大赤字タクシーGoの株式会社Mobility Technologiesさまは110億円


http://taxi009sos.blog.jp/archives/45116383.html



タクシー配車アプリ最大手


GOを運営する



モビリティテクノロジーズの今期の赤字が



過去最大の110億円に拡大しました




キャッシュバーンレートでいくと



2年で現金が無くなるペースです



もはや



配車アプリで黒字は




どこの会社も無理だということでしょう



記事によると



ディディも赤字



唯一UBERだけが黒字です



でもUBERの本社は大赤字ですので



結局配車アプリは



自動運転まで儲からない



ということでしょう



タクシー業界の宝は



ドライバーであることは



自明ですが



その宝が人間でなくならないと




儲からない



配車アプリって



なんなん?



最近の風潮で



赤字でもいい



たくましく育って欲しい



というのは



丸大ハンバーグの昔のCMのようですが



やっぱり納得できない




ITバブルの時も



リーマン前のバブルの時も



バブルになると出てくる




この風潮




なんか嫌な予感がします




資金が尽きるのが先か



上場が先か



黒字前提でない事業は



バブルが崩壊すれば



跡形もなく消滅します



バブル崩壊はいつおこるか



わかりません



しかし



バブルは



必ず弾けます



もはや傍観するしかないですが




モビリティの本質は



移動権の保証です



誰でも、移動したいときに



よりリーズナブルに



移動できる



世の中の構築



これが肝です



アプリは不可欠ですが



迎車料金のかかる



流しより割高になる



タクシー配車アプリって



移動権の保証構築に



役立ってるんでしょうか



テクノロジーで



もっと



便利に


もっと


リーズナブルに



そう、1プレイヤーとして



思います



最近の妄想を最後に。



東京含めタクシーの売上げが回復しています



流しでお客様がどんどん乗っていただける



ようになりました



こうなると



優秀な売上げのドライバーは



アプリを取らなくなるのでは?



コロナで増えたアプリ配車件数は



今後頭打ちになって



結局東京のタクシーは




流しだよね



そう



元通りになるのでは⁉️



以上妄想でした



12月



いよいよ



かきいれどきです


ドライバーの皆さん



酔っぱらいには気をつけて下さい!

image































Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

金子健作(かねこけんさく)

金子健作(かねこけんさく)
生年月日:1975年4月生まれ
血液型:B型
出身地:兵庫県
経歴:
1998年慶応義塾大学商学学部卒業

ロイヤルリムジン株式会社 代表取締役

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

Archives

Calendar

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031