世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
奥田健次(行動分析学者)Xアマゾン
記事

講演会いろいろ

パートタイム教授、行動分析学者の奥田健次です(* ̄∇ ̄)ノ

 

大学を超早期退職させてもらって、軽井沢で学校づくりをやっています。私立幼稚園を設立準備中です。

 

さて、研修会や講演会を各地でやっているのですが、公開している情報と非公開のものと色々と事情があります。

 

実は昨日の神奈川県海老名市での講演会は、こちらでの公開は遠慮していました。海老名市の、市のWeb上の案内を探してもほとんど情報が目に付くところに掲げられておらず、こちらにも広報の依頼もありませんでしたし、それなのにこっちでブログやホームページで案内をしますと、全国各地から人が集まります。

 

それで、海老名市や近隣の方々が入れなくなってはいけませんので。

 

実際、海老名市民会館、こちらの広報ゼロでしたが満員御礼でした。案内を出していたら、また札止めになってしまうところでした(こないだの青森県での講演会はキャンセル待ちが50名以上いたそうです)。

 

それでも、海老名市の広報やら限られた情報を元に、やっぱり県外からも常連の方々、お越しいただいておりました。

 

海老名市長は来られるわ、地元中学生の素敵な合唱が披露されるわ、講演の前までに大きなイベント感がすごい出ていました。これ、沖縄でやったら屋台が出るパターン。たとえば、これな!

 

楽屋で待機していたら、本番直前の中学生らとバッタリ。

 

「ちょ、一緒に唄わせて!」

 

と、思わず。

 

「何? 大地讃頌? ち、違うのか!?」

 

ま、そんなわけにいかずにパワポを準備してこちらも本番に備えていました。

 

今回の講演会は、浅井企画マネジメントによるお仕事でしたので、真面目なテーマながらも5分に1回笑わせるという最低ラインの自分自身に課したノルマを達成すべく頑張りました。残念ながら、どうしても真面目な内容が多すぎて、平均8分に1回の笑いとなってしまったのでした(´Д`; )

 

講演会後、主催者の配慮でサイン会となりました。ごめんね、長蛇の列となってお待たせしました。

 

EBINA2015

 

サインした人の中で、一人だけ思わず12月5日なのに「12月9日」と書いてしまった人がいます。ごめんなさい。手元が狂いました。しばらくして「あれ? 俺さっき、12月9日って書いてしまったんちゃう?」と思ったんですがね。あの人数の中で1人だけなので「当たり!」と思って下さいね。

 

ゆるキャラ『えび~にゃ』も来てました。

 

えび~にゃに、

 

「大丈夫? その中、暑くないですか?」

 

と、無粋な質問をしてすみません。笑

 

「どこにチャックあるんすか?」「着ぐるみってクリーニング出せるの?」「時給いくら?」

 

などという質問は、さすがにグッとこらえましたから許してね。

 

サイン会を終えたら、休む間もなく主催者スタッフ関係者の皆様にご挨拶をして、それで浅井企画マネージャーと一緒に帰京した次第です。来年は、俺もっと浅井企画からのお仕事で面白いことを仕掛けていこうと盛り上がりながら帰りました。

 

ところで、逆に主催者側から「せっかくなので1人でも多くの人に奥田先生の実践を知ってもらいたいから宣伝して下さい!」というオーダーもあります。

 

2015年12月12日と13日、博多で私は2回講演、ありまぁす。

 

OCDの会、ホームページをご覧下さいね。

 

精神科医・原井先生との久しぶりの絡みもありますので、マニアックな感じで楽しめるかもしれませんが、私が徹底的行動主義者なので、精神医学に絡める部分と、スッパリ「分かんないっす」みたいに絡めない部分もあるかと思います。

 

ただ、原井先生とは臨床やってるところをお互い「見せっこ」した仲ですので、臨床家同士としていつもワクワクしながらネタ収集し合うような感じ。楽しみです。来られる方は、来て下さい(ストーカーとして「警告されている人」は、来ないように)。

 

そして、年明けの2016年1月10日(日)は、こちら主催の講演会が神戸であります。ここでは、専門的な内容だけではなく「どうして今の自分のスタイルが形成されていったのか」という、ちょっと珍しい視点からのスライドも用意するつもりです。いくつかの印象に残っている子どもとの出会いについて、紹介したいなと思っています。

 

シャーロック・ホームズのように喩えられているので、その謎解きに迫るようなものなのか、あるいは作曲家のように喩えられるので、それらの仕事との共通点についても何かヒントが見えてくるかもしれません。

 

「行動上の問題は、何でも直せる」と言って、そのようにしてきているのは技術だけの問題ではないと思います。原因を明らかにするのが精密すぎるくらい精密(強迫的と言ってよい)な作業ですし、デザインも介入前から十分にイメージ出来ている。

 

ま、そこらをいかに伝授するか。

 

自分自身でも、そこんところをしっかり考えていかんとね。

 

神戸の講演では、マンガ家・武嶌波さんとの合同サイン会もあります。

 

武嶌波ファンも、滅多に無い機会なので来て下さいね。

 

武嶌さんの新作や、『拝啓、アスペルガー先生』のマンガ版続編の、超プレ告知なんかもやる予定です。

 

では、これから2週間また全国各地へ臨床旅歩き。

 

月末は海外出張。

 

2015年の締めくくりも、出張臨床です。自分らしいから良しとしよう。

 

奥田健次

 

記事
« トップへ戻る »

コメント (5件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. OCDについて、奥田先生の著書を読んだ程度で場違いかな…と恐縮しながらの参加でしたが、子どもだけでなく、保護者対応のアイディアもイメージでき、実践が楽しみになりました♪

    原井先生のキャラクターも
    魅力的でした(≧∇≦)素敵☆
    ボケ&ボケの味わい深さに感嘆しました。
    あー面白かった( ^ω^ )

    あっ。こんな感想じゃ、
    いけんですね。

    聴く→読む→実践、原理・原則、マンドとタクト…落とし込んでいきます。
    奥田先生の睡眠時間が削れた分、私の血となり肉となるよう、努力していきます。
    ありがとうございました。

  2. 私も講演会伺いまぁす。
    私自身OCDでもあるので、更に楽しみです!

  3. 博多での講演会、とても嬉しいです!!
    宣伝していただいて良かったぁ。
    これで2015年の学びの旅が修められます。

    そして来年は、一緒に学び合える仲間作りに挑戦していきたいと思いますo(^▽^)o

  4. サイン会の先生との距離が近い!!羨ましいっ!!

    精神科医の先生が書かれた本を読んでいるとおとなの「うつ」にしてもやっぱり幼少期からの個人の特徴(と言っていいのか)が必ず有るんだなー。と思いました。
    「行動上の問題」、問題とまでは思ってないですが息子も次から次にチックが出ましてT^T一つ治ったら一つ新たな技を披露してくれます。

    コウノドリがあんだけ盛り上がってるんだから早くブラック奥田ジャックのドラマ見たいです!
    ミドルネームにするとらなんや怪しいですね

  5. こんにちは。私も奥田先生のお話を生で聞きたいと思っていますがなかなか巡り会えずです。行動分析学も少しずつ学んでいっている途中ですのでもっと勉強したいと思います。アンテナを張り巡らせていきたいと思います。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

奥田健次(行動分析学者)トップページへ

奥田健次(行動分析学者)プロフィール

プロフィール写真


奥田健次(おくだけんじ)
身長・体重 174cm・63㎏
生年月日 1972年1月20日
血液型 B型
出身地 兵庫県

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

奥田健次(行動分析学者)モバイル版

ブログモバイル版

奥田健次(行動分析学者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/

奥田健次(行動分析学者)カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

奥田健次(行動分析学者)カテゴリー

奥田健次(行動分析学者)アーカイブズ

奥田健次(行動分析学者)リンク

奥田健次(行動分析学者)お仕事依頼