世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
奥田健次(行動分析学者)Xアマゾン
記事

雑誌『JAPAN CLASS』に掲載されています!

パートタイム教授、奥田健次です(^^)

大学を超早期退職して、客員教授とか非常勤のみにしています。西軽井沢の廃校5,000坪を買い取って、そこで幼稚園設置準備中。

さて、今月から雑誌や新聞などあちこちに記事が載る予定であることをお知らせしていました。

まずは東邦出版から依頼されて書いた記事が『JAPAN CLASS』という雑誌に数ページにわたって掲載されています。

非常に面白い企画で「日本人が知らない日本のすごいところ」をテーマに掲げているそうです。

で、自分が担当したのはどういう内容か?

日本国内そして海外をグルグルと回って臨床活動やっている、その専門の内容についてお願いされたのでしょうか?

違います。

『アナ雪』です。

映画『アナと雪の女王』について、過去このブログでさらさらっと書いたこと(『ANAでアナと雪の女王』)が好評だったらしく、編集部から正式なオファーがありました。「ほとんど同じ内容で良いですから」と。

「だったら、まあいいや」


そう思ったのです。

〽アナ雪をかたろう♪

そう歌ったのです。

ところが、いざ書こうと思ってブログのままの骨組みで出してやろうと思ったのですが、何となく気が進まない。

それで、仕方がないので今回の雑誌用にイチから書き直すことにしてみたのです。

そしたら筆が止まったのよね。

そりゃ、そんときは正直ゾッとしたよ((((;゚Д゚)))))))

おれ、専門外やし書けないんちゃうかなって。

ところがしばらく考えてから書き始めたら、なぜだかどんどん文章が出てくる出てくる。その時期、死ぬほど忙しくて睡眠時間も1日2、3時間しかなくて、体調もボロボロでしたが。

それでね、まあざっと言えば「なぜ、松たか子が歌ったレリゴーは、世界から評価されているのか?」というのが依頼されたテーマなのね。

ブログのほうでは、本当にさらりと書きましたが。やはり本となると、文献も調べます。

それで心当たりのある『言語行動』の論文や、日本語の構造の本なども読みました。時間のない中、海外の文献や資料も探して参考にしました。

「どうせ専門外なんやし、楽しく、面白おかしく、書いてやろう」と思っていましたが、仕上がってみたら何と発達障害に関する考察も自然に触れることができたのです。

それで書き終えてから読み返してみたら、まあ久しぶりに自分の書いた文章に「200点」くらい付けても良い、ちょっと手前味噌なのですが驚くほどに納得しました。

よく映画のパンフレットとかに、映画評論家とかばかりがコメントを寄せているんじゃなくて、「料理研究家」「プロスポーツ選手」「教育学者」みたいに別の分野の方のコメントを載せているじゃないですか。それぞれ味のある。

で、出来上がってみたものはそういう味のある記事になって1冊の本に所収されたのです。

ゲラでチェックしましたが、他にも日本国歌『君が代』が世界から美しいと評価されていることについてとか(他の国の国歌の内容も紹介されていて笑えます)、とても興味深く全部読むことができます。

この書籍は、もしかしたら無くなったら増刷されないかもしれません。

ですので、お早めに手に入れておいたほうが良いかと思います。

来週の月曜日くらいに書店に並ぶようですが、扱いのない書店もあるのでネットで注文しておいたほうが確実でしょう。




まあ、読んでみて下さい(^^)

こちらからどうぞ。『JAPAN CLASSそれはオンリーインジャパン』

あ、ブログに来て下さった方のために、特別に紙幅の関係上ボツになってしまったところを特別に下記に貼っておきます。

自分としては、この遊びの冒頭部分も楽しみの一つだったのですけれどね(^^;)

これを削除したことで、比較的、落ち着いた論評となっています。

ディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』(以下、『アナ雪』と書きます)が空前の大ヒットでした。女の子たちが手袋を上空に向かって放り投げる「エルサっ子」たちが各地に出現しましたが、私も子どもの頃は沢田研二を真似て帽子を斜めに被ってから投げていましたし、これはもうご愛敬ということで。親に「ちゃんとしなさい!」と叱られた子が、「〽ありの〜、ままの〜♪」と歌って開き直るようなエルサッコ現象には少々困ったものですが。


奥田健次

記事
« トップへ戻る »

コメント (10件)

  1. 読ませていただきました。音節の比較はありがとうごあいました。

    最近では外国人が日本を褒めているよというメディアが多いですが、しかし、実際には、だいたいにして、外国人の奢りのせいか、日本に対しての印象が否定的か、あるいは印象がないということが実情だと思います。海外のメディアをそれほどみていないがですが、japantodayという日本関連ニュース収集サイトへのコメントの9割以上は否定的です。

    例えば最近の安部総理政策「ユウカツ」に対して、「サマータイムを導入しない理由は変化が嫌いや変化が嫌い」・「サラリーマンという怠惰なやつらを待つのが嫌」「(最近早く帰宅するハウスメートについて)ただ笑える。趣味を見つけるだろうか」「(サラリーマンが)忙しくしているふりをして、実は競争なら赤ちゃんにも負けるって可愛いね」とか。

    ご参照
    http://www.japantoday.com/category/national/view/govt-employees-to-start-work-early-finish-early-in-july-august?utm_campaign=jt_newsletter&utm_medium=email&utm_source=jt_newsletter_2015-07-01_AM

    思うに、日本人はすでに充分に日本を肯定的に思っているが、それは「国の美しさ」という美学的な感覚においてです。矛盾はしていますが、外人の言うことはあまり聞かなくてもよいように思いますm(._.)m

  2. こんにちは♪

    『JAPAN CKASS』読みましたよ!本屋に行ったものの、ハテ?何コーナー?と思い付くコーナーを探したものの見つからず、訊ねた店員さんも本屋さん向けの雑誌一覧本とPCを駆使してやっと案内してくださいました。見つけたときの感動と言ったら!

    先生の記事はとっても分かりやすく確かに200点です(o^-’)bまたアナ雪が観たくなりましたよ(*^_^*)
    それから他国の国家。確かに、ホントなの!?って驚きの国がありましたねヽ(゜ロ゜;)ノ

  3. こんばんは。
    夜分遅くにすみません。

    違います。アナ雪です。で
    まぢですか‼︎(笑)となりました。

    この時のブログ、Best10に入る思い出のブログです。私事ですが。
    このブログをとはさすがです!と、他の記事も面白そうなので即購入です。
    200点楽しみです〓

  4. おはようございます(^_^)
    雑誌売ってそうな本屋さんを巡ってみます。

    日本語の音韻のお話しですか?楽しみ〜

    関係ないですが、小学校の先生が子供達が耳で聞こえた音をそのまま書くので書き取りに苦労してるそうです。うまく例えられないですが、例えば病気→びょーき、店員→てーいん などなど。
    母音は少ないけど複雑だなと思います。
    自分も未だに使い方あってるのかな?と思いますし。

    先日先生の本を予約した際、店員さんがタイトルを見て「ふむふむ、、、世界にひとつしかない、、、、教科書、、、。」と興味深い様子で、予約の確認の電話で「ちゃんと予約出来ましたよ!ご安心下さい!」と興奮気味でした。
    ちょっと変わった並べ方をする本屋さんなのでどこに並ぶのかも楽しみです。

  5. じゅり~~~~

    私は、カサブランカダンディごっこで、お茶を空に向かって吹いて顔にかかってましたけどね。
     どうやってもかっこよくなくて、今考えたらプロレスラーの毒霧みたいですけどね。

    アナじゃなくてジュリーにひっかかってしまいました。すみません。

  6. おもしろそう!
    ポチりとな♪

    先生のご本も、とーぜんポチしてます(*⌒▽⌒*)楽しみです〜〜♪♪

  7. 奥田先生、こんばんは。
    夜のブログ更新メール、嬉しかったです。

    先生のアナ雪解説のブログ記事は、本当にすごいと思いました。「制限と制約がもたらす美」という言葉が忘れられません。
    本の到着を楽しみにしています。
    お知らせ、ありがとうございます。

    チビッ子にはアナよりエルサの方が人気なんだとか。
    今、入園前の慣らし保育に通っています。
    いつも子供達が名前を順番に言うのですが、ある女の子が「◯◯エルサです」と真面目に真顔で答えていました 笑

    今年のクリスマスケーキはオラフのアイスケーキがいいなぁ。予約しなきゃ。

  8. 私が子どもの頃はドテラマンの真似をしてどてら投げてました(^_^)

    この雑誌面白そうですね~

  9. こんばんは♪

    ゆっくりまったりできてますか?

    な、なんと『アナ雪』の記事とは(=゜ω゜)ノ
    どこでどう繋がるか分からないもんですね。さっそく月曜日、本屋さんで探してみようと思います。
    日本各地でエルサが魔法をかけてるかのように大雪が降っていますが、軽井沢はどうですか?お気を付けて(*^-^)ノ

  10. 即購入しました~ (*^^*)
    読むのが楽しみです♪♪♪


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

奥田健次(行動分析学者)トップページへ

奥田健次(行動分析学者)プロフィール

プロフィール写真


奥田健次(おくだけんじ)
身長・体重 174cm・63㎏
生年月日 1972年1月20日
血液型 B型
出身地 兵庫県

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

奥田健次(行動分析学者)モバイル版

ブログモバイル版

奥田健次(行動分析学者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/

奥田健次(行動分析学者)カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

奥田健次(行動分析学者)カテゴリー

奥田健次(行動分析学者)アーカイブズ

奥田健次(行動分析学者)リンク

奥田健次(行動分析学者)お仕事依頼