世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
奥田健次(行動分析学者)Xアマゾン
記事

緘黙研修講座2018「場面緘黙の理解と支援」

パートタイム教授、奥田健次です(^^)

 

先月末、今夏の行動分析学道場の事例研究コースがバタバタと申込みが続いて、定員を満たしましたので、事例研究コースのほうは締め切られました。さっそく掲示板による事前指導が始まっています。楽しみですね。

 

行動分析学道場の一般受講生のほうは、5月24日まで募集しています。あと2週間ほどとなりましたので、お早めにお申し込み下さいね。年にたった1回の、行動分析学にまみれる合宿ですので、まみれにいらして下さい。笑

 

最近、児童発達支援事業所や放課後等デイサービスの経営者や職員が道場に来られるのが増えて来ました。私も4月から児童発達支援事業所を運営し始めましたので、確かに出来るだけ良い支援をしたければ行動分析学のような問題解決指向の技術を学びたいという気持ちは理解できます。

 

そういう熱心な方々は、道場のコンテンツだけでなくバスツアーや食事会、夜遅くまでやっている懇親会などで、私をつかまえてかなり突っ込んだ事例についての話を聞きに来られます。

 

私だけでなく、杉山尚子先生はじめ行動分析学のエキスパートの師範の先生方に、あれこれと直接的に質問できる良い機会です。来られる方は、ぜひそれぞれの先生方の著書や論文を読み込み、分からないところや自信がないところ、確認してみたいところなど、遠慮無く質問して下さい。著書や論文を持ってくることをお薦めします。

 

行動分析学道場のご案内記事は、こちらから。

 

さて、今回は別の研修会のお知らせ。

 

タイトルの通り、日本緘黙研究会の、これまた年に1度の研修講座です。今年は名古屋で初開催。私はこの研究会の理事の一人でもあります。

 

研修会を毎年開催するようになってから、事例提供がずっと私の研究会メンバーという不思議現象が起きています。笑

 

依頼される仕事は、発達障害のケースがメインなのは変わりませんが、それだけ支援要請が集まってきているというのは間違いないことでしょう。また、うちの研究室メンバーが良い支援をしているのだと思います。

 

学校や病院に行っても「様子を見ましょう」「子どもの気持ちを尊重しましょう」みたいなことしか言われず(これ、詐欺やね)、ずっと直してもらえなかった方々が奥田研究室メンバーのところにも来られます。こういうのを奥田研究室ではきれいさっぱり直してきたからねえ。

 

恐らく口コミで拡がっているのでしょうね。「緘黙、直します」とか宣伝したこともないからね。そんなもん、まるで「私、チョウチョ結び出来ます」って言ってるみたいで、そんな宣伝とか恥ずかしいやん。

 

今年も、奥田研究室メンバーが事例発表します。事例から学んでいただければ幸いです。オモロイですよ。スカッとするよ。「こうやって直るんやー」って。

 

私は司会をやります。

 

ぜひ、ご参加下さい。

 

詳しくは、研究会ホームページをご覧下さいませ。

 

奥田健次

 

記事
« トップへ戻る »

コメント (4件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 奥田先生、こんにちは。アスペのふわふわです。「かんもく」ですが。全然知りませんでした。

    そう言えば中学の時、一言も喋らない女の子が同級にいましたが、似たような感じでしょうか。でも修学旅行の班決めの時、あえて声を掛けずにいたら、自分から言い出してくれましたよ。「入れて」って。彼女との会話はそれだけだったかなぁ。まぁ、いつもは配慮してあげてたって云う土台の信頼関係があったからこそだったのでしょうが。

    「かんもく」なる症状とは違いますが、ふとアインシュタインの幼少期を思い出しました。4歳ぐらいまで喋らなかったんですよね。そして、ある日突然発した言葉が「ミルクが熱い」。ビックリした母親が、何故今まで喋らなかったのかと問えば、「今までは問題なかったから」。もう爆笑(^▽^)

    そりゃ~用がなければ喋りませんわ。アタシも乳児期は泣かない子供でした。ミルクとオムツを要求する時だけ。用がなければ泣く(訴える)必要はない。言葉の発達は人一倍早かったですけど。私にとって「言葉は遊び」でしたから。

  2. さっきのコメント、誤字脱字だらけやんけ!!
    お恥ずかしい。不必要なスタイルでなくストレスです。

  3. 個人的にタイムリーな話題なのでコメントします。
    私は支援者ではありませんがなぜかまわりに場面緘黙や発達障害の方がたくさんいます。
    で、場面緘黙は特に情報少ないですよね。支援の仕方がわからない。「不安を取り除いて環境を整えてあげましょう」だけでは親御さんが過保護になって不安を取り除く事に躍起になり、所謂イナブラーになってしまってるんじゃないかと思う時あります。
    素人なのでお門違いならすみません。必要なストレスと不必要なスタイル、見極めるの難しいですね

  4. はじめまして。放課後児童クラブにいます。40人以上の中で、数人支援学級の子どもも来会します。ふたり支援員のためなかなか手をかけてあげれないけど、ひとつでもホローができたらなぁと、拝啓、アスペルガー先生を読みました。(トイレ介助、飛び出し、暴力などある場合のみ、補助員がついて3人体制)先生の研修に参加したかったのですが、8月は、夏休み。短期利用の児童受け入れ、狭い部屋に加え、人手不足のため体調を崩す支援員もいる時期で、参加しにくく残念です。もし、可能ならクラブも落ち着く9月~2月にも、研修を予定して頂けたらありがたいです。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

奥田健次(行動分析学者)トップページへ

奥田健次(行動分析学者)プロフィール

プロフィール写真


奥田健次(おくだけんじ)
身長・体重 174cm・63㎏
生年月日 1972年1月20日
血液型 B型
出身地 兵庫県

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

奥田健次(行動分析学者)モバイル版

ブログモバイル版

奥田健次(行動分析学者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/

奥田健次(行動分析学者)カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

奥田健次(行動分析学者)カテゴリー

奥田健次(行動分析学者)アーカイブズ

奥田健次(行動分析学者)リンク

奥田健次(行動分析学者)お仕事依頼