ゲイビデオモデルからAV女優になった話15

→ゲイビデオモデルからAV女優になった話14

 

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

まあ、しかし、それも

そうといえばそうなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

初デビュー作というわけでもないし、

女装のクオリティもまだまだだし、

可能性を感じられなかったんでしょう。

 

 

 

 

 

で、なんの音沙汰もないまま、

マッサージ店でバイトする日々が

続きます。

 

 

 

 

 

僕(でも、なにか活動しないと)

 

 

 

 

 

そう思って、自分で仕事見つけて

大阪で芸人さんとかが出る

ちっちゃい舞台で一緒になって大喜利とか

やったりしてました。(なぜ?)

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

事務所の契約状況は女優さんによって様々。

 

僕は「自分でとってくる仕事は自分で管理」

「事務所でとってくる仕事は事務所を通して」

という感じだったので1人で動き回れました。

 

AVメーカーは基本会社としか契約を結ばないので、

フリーで自ら営業してAV出る女優はほぼいません。

(※自分の知り合いに1人いるけど、

その子は会社起こしてやっている)

 

 

 

 

ちなみにその売れてない時期、一緒に

舞台上がっていた素人さんがいま東京で

ジャンプ作家になってたりもします。

(人生ってわからないねー)

 

 

 

 

 

 

で、SNS等の更新も

かかしてなかったのですが、

ある日こんなことを思い付きます。

 

 

 

 

 

 

 

僕(そういや、いっつもSNSの

写メって服来て顔のアップとかよく

写してたけど、ぶっちゃけ僕男だから

上半身裸でも問題なくない?)

 

 

 

 

 

 

そんな発想で上半身を脱いだ

写真をツイッターに載せたのです。

 

 

 

 

 

 

それがこちら。

 

 

 

 

 

 

0

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、これが

顔と身体のギャップがすごいとか

なんとかでバスりまして……。

 

 

 

 

 

 

 

で、バズったことを電話で

酒井さんに報告したんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「いいですね。この話題で

もっかい営業かけてみますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

といわれて、待つこと一時間くらいで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「撮影決まりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、報告がきたんですねー。

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

本来あまり良い言葉ではありませんが、

「鳴り物入り」って

聞いたことあるでしょうか?

 

AVはこの鳴り物入りが

非常に多いです。

 

たとえば「元芸能人!がAV出演」とか

「元スチュワーデス!が初AV!」とか

聞くじゃないですか? ああいうのが

結構面談の印象で重要らしいですね。

 

なにも鳴り物がない女の子なら、

メーカーがお金と時間をかけて

作ることもあります。

 

業界の闇になるんで全部は書きませんが、

一度聞いた「鳴り物作り」ですごいなと

思ったのは、「一年間アダルトショップで

アルバイトとしてAV事務所の女の子を

働かせて、客の間で有名になったころに

『街のあの子がAVデビュー!』って

タイトルで一本撮ったって話ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(バズったから僕も

「ツイッターで話題のあの子」って

鳴り物ができたわけか……)

 

 

 

 

 

 

結果、面談を受けてから

3~4ヶ月経ったあと、落ちた

3社全部から敗者復活合格しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、やってくるのです……。

 

 

 

 

 

 

 

初の一般AV撮影デビューが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井さんに連れられて、早朝7時に

東京の初台の現場に連れていかれます。

 

 

 

 

 

酒井「薫ちゃんは大阪から来てるから

旅費とかを短縮するために、一週間で

次の面談と撮影まで全部こなすからね」

 

 

 

 

 

 

僕(ハ、ハード……)

 

 

 

 

 

 

※ここでハイパー愚痴タイムなんですが、

事務所は交通費しか出してくんなかったんですよ。

ホテル代とかは撮影のギャラとかから、僕が

自腹切って泊ってました。

 

出れるだけマシだーのハングリー精神でしたが、

まあ、僕も下手に出てしまっていたなと後悔。

 

 

 

 

 

 

スタジオの分厚い扉を

酒井さんが開きます。

 

 

 

 

 

 

酒井「おはようございまーす!」ガチャ

 

 

 

 

 

スタッフ全員「おはようございまーす!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(す、すごい人数……!20人くらいいる……!)

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

スタッフの人数は現場によって様々ですが、

大きい会社だと大体10~20人くらい

いたりします。

 

内訳はADが何人かと、カメラマン、

メイクさん(女優の数に応じて)、

音声さん、エキストラ(必要ならば)、

照明さん、監督、プロデューサーなどです。

 

ゲイビデオしかしらない僕は

エロビデオを作るのに、これだけの

スタッフがいることに感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「じゃ、大島ちゃんがんばって!」ダッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(え?! マネージャー帰るの?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

AV事務所はどこも少ない

マネージャーの数で女優の

管理をしているので、大体現場には

入れ込みだけして、別の女の子を

また別の現場に送ったりするので、

ずっとその場にはいません。

 

帰り送ってく事務所もありますが、

うちは入りだけで、帰りの迎えは

ありませんでしたし、そういう

事務所のほうが多い気がします。

 

なぜなら現場から

帰らない女優はいないけど、

現場に来ない女優はいるから

(ちょっと闇)

 

 

 

 

 

 

 

円山「あ、どうも。薫ちゃん、

髪の毛伸びたね、そっちのほうがいいよ」

 

 

 

 

 

大島「おはようございます!

え、あ……ありがとうございます!」ペコ

 

 

 

 

円山「うんうん、ちゃんとすっぴんで

来てくれたね。じゃあ、メイクさんとこ

案内するね」

 

 

 

 

 

大島(メイクさん……!)

 

 

 

 

 

~メイク室~

 

 

メイク担当「あ、おはようございまーす」

 

 

 

 

僕「お、おはようございます……」

 

 

 

 

メイク担当「では、こちら座ってくださーい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5214

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(プ、プロのメイクさん……!)ワクワク

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

AV現場のメイクさんと、たとえば

テレビ局のメイクさんに違いは

ありません。どちらも美容学校等を

出ていたり、師匠に弟子入りしたり

しています。

 

なんなら、AVも芸能人のメイクも

両方やってる人だっています。

(人によっては絶対にAV現場は

入らないという人もいますが……)

 

やはりメイクさんは女性が多く、

男性のメイクさんは珍しいです。

(男性はオネェの人もやっぱ多い)

 

 

 

 

 

 

 

 

~2時間後~

 

 

 

 

 

 

 

メイクさん「はーい、完成でーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(プロってすごい……!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円山「お、メイク終わったねー。

じゃあ、パッケージ写真撮るから

こっち来てー」

 

 

 

 

 

 

僕「は、はいっ!」

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「よろしくねー!」

 

 

 

 

 

 

 

円山「で、こんな感じのポーズと

こんな感じのポーズの三種類くらい

撮りたいんだけど……」

 

 

 

 

 

 

といって、円山さんが

スマホで見せてくれたのは

同人誌の表紙でした。

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

AVのパッケージも本の表紙も

縦長の構図で文字が入ってるので、

パロディーとかでもなく、同人誌とか

エロマンガの画像見せられて、

ポーズ指定されることはよくありました。

 

人間と絵なので、

まったく同じには

ならないですけどね。

 

AVも同人誌も見る人は

「あれ? このAVあの表紙に似てる!」

って気づくものもあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(えっと、こうしてスカートをめくって

勃起したおちんちんを突き出す感じで……)

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「勃起は仕込みにする?」

 

 

 

 

 

 

僕「あ、大丈夫です。すぐに勃たせます」

 

 

 

 

 

 

円山「すぐに……?」

 

 

 

 

 

 

~十秒後~

 

 

 

 

 

 

僕「はい、大丈夫です」ジャキーン

 

 

 

 

 

 

 

カメラマン「え……

円山「え……」

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

男の娘モノ、ニューハーフモノでは

勃起したおちんちんが写ってる

パッケージ写真が多いです。

 

まあ、それが見たい人が

買いますからね。

 

僕は自力で勃たせてましたが、

女性ホルモンなどで勃起が弱い

ニューハーフさんなどは、

ディルドーを付ける場合もあります。

 

どのみちモザイクの下では

わかりませんからね。

 

僕がわざわざ本当に勃たせていたのは、

ただの意地です。

 

 

 

 

 

とはいえ……。

 

 

 

 

 

~30分経過~

 

 

 

 

カメラマン「はーい、いいね、

かわいいよー。もっと口角あげてー。

いいね、セクシー」パシャ、パシャ

 

 

 

 

 

僕「……」←ポーズ中

 

 

 

 

 

 

 

~1時間経過~

 

 

 

 

 

カメラマン「どうですか?」

 

 

 

 

円山「うんうん、いいんだけど、

ちょっともう少しあおり気味でも

抑えといて」

 

 

 

 

 

僕「……」←ポーズ中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間勃起維持

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

これは男の娘モノに限らず、

AVのパケ撮りは2時間くらいは

余裕でやります。

 

どんだけ中身をしっかり作っても、

買う人はパッケージの表しか

見てないことが多く、むしろ

パッケージが全てみたいなとこあります。

 

円山さんはプロデューサーなのですが、

プロデューサーは作品の売れ行きの責任を

担ってるので、パケ撮影には必ず参加します。

 

そのあと本編は監督に任せて

帰る人も多いですね。

 

 

 

 

 

円山「うん、大体撮れてるね。

薫ちゃんお疲れ様」

 

 

 

 

 

 

僕「ふぅ……おつかれさまです」

 

 

 

 

 

 

円山「じゃあ、次は本編の撮影ね。

監督紹介するよ」

 

 

 

 

 

 

んー、これは名前伏せますが、

このとき監督をしたのはS1など

新人AV女優を綺麗に撮ることで有名な

元男優でもあるSさんでした。

 

 

 

 

 

 

円山「女優さん入られまーす!」

 

 

 

 

 

スタッフA「女優さん入られまーす」

 

 

 

 

 

スタッフB「女優さん入られまーす」

 

 

 

 

 

 

僕(女優……えへへ///)テレ

 

 

 

 

 

 

 

S「どうも、よろしくー」

 

 

 

 

 

僕「はい、よろしくお願いいたします」

 

 

 

 

 

 

S「さっそく質問があるんだけど……」

 

 

 

 

 

 

僕「?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「え、あはは……じゃあ、

超かわいくで……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S「オーケー。『超かわいく』入りまーす」

 

 

 

 

 

 

 

スタッフA「超かわいく入りまーす」

 

 

 

 

 

 

スタッフB「超かわいく入りまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(あはは……たぶん毎回いってんだろうな)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S「さて、じゃあ、

撮っていこうかな。

男優さんもう来てる?」

 

 

 

 

 

 

 

スタッフA「来てまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「今日の男優さん誰ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

S「ん? ああ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S「森林原人くんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出た

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ