ハッテン場の話

machi

 

 

 

 

 

 

 

大島薫です。

 

 

 

 

最近ツイッターではホモの話しかしていません。

 

 

 

 

 

大体ボクのブログというのは、過去日常で起こった

面白い話を取り上げているのですが、

たまにはブログでもホモの話をしてみようかと思い、

今回はこんなお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

色々なハッテン場の話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで頭おかしいテーマですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、まあ、当然ハッテン場というのは

女人禁制なわけでして、なかなか

そういった場所の構造を見ることもないと思い、

今回取り上げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、日本のアンダーグラウンド

ハッテン場について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料ハッテン場

_________________________

 

IMG_1677

 

 

 

 

 

いや、無料っていうか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人たちが勝手にそこで

サカッてるだけなんですけどね!

 

 

 

 

 

 

 

大体こういう公園などが

ハッテン場になっているところは

謎の団体とかが

 

 

 

 

 

 

「よし、ここをハッテン場にしよう」

 

 

 

 

 

 

 

とか言って作ってるわけではなく、

例えばネット掲示板などで

「〇〇公園で×時に来れる人いないスか?」等の

書き込みを誰かがし、それを見た別の人が

「〇〇公園ってハッテンできるんだー」と思い、

徐々に人が集まって来て自然発生的に生まれるのが最初です。

 

 

 

 

 

 

もちろんシャワー等があるわけもなく、

衛生面的にはあまり良いとはいえません。

 

 

 

 

 

 

 

あと、通報されるリスクもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、別にボクは野外ハッテンを

推奨しているわけではないので、あしからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

有料ハッテン場

_________________________

 

 IMG_1678

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、これは通報されないのかというと、

限りなく黒に近いグレーゾーンです。

 

 

 

 

 

 

 

お店的には一応

「認知していない」というスタンスで

サウナ内で客同士が勝手にやっている

ということになっているということですね。

 

 

 

 

 

 

その割には

受付でしっかり

ローションとゴムを渡してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、有料ハッテン場には

どんな種類があるのか見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サウナ型

_________________________

 

 IMG_1681

 

 

 

 

 

これは聞いたことのある方も

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

スーパー銭湯型の大型ハッテン場で

24時間営業が基本です。

 

 

 

 

 

 

宿泊も可能で

大体宿泊だと料金は

 

大部屋 3000円(20時間)

個室  3500円(20時間)

 

というのが相場ですね。

 

 

 

 

 

 

 

安い!!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

「こんなに安かったら、間違えて

ノンケが入っちゃうんじゃないの?」

という疑問もあるかと思いますが、

 

 

そういったトラブルを避けるため、こういった

ハッテンサウナの入口には

「会員制」と書かれています。

 

 

 

 

 

 

本当に何かの会員にならないといけない

というわけではなく、これはつまり

「ゲイ専用」ですよということを暗に表しているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルージングスペース

_________________________

 

 IMG_1682

 

 

 

 

 

こちらはもっとより

ハッテンをメインにした場所ですね。

 

 

 

 

 

サウナタイプの大部屋だけを

お店にしたようなハッテンスペースです。

 

 

 

 

料金は大体

1500~2000円(14時間)

くらいですね。

 

 

 

 

 

24時間営業ではないので

泊まれない分、サウナより

料金はちょっとお安めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、クルージングは

英語圏でハッテン好意を意味する

「en:Cruising」 からきているそうです。

 

 

 

 

 

 

こういったハッテンメインの

クルージングスペースでは

お店によってコンセプトが異なり

 

 

 

 

 

 

ジャニ系推奨店や、

熊系推奨店、ガタイ系推奨店など

好みや、自分のタイプによって行くお店を

選ぶことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

若い子ばかりのジャニ系推奨店に

ヒゲ、デブの熊系の人がいくと

入店をお断りされるなんてこともあったり……。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにお店のコンセプトに合った人がくると

割引が受けられたりもします。

 

 

 

 

 

 

 

イケメン割

 

 

 

 

 

 

ヒゲ割

 

 

 

 

 

 

 

 

デカチン割

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、デカチン割を受けたい人は

受付の人にちんこを見せて

定規で計ってもらうことになります。

 

 

 

 

 

 

非常にシュールな光景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネカフェ型

_________________________

 

 IMG_1683

 

 

 

 

 

 

特殊型のハッテン場の一例ですね。

 

 

 

 

 

これも普通のネカフェが

そうなっているわけではなく、

あくまでゲイ専用です。

 

 

 

 

 

 

 

料金は大体

1500円(時間制限なし)

で、普通のネカフェと同じように

ソフトドリンク飲み放題といった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンケの方でもたまに

ネカフェでAVなんか見て

 

「あ~、いま机の下から誰か現れて

ちんこしゃぶってくれねーかな~」

 

なんてことを考えたことのある人が

いるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが現実になります。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ネカフェ型は

サラリーマン好きの方が集まるようで

スーツ姿の人がちらほらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオボックス型

_________________________

 

 IMG_1684

 

 

 

 

 

 

個人的に

面白いなーと思った

ハッテン場の形第1位です。

 

 

 

 

 

 

ノンケの方が利用する試写室が一般的ですが

そちらの場合は

 

AVを選ぶ

受付

個室に入る(鍵をかける)

ヌく

 

というものが一般的ですよね。

 

 

 

 

 

 

これにもゲイ専用があります。

 

 

 

 

 

 

 

ここではガラス張りの個室が

円形に配置されていて

そこでみんな1人でヌくわけですが

当然外から丸見えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、タイプの人がいると、

個室を出て、その人のBOXへ

入って行くってわけですね。

 

 

 

 

 

料金は

1500円(10時間)

ぐらい。

 

 

 

 

 

 

 

客層はこちらも

サラリーマンが多いようです。

 

 

 

 

 

ビデオBOX型もネカフェ型も

ノンケと同じくサラリーマンが多いというのが

面白いところです(スーツコスってパターンもあるけど)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サロン型

_________________________

 

 IMG_1685

 

 

 

 

 

さて、ここまでゲイのハッテン場を紹介しましたが

女装について触れてなかったので

最後に女装のハッテン場について

解説したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

女装の場合はニューハーフさんなどとは違って

普段は男性として生活している人も多いですから

着替える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

そのため概ね女装のハッテン場というのは

女装サロンも兼ねていることが多いです。

 

 

 

 

 

 

メイクをしたことのない人に

スタッフさんがメイクをしてくたり、

洋服のレンタルサービス等もあります。

 

 

 

 

 

 

料金は

2500円(10時間)

くらいでしょうか。

 

 

 

 

 

メイクをしてもらいたい人(+1000円)

洋服をレンタルしたい人(+2000円)

など、オプションでお金がかかるといった感じですね。

 

 

 

 

 

 

で、綺麗にメイクをしてもらって

BARスペースで飲んで、男性からの

声がかかるのを待つ……と。

 

 

 

 

 

 

メイク付き

 

 

 

 

 

ドリンク付き

 

 

 

 

 

男付き

 

 

 

 

 

 

といった具合ですね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、家族がいて女装ができない人のために

自分の衣装をロッカーで預かってくれる

サービスなどもあり、こっそり女装をしたい

サラリーマンや学生にはありがたいお店なのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 


_________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、

ザッと紹介してみましたが

この他にもハッテン場は色々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

SMバー型や、銭湯、

映画館なんかもそうですよね。

 

 

 

 

 

 

また機会があれば

紹介しきれなかった別のハッテン場について

解説してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ