ソフトキリングシステム

先週は面白い講演会を二つも聞いた。


どちらも同じ場所だが、内容も講師のバックグラウンドも
全く違う。


僕は相手がどんなバックグラウンドだろうと
リスペクトできる点はリスペクトする。
ので、どちらもとても勉強になった。

 

それはさておき
ソフトキリングシステムということ。
いや、ひょっとしたら既にソフトではないかも。
と実感した。

 

二つ目の講演会の講師は中学校二年生の女子生徒です。
そこで
ぇえ!中二女子?
とか瞬間的にも思った人は
ソフトキリングシステムの洗脳が
既に入ってると思う。

 

どんな講演内容だったかというと

 

・人種や国籍で人を差別しない世界を実現したい
・イジメと教育から想起して多様性を認める社会を実現したい

ということ。

 

堂々たるプレゼンテーション。
それだけでも僕は勉強になった(笑)

 

特に二つ目の中で僕が印象に残ったのは

 

「人と違うということが当たり前で、”普通”の枠から離れて
欠点とされるところも個性として活かせるようになったら
素晴らしいと思いませんか?」

 

という言葉。
僕はこの中の所謂”普通”っていうのが
昨今蔓延している炎上とかディスるっていう発想の原点だと思うし、
そのように彼女も言っていた。

 

「”普通”こうでしょ?っていう”普通”はその人の価値観

であって それを押し付けるのは良くない」

という彼女の主張。

 

で、本題。
ソフトキリングシステムという言葉の真意。

 

このような講演をしている彼女達は公立の学校から
つい最近、今のウイングスクールとよばれるフリースクールに移ってきた。
このフリースクールには校則もなければ、制服もない。
何かを強制することもなければ、彼らの自由な発想やプロジェクト力を
引き出すことに注力している。僕の娘も通っている。去年できた学校。

 

元の学校ではどうだったか?
人前で発言することも、他人と違う意見を言うことも出来なかった。
人の前に立つと足が震えたと。だからお互い、今流行りの忖度をしあって
同じように振る舞い、自分の考えを押し込んでいたと。

 

…。

 

彼女ら、特に人種や国籍について語った彼女は数か月前に入学したばかり。
公立から今の学校に移って数か月でこれ?

 

逆に言うと、今の公立でこんな考えや主張ができる子供たちがゴロゴロいる
ということ。それを潰しまくっている。これってソフトキリングシステム。
下着の色まで指定する校則と制服、画一的な教育。皆と同じであることを重んじ、
強制するカリキュラム。自分たちの意見が全く反映されない修学旅行(笑)
毎年毎年、軍事教練みたいにやってる体育祭(笑)

 

自分の言いたいこと言えない、押さえつけられていることが
フラストレーションになってイジメという形に噴出してるんじゃないの?
または、同調圧力で違うことをやろうとしていうる人をたたく。イジメる。
ディスる、炎上する。それは一般社会と同じ。

 

公立の学校で受けた習慣のまま社会にでれば、それは理路整然とした
規律の行き届いた社会システムをつくる構成員になれる。誰も文句言わない。
おかしいとか思わない。”普通”が蔓延する社会。でもね。
そのお蔭で自殺率トップの日本。

 

つまり、子供時代から始まって長い時間かけて人を殺していくシステム

それも疑問を持たせないようにさせて。だからソフトキリングシステム。

いや、すでにソフトではないかも。

 

っていうと、

 

「人それぞれが好きに生きだしたら社会が成り立たないじゃない!」っていう

人がいる。それこそ洗脳どっぷり。

「原発なくなったら電気なくなって江戸時代に戻るじゃない!」ってのと一緒。
危機感を与えて大人しくさせる常套手段にハマってしまってる。

 

そもそも人を犠牲にしなければ成り立たないシステムってどうなの?

 

ちなみに僕はそのシステムに自分を合わせようと15年苦しんだけど、
うん。エネルギーの無駄。と
ここ数年で気が付いた。

 

一方、彼女らは数か月で気が付いた。

 

彼女らが主流になる時代が来る。というか、来させたい。
ので僕らみたいな世代は彼女たちのような存在を潰させないことが
大事な役割だと思う。子供は未来だと思う。

 

ちなみに多様性の社会…
僕はサンバダンサーですよ~
ブラジル、逆に分類するのが不可能(笑)画一的とか無理無理!ウケんだけど!
でも皆明るく生きてるけど。サンバやサッカーでバカみたいに結束してみたり。
まぁ、ブラジルはブラジルで問題はあるけどね。

 

結論。

 

どうにかなるんだから、
心地よく自分らしく生きられる社会が良いと思う。

 

彼女たちの講演会毎月やるそうです。

 

IMG_3047

※画像掲載、了承済み。

 

次回は4月20日14:00~

 

出水にあるウイングスクール校舎にて。
誰でも参加できるそうなので、彼女らの清々しくて
シンプルなエネルギーに触れるのを強くお勧めします!

参加費1000円。

 

————–
問い合わせ
Masashi
E-mail:masashi_samba_masashi@yahoo.co.jp
tel  : 090-8506-6635

サンバショー

https://peraichi.com/landing_pages/view/sambashow

プロダンサー養成スクール

https://peraichi.com/landing_pages/view/sambavidapro

シャーマニックアートワーク

https://peraichi.com/landing_pages/view/saw

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

Sambaダンサー Masashi(サンバダンサー マサシ)

Sambaダンサー Masashi(サンバダンサー マサシ)

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

Sambaダンサー Masashi|サンバダンサー マサシ(ダンサー)オフィシャルブログ

Recent Entry最近の記事はこちら