「みなまたサンバガール」記事がまた掲載されました(^^)

3月末に水俣で実施した「みなまたサンバガール」

スペシャル発表会の関連記事がまたメディア様に

掲載されました。

 

IMG_4459

(5月15日 読売新聞)

 

 

僕の取組みの一つがまた世の中の皆様に知っていただける。

本当に感謝です!

 

さて、改めて

 

・何をやってきたのか?

・なぜやったのか?

 

をちょろっとご説明します。

 

・何をやってきたのか?

 

 過去の悲しい歴史のせいで、今一つパッとしない水俣で

 

 ネガティブなイメージを覆すために、水俣在住の女性たち

 を集めて サンバダンスのレッスンを開いた。

 「みなまたサンバガール」と名付けて

 この取組を元にフィクション映画を製作する

 構想(プロジェクト)を立ち上げた。

 今年3月末にはスペシャル発表会としてダンスの発表と

 映画製作プロジェクトのプレゼンを行った。

 

・なぜやったのか?

 

 2018年ショーの仕事で訪れた水俣の海と夕陽の美しさに

 感動した。なんとか、その美しさを世の中の人に伝えられ

 ないかと考えた。

 同じく美しい海と太陽の街、リオデジャネイロと水俣を

 重ねてサンバを中心とした新たなコミュニティを水俣に

 作れないかと考えた。サンバの普及にもつながる。映画

 製作は福島のフラガールを参考に

 考えた。一層の周知につなげるため。



と、ここまではこれまで報道されたテレビ番組

新聞各紙の記事を見ていただければ、なんとなくわかる話。

 

・実際どうなのか?

 

 まだまだです。

 もっと参加してくださる人が増えないと

 なかなか厳しい状況です。



・どうなってほしいか?

 

 どんな形でも結構です。

 まず行動を起こしてみてください。

 ダンスに参加するでも(女性)

 映画製作委員会に参加するでもいいです。

 もちろん募金やクラウドファンディング(予定)に

 参加でもいいです。



・これからどうする?

 

 

 僕は引き続き地道に水俣でサンバを教え、映画製作実現に

 向けて地元の映画製作委員会の皆様に協力していきます。

 この行動によって影響される方が必ずいると思うからです。

 

 ネガティブな反応も、ポジティブな反応も

 僕にとっては価値のあるもの。

 

 何も反応せず、自分の可能性と目の前にあるチャンスから

 目を遠ざけることはとても残念。

 

 一歩を踏み出してください。

 その一歩が数年先、10年先、100年先を変える

 行動になります。

 まず水俣での取り組みに興味のあるかたご連絡ください。

 またはサンバに興味のある方もご連絡ください。

 もちろん、Masashiに興味がある方も大歓迎。

 

     ちなみに次回製作委員会打ち合わせは

 

 6月15日12:00~ @水俣市もやい館

 

 

 

 どうぞよろしくおねがいします。

 

————–
問い合わせ
Masashi
E-mail:masashi_samba_masashi@yahoo.co.jp
tel  : 090-8506-6635

サンバショー

https://peraichi.com/landing_pages/view/sambashow

プロダンサー養成スクール

https://peraichi.com/landing_pages/view/sambavidapro

シャーマニックアートワーク

https://peraichi.com/landing_pages/view/saw

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

Sambaダンサー Masashi(サンバダンサー マサシ)

Sambaダンサー Masashi(サンバダンサー マサシ)

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

Sambaダンサー Masashi|サンバダンサー マサシ(ダンサー)オフィシャルブログ

Recent Entry最近の記事はこちら