エロい人妻に会いに山を越えた話2

→エロい人妻に会いに山を越えた話

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで

自転車に跨り、山越えを決意したボク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロい人妻に会うために!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図を確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら高槻からは

寝屋川から奈良へ向かうことができるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その距離約37km

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ? 意外とイケんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(道わかんねーから、

とりあえずひたすら国道沿いを進もう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体4km地点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「ここらへんになってくると

あんまり自転車で来たことない場所になるなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体6km地点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「あー、高速の近くだからかな。

車ばっかりで自転車で走ってる人

全然見当たらないや」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体8km地点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここで前方に何か見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピピー!

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「はーい、そこのキミ止まってー」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(おっ?)

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「ごめんねー。最近自転車の盗難が多いから

防犯登録だけ確認させてもらえる?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「はーい(急いでるのに……)」

 

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさんがナンバーを確認して

無線で調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「はーい。ご協力ありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「いえいえ、(あ、ついでに

この人に道の確認しとこ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「あのー、ちょっと道お伺いしてもいいですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「ん? はいはい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「奈良に行きたいんですけど……」

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「え、奈良?!」←こいつ正気か?という顔

 

 

 

 

 

 

 

ボク「はい、この道真っすぐでいいですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「いや、たしかにこの道で

合ってはいるけど……自転車で行くの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「はい」

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「なんで?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロい人妻に会いにです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いえるわけもなく……。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「いや、まあ、ちょっと、節約で……」

 

 

 

 

 

 

 

 

お巡りさん「うーん、まあ、でも

暗くなったりしたら危ないから

早めに帰るんだよ」

 

 

 

 

 

 

ボク「はーい」ソソクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ、お巡りさんに道も確認したボクは

迷うことなく奈良を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

大体15km地点。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「すっかり夕方になってきたなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出たのが昼過ぎだったので

辺りもずいぶん日が暮れてきていました。

 

 

 

 

 

 

 

大体20km地点

 

 

 

 

 

 

 

ボク「……」ハァハァ

 

 

 

 

 

 

ボク(お、おかしいな……

37km程度でこ、こんなに

時間がかかるなんて……)ハァハァ

 

 

 

 

 

 

 

そのときボクは自転車で走る場合は

単純な距離の計算では参考にならないことを

痛感していました。

 

 

 

 

 

 

ボクの当時住んでいた高槻という地域は

わりと山が多い場所で、町から町に移動する度

大なり小なり必ず坂道を越えることになります。

 

 

 

 

 

 

 

小高い坂を登ればまた坂道、

大きな坂道のあとにまた坂道。

 

 

 

 

 

 

 

 

直線でいけば数分で抜けられる道も

通過に二倍ほどの時間を要しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(で、でも、この道の先に

みゆきさんが待っているんだ……)ハァハァ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなボクの憔悴しきった心を支えていたのは

何よりエロい人妻とHがシたいという

その一心だけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精魂尽き果てようとも

男根突いて果てたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、とうとう見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「こ、これが……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生駒山(たぶん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「この山を越えた先が奈良

そして……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロい人妻の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「うおぉぉぉぉぉぉぉおおお!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは最後の力を振り絞って

自転車を漕ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

もう辺りはすっかり真っ暗です。

 

 

 

 

 

 

 

峠を暴走族が通り過ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

その横を自転車が通り過ぎます。

 

 

 

 

 

 

ワオーン!

 

 

 

 

 

 

 

どこからか犬なのか狼なのか

何の動物か知れない咆哮が響き渡りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな獣の叫び、

エロい人妻の喘ぎ声でかき消してやろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはエロい人妻と

肉欲にまみれた淫猥な時間を過ごすのだ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの間にかボクの目には

うっすらと涙が浮かんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「クソッ……! クソッ……!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無心で自転車を漕ぐボクの頭を

受験勉強の日々が通り過ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術展で賞を取ったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の彼女と別れたこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手な英語と数学に

齧りついて勉強したこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画塾で講師に酷評された日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「クソッ……! 全部台無しだ……!」

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車を漕ぎます。

 

 

 

 

 

 

ボク「この憂さを全部人妻の中に吐きだしてやる……ッ!」

 

 

 

 

 

 

 

ガサッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付けば、ボクは山の山頂に付いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「……」ハァハァ

 

 

 

 

 

 

 

何かが下のほうで光っています。

 

 

 

 

 

 

 

ボクはそれを覗き込もうと

ガードレールから身を乗り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「……え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

それはいままで

ボクが通って来た町の夜景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに前に進んでいないと思っていても

どれだけ何も変わっていないと思っても

ボクは確実にこの道を歩んで来たのだなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにつまらなく薄汚れた世界で

まだこんなに綺麗なものはあるのだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ボク「うっ……ううっ……」グスッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一度

前へ進もう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不器用でも、

遠回りでも

確実に。

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩、また一歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだボクは終わってなんかいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって世界は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにも美しいのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ