世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
奥田健次(行動分析学者)Xアマゾン
記事

「保護者・実践家向け合宿2018」を受付開始!

パートタイム教授、奥田健次です♪( ̄∠  ̄ )ノ

 

日程だけご案内していた通り、今年も保護者合宿を開催します。

 

今年から「保護者・実践家向け合宿」と名称を、ちょっとだけ変更しました。実際、保護者以外にも実践家が来てくれていますので。

 

旧ブログのほうで、案内が出ています。

 

まあ、過激なメッセージ付きですが、事実なんでしょうがない。

 

事実といえば、いま売れてるマンガってノンフィクションなのに「ありえない」とか、好き勝手なレビューがたくさん付いているようです。

 

ファクトなのに「ありえない」って夢でも見てるんかね。

 

んで、私ほど自分の仕事をドキュメンタリーで見せている臨床家、他におらんのにね。

 

とある自治体の県臨床心理士会長に「自分もテレビで見せたことがあるけれども初診からテレビが入ってってのは、聞いたことないなあ! すごいよね!」と言われたこともあります。

 

せやけど、もう、どうしょうもないと思ってますよ。ってのは、簡単に直るって話を聞くのがそもそも嫌だってな人がいるわけですから。

 

ま、2つ前のドキュメンタリーが放送された後にも言いましたが、そういう年齢が高くなってしまって困っている人は、私が直接契約はしませんが、学校や施設の中で困っている場合、そちらとの契約で直して差し上げることもできます。

 

そうしてきたからなあ。

 

それは、この合宿に来た人も知ってるし、学校コンサルを受けてきた方々も知っている通りです。事実を知らんのはマンガしか読まない人だけ。

 

それにしても、こういう阿呆なのって大学の学部生の頃に戦ってた頃を思い出すよな。なんか「心の問題は、もっと深くてそう簡単に他人によって直されるような問題じゃないんだ」という信念みたいなやつね。そういうのを「直りたくない奴ら」と呼んで来たんやけどね。

 

世間にはまだまだおるんやね。てか、簡単に表面的な情報を得られる時代になったので、以前よりも増えているんやろうな、そんな人らが。

 

というわけで、うちの合宿には「好き嫌い」とか「直感だけ」で判断しているような人ではなく、しっかり事実を確認してそこをベースに物事を考えられる方の参加を、待ってます。

 

こんな状況なので、この合宿では「誰も直せなかったけど、こうやって直したよ特集」でもやろうかね。かなり強度行動障害の事例を盛り込もうかな。

 

詳しくは、こちらの旧ブログの記事をご覧いただき、お申し込み下さい。

 

開催まで1か月ちょいしかないので、考えておられる方、お早めに。

 

奥田健次

 

記事
« トップへ戻る »

コメント (4件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 『世界で1つだけの子育ての教科書』がやっと手に入り、今『子育てプリンシプル』を注文中です。合宿も申し込みましたが、まだ余裕はあるのかな?

  2. 奥田先生の考え方、批判を恐れない物言いとてもスカッとするし、尊敬します。
    お金貯めて来年は道場行きたいです。
    自分も発達特性を持ち合わせた中での子育て、
    正直しんどい事ばかりでした。
    ちまたの子育て理論は、曖昧すぎてよくわからない。
    外で泣き叫ぶ我が子を泣き止ませる事が出来ず、
    自分がいかにダメ母か痛感し
    泣き叫ぶ我が子と一緒に泣いたこともあります。
    そんな時、先生の本を読んでどんなに救われた事か!!
    子育てのハウツーが書いてあるではありませんか!
    しかもエビデンスに基づくもの!!
    過去に発達二次障害でメンタル系のケアも受けた事があり、心理学の本も読み漁ったこともあるので、
    今まで循環論で納得してた自分としては、えっー??えーっ!??の連続でした。でも納得なんですよ。
    ほんと私の行動が娘の行動を助長させていた。

    それでなんでこんな凄い事、あまり世に広まってないのだろうと疑問でした。
    子育ての上手い人は無意識にABA的なことをやっている。それって子供の好子、嫌子をよくわかってるってことだし、しっかり観察してないとわからない事だし、
    応用行動分析こそ愛に溢れた療育だと思うのですが。

    しまった。また長文失礼しました。
    酷評があっても先生の著書で救われた人は
    たくさんたくさんいますので、まだまだ本を書いてくださいー!!

  3. ある大学の教授が正の弱化だから理論的にも正しいのだと療育施設にうちの子に身体拘束の着席指導をするようにアドバイスしたせいで、とんでもない指導を受けたことがあります。疑問を持ったときに、奥田先生のマンガを読み、とても救われました。また、もし、学会のホームページ、先生の翻訳本、読まなかったら、応用行動分析を理解することもなく、なぞの療育だと誤解して避けてしまっていたと思います。

  4. 奥田先生、またまたお邪魔します。アスペのふわふわでっす♪ 旧ブログの記事、読んで来ました。相変わらず先生は面白い(^▽^)

     で、先生のお言葉を受けて、私も一件、考えました。「ヘタとヘタレとヘイトの言い訳」。よしっ、上手い!このキャッチコピー、いつか自分のブログでも使おう!

     真面目な話に戻りますと。先生の「子育てプリンシパル」を拝読した時、これだ!と思ったんです。そう、母が私にやってくれたこと。母は「筋を通す」ことができる人でした。昭和17年生まれ。祖父母は明治の人でした。
     三つ子の魂百までも、「筋を通す子育て」ができるかできないかで、その後の脳神経の発達って、ものすごく左右されますよね。アタシら健常者平均を上回る知能のクラスでも、将来、社会に出て通用するかしないか、それが分かれ目になっている気がします。

     勿論、奥田先生のお仕事は、無茶苦茶にされた配線を矯正するものですから、また更に手間と時間がかかるワケですが。
     私は「遺伝性の障害だからどうしようもない」って言い訳にする人間が嫌いです。最初から未来を放棄している。そりゃあ、どうにかなる部分と、どうにもならない部分がある。どうにかなる部分を矯正するだけでも違いは出る。努力したくない弱い自分から目を背けるため、奥田先生のような方を功撃する。私は、嘘吐きも卑怯者も嫌いです。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

奥田健次(行動分析学者)トップページへ

奥田健次(行動分析学者)プロフィール

プロフィール写真


奥田健次(おくだけんじ)
身長・体重 174cm・63㎏
生年月日 1972年1月20日
血液型 B型
出身地 兵庫県

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

奥田健次(行動分析学者)モバイル版

ブログモバイル版

奥田健次(行動分析学者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/

奥田健次(行動分析学者)カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

奥田健次(行動分析学者)カテゴリー

奥田健次(行動分析学者)アーカイブズ

奥田健次(行動分析学者)リンク

奥田健次(行動分析学者)お仕事依頼