ゲイビデオモデルからAV女優になった話16

→ゲイビデオモデルからAV女優になった話15

 

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

※ここから先は色々なAV男優さんや

AV女優さんの名前が出てきますが、

セカンドライフを考慮し、ご本人たちが

芸能引退などを宣言されたときには

あとからイニシャルなどに変えていきます。

 

名前がそのまま載ってる方は

現役かAV引退後も同じ名前で

なんらかの活動をしている

ということです。

 

応援してあげてね!

 

 

 

 

 

 

 

僕(森林原人さん……

数年ぶりの再会だなぁ……)

 

 

 

 

 

 

 

僕(僕もうアレからすっかり

見た目も変わって、森林さん

気づいてくれるかな)

 

 

 

 

 

 

僕(「大島くん綺麗になったね」

なんて言われたりして……)

 

 

 

 

 

 

 

僕(でへへ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフA「森林さん入られまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

森林「大島くん!」ダッ

 

 

 

 

 

 

 

僕「原人さん!」ニパッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(こっちに……)

 

 

 

 

 

 

 

僕(ま、まあ、きっと

AV業界にって意味だよな、

うん、そうに違いない……)

 

 

 

 

 

 

その後の絡みはまあ、普通に

よくある1対1のセックスでして、

 

 

 

 

 

 

 

森林「さあ、俺の上に跨るんだ……」

 

 

 

 

 

 

僕「うんっ……ああっ、大きい……」

 

 

 

 

 

 

 

 

的なのやって、

 

 

 

 

 

 

僕(やっぱ前のゲイビデオのときも

思ったけど、プロの男優さんのカラミって

監督や台本の指示っていうより、

男優さんが『導く』感じなんだな)

 

 

 

 

 

 

なんてことを思いました。

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

AVにもドラマや映画みたいに

台本などがある場合もあります。

 

ですが、体位の順番とか

プレイ内容をしっかり決めちゃうと

芝居じみて逆にエロくなくなるので、

 

基本的にエロシーンは女優と男優の

その場の空気感で決まっていきます。

 

だから、カメラや監督の指示も

女優と男優に合わせてリアルタイムに

変わるのがAVの撮影の特徴ですね。

 

 

 

 

 

 

S監督「おつかれさまー。じゃあ、

大島ちゃんシャワー浴びたら、

メイクルームにお願いねー」

 

 

 

 

僕「はーい」

 

 

 

 

 

僕(本当に一日で全部撮るんだな……)

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

ゲイビデオでは1日1カラミでしたが、

AVは一日で4カラミくらいを全部

撮ってしまいます。

 

昔は2日撮りとか、3日撮り等余裕もった

スケジュールが組めたらしいですが、

1日増えるとその分経費もかさむので

僕の時代は1日で撮れるなら、全部

1日で撮るのが主流になっていました。

 

世知辛い……。

 

 

 

 

 

 

 

~メイクルーム~

 

 

 

 

メイクさん「おつかれさまー。

撮影どうだった?」

 

 

 

 

 

僕「いやー、お尻

痛かったですー」

 

 

 

 

メイクさん「あはは、

森くん大きいもんね」

 

 

 

 

~AV豆知識~

 ぶっちゃけ現場で一番女優が

話す相手はメイクさんです。

 

撮影の合間毎にメイク直しが入り、

それも短時間ではないし、現場にいる

数少ない女性だからか、撮影の愚痴など

色々話過ぎてしまうことも多々。

 

ちなみに、昔メイクさんに男優と

付き合っている相談をして、それが元で

事務所にバレて怒られた女優さんが

過去にいました。

 

 

 

 

 

メイク「次、香盤表確認した?」

 

 

 

 

と、メイクさんは机の上の

表の書かれた紙を指しました。

 

 

 

 

僕「あ、見てみます」

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

 AV現場には香盤表というものがあります。

 

あ、ちなみに普通の

ドラマや映画でもありますね。

 

17:00 ○○さん入り

みたいに何時に誰が来るかを

書いているスケジュール表です。

 

一説には吉原で遊女が何時まで

そのお客さんに接客をするかを

お香の消える長さで計っていて、

そのお香を立てる木の板を

「香盤」と呼んでいたことから

由来しているみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

僕「あ、もう1人女優さんいるんだ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフA「北川エリカさん入られまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5312

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ美人……!

 

 

 

 

 

 

 

僕(はえー、本物のAV女優やぁ~

めっちゃ綺麗~)

 

 

 

 

 

S「エリカちゃん、久しぶり。シャワーのあと

メイクしようか。バスローブあるから、

向こうの部屋で着替えておいでー」

 

 

 

 

 

 

北川「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5313

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?!?!!!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S「あはは……じゃあ、よろしくー」

 

 

 

 

 

 

僕(か、かっこいい……!)

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

AV女優さんはなんというか、

肝が据わってるというか……。

 

AV現場では着替えなど

むしろ周りの監督や

男性スタッフのほうが遠慮がち

なのですが、女優さん自らが

ズパパーンと脱いだりして、

みんなが焦る光景によく出くわします。

 

北川さんのそのときの

脱ぎっぷりが、めっちゃ

かっこよかったです。

 

 

 

 

 

で、メイクが終わりまして、

 

 

 

 

 

 

S「じゃあ、いまから

森くんとエリカちゃんと

薫ちゃんともう1人男優さんを

入れて4Pを撮るから」

 

 

 

 

 

 

僕(4P……!)

 

 

 

 

 

僕(森林さんともう1人は

誰だろう……?)

 

 

 

 

 

 

 

スタッフA「黒田悠斗さん入られまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

ここのAV男優のランク話は

ちょっと詳しい方なら知ってると

思うので、そういう人は読み飛ばして

いただいても構いません。

 

AV男優はまず汁男優から

ステップアップするんですが、

正確には汁男優ではまだ業界的に

『男優』とは呼ばれません。

 

その後カラミができてようやく

「男優」扱いを受けるのですが、

さらに男優としてその上の評価を

受けると「トップ男優」と呼ばれます。

(森林さんと黒田さんはその中でも

トップ男優さん)

 

この男優と呼ばれる人数は

AV女優一万人といわれるのに対し、

わずか70人しかおりません。

 

そんな叩き上げの厳しい世界なので、

僕が頑なに自分のこと男性でも

「AV女優」と呼んでいたのは、

そういう理由でもあります。

(普通にAVの立場的に

女優側ってだけもあるけど)

 

とにかく、僕は男だけど

AV女優だったんです。

 

ホントに。

 

 

 

 

僕「よ……よろしくお願いします!」

 

 

 

 

 

黒田「お、君が噂の!

よろしくねー」

 

 

 

 

 

僕「はい!(噂の……?)」

 

 

 

 

S「はい、じゃあ、みんな聞いてー。

今回はデビューではないけど、

薫ちゃんのデビュー作的な

雰囲気で撮りたいから、

女優も男優もベテラン勢を

集めました。しっかりリードして

あげてくださいね」

 

 

 

 

 

僕(そうなのか……!)

 

 

 

 

 

S「必須で撮りたい画はいくつかあって、

やっぱり女装男子がいるんだから、

四人が一斉に繋がってる

四連結は撮りたいね」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(大人の電車ごっこかな)

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田「監督! 質問があります」

 

 

 

 

 

 

S「はい、どうぞ」

 

 

 

 

 

 

 

黒田「まず、北川さんは女性だから

挿入される役だけとして、そこに

大島くんが挿れるじゃないですか?

で、そこに原人くんが挿れて……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田「僕は原人くんに

ちんこを挿れれば

いいですか?」(真顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「( ;゚;ж;゚;)゙;`;:゙;;゚;ブッ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S「それはイヤだなぁ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(あぶなっ、思わず噴いたわ。

監督も真面目に返すのか……)プルプル

 

 

 

 

 

 

S「北川さんには森くんが挿れて

森くんに薫ちゃんが挿れて、

薫ちゃんに黒田くんが挿れる。

そしたら、女→男→女→男の

組み合わせになるから、基本

全員で繋がるときはそれで」

 

 

 

 

 

 

黒田「わかりました……」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(なんで

ちょっと残念そうなんだ……)

 

 

 

 

 

 

 

S「で、基本的に1人余ったり

させたくないから、そこは

みんなプロだからわかると

思うけど、例えばエリカちゃんと

薫ちゃんが絡んでる場合は、

他の男優は薫ちゃんに

挿入したり、エリカちゃんに

フェラさせたりしてね」

 

 

 

 

 

 

黒田「なるほど。じゃあ、

エリカちゃんに薫ちゃんが

フェラさせてるときは

薫ちゃんのを原人くんが

フェラしたりして、僕は……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田「僕は原人くんの

ちんこをフェラチオすれば

いいですか?」(真顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(くっ……ダメだ。

笑うな。耐えろ、僕)プルプル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S「それもイヤだなぁ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「( ;゚;ж;゚;)゙;`;:゙;;゚;ブッ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

なんというかカメラ回ってないとこでの

AV現場はこんな感じです。

 

大昔はそれこそ『借金のカタに』的な

同意はしてるけどホントは出たくない女性

とかもいたので、長く男優さんやってる方は

冗談をいったり、褒めたり、なんとかして

女優さんのテンションをあげようとする人が

結構います。

 

 

 

 

 

 

 

S「基本的に男(の見た目)同士が

絡まないように、気を付けて」

 

 

 

 

 

 

一同「はい」

 

 

 

 

 

 

 

僕(みんなベテランっていわれて

緊張してたけど、こんな空気なら

僕もリラックスしてできそうだな……)

 

 

 

 

 

 

僕(他の人にリードしてくれって

監督がいってたし、きっと

いわれた通りにしてれば大丈夫だろう)

 

 

 

 

 

 

そして、撮影が始まりました。

 

 

 

 

 

森林「おらおらー」グチュグチュ

 

 

 

 

 

 

 

北川「あっ、あっ、あー!」ジョバー

 

 

 

 

 

 

僕(すごい、初めてナマの

潮吹きを見た……!)

 

 

 

 

 

黒田「ほら、君も咥えてごらん」

 

 

 

 

 

僕「あ……はい……わ、

おっきい……」

 

 

 

 

 

……ってな感じで、

撮影が続いていまして、

 

 

 

 

 

 

僕(愛撫とかフェラとか撮り終わったし、

そろそろ四連結かな……)

 

 

 

 

 

 

 

と、僕が思ってたとき、突然

森林さんが僕のほうにお尻を

持ってきたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森林「俺に挿れろー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、森さんが挿入される

シーンから始まるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(そりゃ原人さんが

アナルできるのは知ってるけど、

ほぐしもなにもしてないし……)

 

 

 

 

 

 

僕(でも、撮影を止めるわけに

いかないし、きっと大丈夫なんだろう)

 

 

 

 

 

 

僕「……挿れるね」ズリュ

 

 

 

 

 

 

そしたらね、森林さん

こういうんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森林「痛い!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、なぜチャレンジした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(そ、そりゃそうだ)

 

 

 

 

 

 

 

で、その場では一度ちんちんを抜き、

そのあとは普通に四連結とかできたん

ですが、途中カットがかかったんですね。

 

 

 

 

 

S「はい、カット。ごめんね、ちょっとここ

広角で撮りたいから、レンズ変えさせて」

 

 

 

 

 

一同「はーい」

 

 

 

 

 

 

 

僕(ふぅ……さすがに四人での

プレイはハードだなぁ……)

 

 

 

 

 

僕(おっと、次にカメラ回ったとき

萎えてないように、軽くちんちん

弄っておかないと)

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

……というか、僕豆知識か?

 

僕はゲイビデオ時代からこうして、

カメラが回ってない間も自分で

男性器を触って勃起を維持するように

していました。

 

理由は画的に

「ずっと勃ってるほうがエロいから」

あと実用的に

「すぐ挿れたり射精できるように」

というような考えからだったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたらね、そんな僕の後ろで

黒田さんと原人さんが2人で

にこやかな目で見つめてるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5309

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田「いやー、原人くんに

聞いてた通りですな」

 

 

 

 

 

 

原人「そうなんですよ。

彼はすごいんですよ」

 

 

 

 

 

黒田「この姿を仕事のできない

三万男優にも見せてやりたいですな」

※三万男優とはカラミだけできる男優のこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか次世代を担う

若き男優的な目線で見られてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(違う……僕は女優、

あくまで女優……)イジイジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(あと貴方たちみたいな

化け物級の射精力と勃起力は

さすがに僕にはない!)

(こっちが一番の理由かも)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

ホントにトップ男優という

人たちはすごいんです。

 

AV引退後にしみけんさんと

お会いしましたが、しみけんさんと

森林さんは同期(黒田さんも)で、2人とも

無限に射精する「無限射精」という

技が使えます(なんだそれ)

 

そんなトップ男優のお二人から

誉められたのは光栄ですが、

ちょっと僕には荷が重いです。

 

 

 

 

 

 

で、そんなAV業界の二大巨頭ならぬ、

二大巨根

に見守られながら、その後

撮影が再開し、

 

 

 

 

 

 

僕「あ、僕イッちゃう……!」ドピュ

 

 

 

 

 

 

という感じで、終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

僕(射精2回目……

あと2シーン……)フラフラ

 

 

 

 

 

 

 

森林「じゃ、俺と黒田くんは

ここまでだから。大島くん、またね」

 

 

 

 

 

北川「私もこのシーンだけだ。

おつかれさまー。これからも

がんばってねー」

 

 

 

 

 

 

 

僕「あ、そうなんですか。はい、

ありがとうございました!」

 

 

 

 

 

 

そんで、原人さんが

最後に現場去る前に

僕のほう見て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり僕、

新人男優だと思われてない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ