親子で読む絵物語・第1話「青い鳥」15

「青い鳥」

 

原作・メーテルリンク  文・水野英子

 

青い鳥15

 

 

16・ばら色のあけぼのの光に包まれて白と金の帆の船が見えます。

子供たちがいっせいに駆け寄りました。

 

「生まれることになっている子供だけだ。こら、おまえはまだだぞ。

おまえは行きたくなくても行くんだ」

 

「ぼく発明品を忘れて来た」

 

「押し合うんじゃない。時刻はもう迫っている」

 

おじいさんは厳しく子供たちを選び分けて行きます。

 

「一人たりない」

 

(恋人たち)の男の子が引き出されました。

 

「私たちいっしょにいきます!」

 

「一人だけだ。そう決まっている」

 

女の子が叫びました。

 

「私、後から生まれたらあなたをどうやって探せばいいの?!」

 

「世界で一番きみを愛しているのがぼくだよ」

 

「私は世界で一番不幸な者になるわ。

そうすればあなたは私がわかるでしょう」

 

子供たちを乗せた船は、だんだん遠ざかって行き、

子供たちの歓声が聞こえました。

 

「やあ地球だ!きれいだなあ、明るいなあ!」

 

すると遥か遠く深い底から喜びと希望に満ちた歌声が沸きあがって来ました。

 

「あれは?」

 

「子供たちを迎えるお母さんたちの歌声です」

 

子供たちがすっかりいなくなった広間を見回したおじいさんは

チルチルたちを見つけました。

 

「やっ、お前たちは何だ!なぜ青くないんだ!」

 

「ダイヤモンドを回しなさい!私は(青い鳥)をつかまえました。

早くもどりましょう!」

 

光は二人をうながしました。

でも(青い鳥)は・・・赤くなっていたのです。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

樹木洋二|(きぎようじ)イラストレーター、絵本作家、漫画家プロフィール

プロフィール画像

樹木洋二(きぎようじ)
経歴:講談社・「週間少年マガジン」にマンガを投稿し奨励賞。

メディアワークス・「電撃コミックGAO!」で審査員特別賞。

講談社・「ミチャオ!」で銅賞、他、受賞後

ホーム社・「ねこまん」で「猫のオキテ」が掲載。

学研パブリッシング「世界のピアノ名曲10・名曲誕生物語」で漫画担当

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/kigiyouji/

樹木洋二|(きぎようじ)イラストレーター、絵本作家、漫画家アーカイブス

樹木洋二|(きぎようじ)イラストレーター、絵本作家、漫画家カテゴリー

樹木洋二|(きぎようじ)イラストレーター、絵本作家、漫画家カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031