34歳☆★☆

P1070493

 

 

 

 

34歳のバースデー☆★☆

 

 

 

まずはUSJに行ってきました☆★☆

 

 

 

この写真すごくない!?

 

 

 

私のだいだいだいだいだいだい・・・(しつこい)

 

 

 

大好きな妹が撮ってくれたの☆★☆

 

 

 

ハイセンスぶりに脱帽・・・

 

 

 

ほんとセンスのある構図を考えられる人ってすごいよね☆★☆

 

 

 

LINEも0時ぴったりにだいだいだいだい・・・(またしつこい笑)

 

 

 

大好きな後輩のしらたまんやあとは友達、

 

 

 

いろんな方からもめっちゃ連絡きてまして

 

 

 

こんな気難しくてめんどくさい私なんかに良くしてくれて

 

 

 

誕生日もたくさんの幸せをいろいろな方から頂きました☆★☆

 

 

 

ほんとに本当にモリがと~☆★☆

 

 

 

34歳の抱負、Twitterにも書いたけど

 

 

 

こっちにも書いておくね☆★☆

 

 

 

人を悪く言わない

 

 

 

ほどよき距離は大切に

 

 

 

感謝の気持ちを忘れない

 

 

 

大切なことは有耶無耶にしない

 

 

 

これが浮かんだ自分の抱負。

 

 

 

すべて今まで生きてきた中で

 

 

 

「自分がされて嫌だったこと」から

 

 

 

「学んだもの」

 

 

 

自分がずっと続く人たちってこれらが出来ている人たち。

 

 

 

だからすごく尊敬するし自分もそうなろうって思う。

 

 

 

人はきっと時に大切なものが

 

 

 

見えなくなるときがあるんだなって思う。

 

 

 

でもその根底にあるのは「自信のなさ」

 

 

 

「誰かと比べること」

 

 

 

どんなに偽善だとか

 

 

 

出来るやつには分からない、なんて言われても。

 

 

 

私は自分と向きあうことは

 

 

 

人生において絶対に必要なことだと思っているし

 

 

 

自信のなさは誰かをおとして埋めるものじゃないって思ってる。

 

 

 

転ばない人はいない。

 

 

 

怪我をしたことがない人もいない。

 

 

 

でもその時にきちんと自分の力で立ち上がること。

 

 

 

立ち上がろうとすること。

 

 

 

泣くことは悪じゃない。弱音を吐くことも

 

 

 

嫌になることもそりゃきっとみんなあると思う。

 

 

 

もっと自分のことを大切にしてほしいと思う。

 

 

 

誰かをおとして心をたもつような人だって

 

 

 

その人にしかない、いいところもあるし

 

 

 

頑張ろうってする気持ちがあることを私は知っていて

 

 

 

だけどみんな自分と向きあうんじゃなくて

 

 

 

他人を攻撃することで気持ちを保っているんだなと

 

 

 

感じることがたくさんあった。

 

 

 

でもそれじゃ何も変えられないし変わらない。

 

 

 

たとえばそこで自分より出来る人間を蹴落とせたとしても

 

 

 

出来る人なんて世の中たくさんいるんだもの。

 

 

 

そのたびに攻撃し続けても結局はその蹴落とす姿は

 

 

 

誰かは必ず見ていて結局まわりの評価は

 

 

 

下がり続けるしかないと思う。

 

 

 

距離を保つことも大切。

 

 

 

仲が良ければ何を言ってもいいわけじゃない。

 

 

 

「何かをしていない人」は「何か事情がある人」かもしれない。

 

 

 

表面だけをみて馬鹿にするのは浅いと思う。

 

 

 

私は自分の持病を信用していた人に

 

 

 

軽くみられた時はやっぱりすごく傷ついたし

 

 

 

この年齢で結婚のことを言われるのは仕方ないんだろうけれど

 

 

 

もしかしたら結婚しないのは同性が好きな人なのかもしれないし

 

 

 

子供が出来ないことを悩んでのことかもしれない。

 

 

 

家族でトラウマがあって踏み出せないという人だっているし

 

 

 

言わないだけで人にはいろいろな傷というものがある。

 

 

 

だから言葉は難しい。

 

 

 

仲が良ければ思ったことをそのまま伝えていいわけじゃない。

 

 

 

きちんと相手の表情や反応をみて話をするということ。

 

 

 

その人がどんな人か、なんて実はすべて分かる人なんていない。

 

 

 

私はいつも笑ってヘラヘラしているような人間だから

 

 

 

「何の苦労もしてこなかった」

 

 

 

「恵まれてる人間はいいよね」

 

 

 

「人生イージーモードはうらやましいわ」

 

 

 

なんて言われてきたけれどそのたびに

 

 

 

やっぱりいい思いはしなかったし

 

 

 

傷ついたこともあった。

 

 

 

どんなに仲が良くても私たちは他の人と書いて他人と読むんだ。

 

 

 

私はいつもそう思って人に接している。

 

 

 

何気なく話したとき、相手の語気が強まったときは

 

 

 

気をつけなきゃいけない。

 

 

 

もしかしたら言われて嫌なことだったかなと思ったら

 

 

 

さりげなく話題を変えてみたり

 

 

 

必要ならばきちんと謝ることも大切なんだなって。

 

 

 

感謝の気持ちは忘れない、はもうこれは

 

 

 

私の人生のテーマというか(笑)

 

 

 

自分がまだ若かった頃、人生でもっともきついことがあった時

 

 

 

本気で神様なんかいないんだなって思ったことがあった。

 

 

 

どんなに真面目にやってみても

 

 

 

どんなに自分が大切にしていても

 

 

 

必死に守ってきたものも全部、

 

 

 

容赦なく壊れるときは壊れて終わるんだって思った時、

 

 

 

多分そこでいったん一番下までおっこちて

 

 

 

そこからいろんな人と出会っていろんなことがあって

 

 

 

優しい言葉、思いやりのある言葉、

 

 

 

人生のチャンスをいくつかもらって

 

 

 

それが今に繋がって思うのは

 

 

 

全部を諦めてた自分を救ってくれたのは

 

 

 

やっぱり自分のまわりにいてくれる人たちなんだなってこと。

 

 

 

七夕の短冊に「楽に生きたい」って書いてた私は

 

 

 

本当は「楽しく生きたい」って書きたかった。

 

 

 

今の人生は楽しい。いろんなチャンスがあるし

 

 

 

好きなことも形にしてこれたし、

 

 

 

でもそんなのはあの頃の自分には絶対に考えられなかった。

 

 

 

誰も助けてくれないんだ、すがっていいものなんか何もないんだって

 

 

 

本当に全部いったん諦めたからこそ、人が助けてくれる大切さは

 

 

 

自分がどんな状況になっても忘れたくないし

 

 

 

驕ったり馬鹿にしたりなんか絶対にしたくない。

 

 

 

私の地雷なんか簡単で私を大事にしてくれてる人たちを馬鹿にしたら

 

 

 

そこでこの人信用できない人なんだなって判定して終わる。

 

 

 

人にはそれぞれ関係性があって自分が嫌いな人間でも

 

 

 

相手はそうではないかもしれないということは

 

 

 

決して忘れてはならない大切なことだ。

 

 

 

それどころかその相手のことをもし大切に思っていたら

 

 

 

信用をどんどん失うだけでしかない。

 

 

 

だから家族や共通の友人のことは

 

 

 

第三者が簡単に悪く言っていいものじゃないと私は思う。

 

 

 

それはやっぱり人付き合いとして最低限の礼儀だし

 

 

 

どんなに仲良くなっても気を遣うべき場所なのかなって。

 

 

 

まぁそもそも私本気で人の悪口が嫌いな人間だから

 

 

 

悪口を言うときに私を選んでる時点で

 

 

 

そこはこの人は人を見る目がないんだな~って思うけれども。

 

 

 

大切なことを有耶無耶にしない、は簡単で

 

 

 

関係性が悪くなったらきちんと自分で行動しましょうってこと。

 

 

 

今まで縁がきれてしまった人たちでありがちだったのが

 

 

 

何故かいきなり第三者を巻き込んで

 

 

 

突然行動を起こしてきたというか。

 

 

 

きちんと謝る前に行動を起こすって

 

 

 

私はすごく失礼だと思ったので・・・

 

 

 

関係性を取り戻したいと思ってくれることは

 

 

 

本当にありがたいけれど

 

 

 

まず直接本人にきちんと連絡をとってから行動してくれないと

 

 

 

ああ変わらないんだな~ってこっちは冷静にひいてしまう。

 

 

 

いきなり行った先にいるとか

 

 

 

関係性がこじれたままなのに仲がいいときに

 

 

 

するようなことを突然してくるとかは

 

 

 

やっぱしちゃ駄目だと思うんだよなぁ。

 

 

 

でもまぁさっきから謝れ謝れ言ってるけどさ(笑)

 

 

 

喧嘩なんて結局両成敗っていうかさ。

 

 

 

結局心の深いところが信用出来てなかったんだろうな~と思うよ。

 

 

 

でもそれはどちらが悪いとかじゃなくて

 

 

 

感性が違うものだってあるし

 

 

 

私がすべて正しいなんてこともまったく思ってないし。

 

 

 

よく「偉そうに正論言いやがって」とか言われるけど(笑)

 

 

 

私の言っていることが違うな~って思えば

 

 

 

それは「合わない」ってだけで

 

 

 

悪口で人生成り立たないよねっていうのは単なる私の価値観であり

 

 

 

いや、悪口いって他人蹴落とすから人生成り立つんじゃ!って思ってくれても

 

 

 

別に私はいいんだけどね。

 

 

 

ただそういう人とは合わないなぁとは思うだけで。

 

 

 

だから冒頭の「出来る人はいいよね」じゃないけれど

 

 

 

みんながみんな、あなたみたいな考え方じゃないって言われると

 

 

 

それは分かってるしそこで違うって言いきれるなら

 

 

 

ずっと自分の考えを貫けばよいんでない?と毎回思う。

 

 

 

変わりたいなら変わるしかない。

 

 

 

変わる必要がないと思うなら

 

 

 

変わらないという選択肢を選べばいいだけで。

 

 

 

さすがにそれを口に出しては言わないけれども(笑)

 

 

 

むしろなんで正義と悪を決めたがるのだろうと思うよ。

 

 

 

ある方向から見たら私は正義のヒーローでも

 

 

 

また違う方向から見たら私は悪役になることもあると思う。

 

 

 

絶対的正義なんてなれたらそりゃかっこいいんだろうけれど。

 

 

 

私も人間だからやっぱりどこかで人を傷つけていたり

 

 

 

苦しませたりする部分はあると思うよ。

 

 

 

今だから言うけれどこういう仕事してるから仕方ないんだろうけど

 

 

 

名前も顔も分からないひとに事務所に

 

 

 

私宛で何度も嫌がらせされた時も思った。

 

 

 

私の活動で嫌な思いしてる方もいるんだな~って。

 

 

 

自分のせいでここまでするって本当に私のこと嫌いなんだな~って。

 

 

 

まぁ正直最初は結構考えちゃったけどね。

 

 

 

でも仕方ないよね。

 

 

 

完璧になることは出来ないもの。

 

 

 

100人いて100人に好かれるなんて難しいし

 

 

 

でも嫌がらせするくらいに私の事嫌だなって思っている人が

 

 

 

いつか自分の事を好きになってくれたら嬉しいな~と最終的には思った(笑)

 

 

 

こんなこと言ったらきっと

 

 

 

さらにキモ!って思われるかもしんないけどさ(笑)

 

 

 

そう考えるくらいしかないよなぁって。

 

 

 

それで辞めるわけにはさすがに行かないし。うん。

 

 

 

まぁ相変わらずやたら長くなったけれども

 

 

 

誕生日なので色々語りたかった(笑)

 

 

 

34歳☆★☆

 

 

 

早生まれなので学年で言うと今年でアラフォー☆★☆

 

 

 

出来ることなら何歳になっても

 

 

 

いつも前向きに明るく生きれるようになりたい☆★☆

 

 

 

そして変わらず出来たら人の役に立ちたいというか

 

 

 

いろんな人に恩返しが出来るような人間になりたいな☆★☆

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

小田真奈美(おだまなみ)

小田真奈美(おだまなみ)
所属事務所:AMOND-AMIA
身長:162cm・アサリ6000個分
生年月日:1985年2月9日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

小田真奈美|おだまなみ(歌手・タレント)オフィシャルブログ