マルチ商法に誘われた話

写真 (26)

 

 

 

 

大島薫です。

 

 

 

 

 

 

ボクが昔有名ブラック企業に勤めていたことは

皆さんご存知かと思いますが

某有名ブラック企業に就職して新人研修合宿に行った話参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は会社を辞めた

その後日談を話してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

子会社が潰れたあと、出向していた全社員は

次の配属先が決まるまで自宅待機を命ぜられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(給料は一応出るからいいけど

自宅待機ってのも妙に焦るよなー)

 

 

 

 

 

 

すると、同じように待機をしているはずの

先輩社員のAさんから携帯に電話がかかってきました。

 

 

 

 

 

 

社員A「おっ、元気ー?」

 

 

 

 

 

 

 

Aさんは社内の営業成績は中間くらいで

怒られることも、目立つこともあまりなく

上手く立ち回っているようなタイプの人でした。

 

 

 

 

 

他の社員からの印象も悪くはないので

ボクもわりとよく話していた記憶があります。

 

 

 

 

 

 

ボク「いやー、どうもこうもないですよー。

がんばってやっていこうと思って入社した矢先

まさか自宅待機なんて……」

 

 

 

 

 

 

社員A「あっはっは。だなー。

次の配属先とか希望あんの?

 

 

 

 

 

 

ボク「なんかこうやりがいのある仕事がいいっすねー。

バリバリ働いてバリバリ稼げるような!」

 

 

 

 

 

社員A「あるよ」

 

 

 

 

 

 

ボク「そうなんすよねー。

だから、これ――えっ!!あるんすか?!

 

 

 

 

 

 

社員A「ああ、うん。俺の知り合いが社長やっててさ

そいつンとこいま社員募集してるみたいだし、

よかったら紹介してやろうか?」

 

 

 

 

 

 

ボク「え、マジっすか! 紹介してください!」

 

 

 

 

 

社員A「んじゃ、〇月〇日に××駅で

そいつんとこの説明会があるから来なよ」

 

 

 

 

 

 

ボク「行きます行きます! ……あ、でも、

人事から自宅待機中は自宅にいろって」

 

 

 

 

 

社員A「バレることたぁねぇって。どの社員もそんなの

真面目に守ってる奴なんかいねぇよ。電話とかだけ

ちゃんと出れば問題ないだろ」

 

 

 

 

 

 

ボク「う、うん……そうですよね!

どうせヒマだし、もし、配属先が見つからなかったら

他の会社も考えなきゃいけないですしね。行きます!」

 

 

 

 

 

 

 

と、こうしてボクは先輩社員に誘われて

その友人だという経営者の説明会に参加することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~当日~

 

 

 

 

 

 

 

 

社員A「あ、大島くん、こっちこっち」

 

 

 

 

 

 

駅に着くと、Aさんが

声をかけてきました。

 

 

 

 

 

 

社員A「すぐ近くのレンタル会議室が会場だから」

 

 

 

 

 

 

 

ボク「そうなんですか!

(ん? 自分とこのオフィスとかじゃないんだ)」

 

 

 

 

 

 

 

社員A「ここだよー」

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩に案内された建物は

××駅のすぐ近場にある商業ビルでした。

 

 

 

 

 

 

 

一般の企業のオフィス以外に

いくつかの部屋をレンタルルームとして

貸し出しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

案内された階に着くと、それっぽい部屋の前で

私服姿の女性が長机を使って受付を行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

社員A「Aです」

 

 

 

 

 

 

女性「承っております。中へどうぞ」

 

 

 

 

 

 

部屋の中に入っていく先輩。

 

 

 

 

 

 

ボクも先輩に倣って

受付の女性に名乗りました。

 

 

 

 

 

ボク「大島です。Aさんの紹介で……」

 

 

 

 

 

 

女性「あ、初参加の方ですね。では、こちらの

パンフレットと、受講料2000円頂戴いたします」

 

 

 

 

 

 

 

 

え、金取るの?!

 

 

 

 

 

 

 

先輩を見ましたが、

すでに部屋の奥まで入っていて

選択肢はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「は、はい……」

 

 

 

 

 

 

ボクは2000円を払い、

パンフレットを受け取ると、

部屋の中に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

部屋の中はいくつかの

机と椅子が並んでおり、

見た目は塾の教師のようになっています。

 

 

 

 

 

Aさんは後ろのほうの席に座っていました。

 

 

 

 

 

 

ボクもAさんの隣の席に座ろうとすると

 

 

 

 

 

 

社員A「あ、大島くん、初参加なんだから

前行きなよ、前」

 

 

 

 

 

 

ボク「え?」

 

 

 

 

 

社員A「普段はさー、1回1万円くらい取られる

セミナーをほとんどタダで聴けるんだから

前行かなきゃ損だよ」

 

 

 

 

 

 

 

ボク「は、はあ……」

 

 

 

 

 

 

そう先輩に促され、

渋々1人で前の席に座ります。

 

 

 

 

 

 

ボク(前のほうの席は数人ポツポツといるなぁ……)

 

 

 

 

 

 

 

前の座席には数人スーツの男女がいました。

 

 

 

 

 

 

中には私服の人もいます。

 

 

 

 

 

 

ボク(説明会って聞いてたのに、

ずいぶんラフな感じなんだな)

 

 

 

 

 

 

しばらくして、部屋の扉を開けて

30代後半くらいのスーツを着た男性が入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

男性は教卓のような配置になっている

一番前に出ると、開口一番こう言い放ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_1634

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場「うぉぉぉぉおおお!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(えっ……えっ、えっ……なんだこれ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「私はあるチャンスを掴み、

ポルシェを買いました」

 

 

 

 

 

 

 

 

会場「ヒュー!ヒュー!」パチパチパチパチ←鳴りやまない拍手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、そんな盛り上がるところ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「そうだ。今日は何人か

初参加の方もいるんでしたね。

ちょっと自己紹介していただきましょうか」

 

 

 

 

 

 

 

ボク(えっ、えっ、自己紹介……?)

 

 

 

 

 

 

講師「では、端っこにいる男性から順番に」

 

 

 

 

 

そういわれ、窓際に座っていた若者に視線が集まります。

 

 

 

 

 

 

若者「え、えっと……」

 

 

 

 

 

 

講師「ほら、立って立って!」

 

 

 

 

 

講師に促され、

立つ若者。

 

 

 

 

 

 

若者「え、えっと、〇〇です」

 

 

 

 

 

 

講師「〇〇さん! では、〇〇さんに質問です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「〇〇さんはお金が好きですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の大声に

会場の視線が一気に集まります。

 

 

 

 

 

 

若者「え、え……あ、はい」

 

 

 

 

 

 

 

会場「ヒュー!ヒュー!」パチパチパチパチ

 

 

 

 

 

 

 

ボク(ていうか、この空気で

嫌いっていうやついないだろ……)

 

 

 

 

 

 

 

講師「では、次の方」

 

 

 

 

 

 

 

そう言って次々と初参加者を立たせ、

自己紹介の後に同じ質問を繰り返す講師。

 

 

 

 

 

ボクの番がやってきました。

 

 

 

 

 

 

ボク「お、お金はす、好きです……」

 

 

 

 

 

 

会場「ヒュー!ヒュー!いいぞー!」パチパチパチパチ

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「へ、へへへ……////」

 

 

 

 

 

 

 

そうして、全ての自己紹介が終わり、

再び講師は教卓に戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

講師「いやー!今回の参加者の皆さんは

大変優秀でスバラスィ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「世の中で一番大切なものをわかっている!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「いいですか、皆さん!!」ドン

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「お金があればなんでもできる!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場「うぉぉぉおおおおお!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ホントなんだこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「でも、お金で買えないものもあるよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

会場「えー? なんだなんだ」ザワ…ザワ…

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「それは健康なんだよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「お金がいくらあろうとも

病気になっちゃ意味がないよね」

 

 

 

 

 

 

 

会場「うん、うん!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「私がそのことに気付いたのはつい最近でした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「それまでは酒もやるわ、タバコもやるわ

本当に不摂生でした!」

 

 

 

 

 

 

 

講師「でも、いまはこんなに健康!

お医者さんにも褒められるくらいです」

 

 

 

 

 

 

 

会場「うぉぉぉぉおおおお!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「今日はさ、そんないいものを

みんなに紹介するようなつもりで来てるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

講師「今日来れた人は明日から変われる!

そんな気持ちでまずはこのビデオを観てよ」

 

 

 

 

 

 

 

会場「やったぁぁぁああああああ!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(ヤバイ……ヤバイところへ来てしまった……)ガクガクガクガク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ