会社も

新しいビジネスとして、予算

多めに組んでるからねー」

 

 

 

 

 

 

 

 

AV撮影できるようなスタジオを

普段使ってないゲイビデオ会社でしたが、

それなりに一般AVクオリティを

目指そうという気概が感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルのロビーを通ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※こういう撮影はもちろん

ホテルの許可なんか取れないので

勝手にやります。

 

 

 

 

 

 

ちなみにいまはほとんど

できません、ユルい時代の話です。

 

 

 

 

 

 

 

部屋は最上階ではなかったですが、

わりと高層階ではありました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5193

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「わあー! こんな綺麗な部屋で

撮るんですか!? マジですか???」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「マジマジ。カオルちゃん落ち着いて」

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、そりゃテンションも上がりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

初めて出演した東京のゲイビデオ会社とは

違って、この会社はいつも同じマンションの

ワンルームで撮影してましたから。

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「じゃあ、みんな機材セットしといてー。

カオルちゃん、シャワー浴びたらメイクね。

メイクはアタシがやるから」

 

 

 

 

 

 

 

僕「え、朝倉さんが?」

 

 

 

 

 

 

朝倉「知らなかった? アタシ、

この会社入る前は元美容部員よ」

 

 

 

 

 

 

 

僕(意外な才能……)

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ、メイクして着替えて、

ウィッグをかぶって、撮影です。

 

 

 

 

 

まずはパッケージ写真から。

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「はーい、撮るよー。

すこしずつ表情変えてー」

 

 

 

 

 

 

僕(えーっと、写真撮影は

1ショットずつ顔の角度を

微妙に変えて……)

 

 

 

 

 

 

※一般人のときはもちろん

知りませんでしたが、基本的に

モデルでもタレントでも俳優でも

写真を撮られるときはこうします。

 

 

数百枚のボツ写真からベストな

角度、ポーズ、表情をあとで

選別するんですね。

 

ゲイビデオとはいえ、何十回も

写真を撮られてるので、僕も

撮られ慣れてはいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(にしても、今日のパッケージ

撮影はやたら長いなぁ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ゲイビデオでも本番前の

パッケージ撮影はあるのですが、

大体30分もかからないくらいで終わります。

 

ちなみに、一般のAVみたいに

めっちゃ修正かけたりもしません。

男性を映してるからか、綺麗過ぎるのも

ウケないという理由みたいです。

 

朝倉さんの言葉通り、初めての試みだから

気合入れて撮っていたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「お、いいね。

その表情。すごくかわいいよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(えっ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「そ、そうですかぁ~」ニヘラー

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「うん、最高。今度は

口すこし開けてみようか」

 

 

 

 

 

 

 

僕「こ、こうかな」パカッ

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「そうそう。いやー、

カオルちゃんは唇の形がいいから

すごくセクシーだね」

 

 

 

 

 

 

 

僕「え、えへへ……」ニヘラー

 

 

 

 

 

 

 

※撮影時にモデルを褒めちぎって

撮るのは、カメラマンの基本です。

 

ゲイビのパッケージでもそういうのは

ありましたが、普段は男性モデルだから

「カッコいい」とかはあっても、

「かわいい」と言われるのは新鮮で

嬉しかったのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなこんなで

パッケージ撮影を終え、

いざ本番。

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルマン「どうだい?

気持ちいいかい?」ハアハア

 

 

 

 

 

 

僕(っていっても、相手役は

ゴーグルマンなのがゲイビクオリティ……)

 

 

 

 

 

 

 

僕「うん……あんっ、

気持ちいい……!」ハアハア

(いつもより女っぽく喘ぐ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルマン「ホントに

女の子みたいだねぇ……

すごくかわいいよ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_5189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(くっ……普段絶対に

ゲイビデオでかけられることのない

言葉……嬉しい……)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルマン「ああ……俺イキそう……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「あっ、あっ、僕もイッちゃう~」ビクンビクン

(そういえば、このときから

「私」といったことなかった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……と、まあ、そんなこんなで

初めての女装撮影が終わりまして、

何日かに分けてまた撮影をして

五日くらいで一本が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

※本来普通のAVは一日で撮るのですが、

これはゲイビデオのやり方で撮ってました。

 (この中の1シーンで

「大島」という苗字が付いた)

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのときのギャラは全てが

1シーン5万円で、5シーンくらい

撮ったのでトータル25万の

稼ぎになりました。

 

 

 

 

 

ギャラも普段と比べると、

だいぶ多いので、本当に気合入れて

撮影してたんだなーと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そんなビッグプロジェクトを僕という

モデル1人で作品撮ろうとしたんだから

ずいぶん期待してくれたんだなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(僕もとうとう一般のAVデビューかあ)

 

 

 

 

 

 

 

 

……と、思っていたところ、ある日

朝倉さんから衝撃の内容が

告げられるのです。

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「……あの企画、ナシになっちゃった」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ええ?! なんでですか?」

 

 

 

 

 

 

朝倉「アタシも詳しい話は聞かされてないけど、

交渉が上手くいかなかったのか、クオリティに

満足しなかったのか、ともかく一般AVでは

出さないことになったみたい……」

 

 

 

 

 

 

僕(やっぱり、僕の女装クオリティが

低いせいなのかなぁ……あんなに経費

かけてみんながんばってたのに、

申し訳ないなぁ……)

 

 

 

 

 

 

しかし、もうギャラは支払われていますし、

撮影の経費も返ってはきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝倉「ま、大丈夫。結局発売しないのが

一番無駄になるし、うちの普段の

ゲイビデオ販売サイトで

売ることになったから」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ええ?! あの男しか映ってない

サイトで女装モノ売るんですか?!」

 

 

 

 

 

 

※繰り返しますが、ゲイの間で

「男好き」と「女装した男好き」は

明確に区別されます。

 

例えば、ゲイバーに女装した男性が

入ってきたら、「うち女装お断りです」

なんていわれることもあります。

 

ゲイの人によっては「女っぽいもの」を

見ただけで萎える人もいるので、僕は

このとき正直他の作品の売り上げにまで

影響を与えないか心配でした。

 

 

 

 

 

 

朝倉「大丈夫、大丈夫。意外とウケるかもよw」

 

 

 

 

 

 

 

僕(心配だなぁ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_5190

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、予想に反して

これがバカ売れしたんですよねぇ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ