どうにか世界は愛していていく



20161004-231941.jpg






 先日の阿佐ヶ谷でのイベントで、ベロンベロンに酔っ払って、イベント終了後、泣いてたことしか覚えてません!

こんばんは!御茶海マミです。


 そのイベントで、自分のフェチについてお話ししたのですが、わたしのフェチの1つに『FPSをしている女の子(戦争もの)』というものがありまして、

酔っ払って、きちんと話せなかったので、ここで補足させていただいなと…




 第一前提に「世界を愛してなくてはいけない」んです。




 戦争ゲームって、性格が暴力的になるだとか、人との付き合いかたがわからなくなるだとか、言われてるイメージがあるんですけど、多分、そんなことはなくて


そもそも、過激な内容を含むゲームは悪影響がないよう年齢制限があるので、多分と濁す必要はないですね…!


 過激な女の子が好きなの?と思われるかもしれないのですが、そうではなくて、相手を傷つけてしまわないかとか、この言葉選びは正解なのだろうか?など、世界(広い意味ではなく、身近な感じの)を愛していてほしいんです。


うまく発散できない、言葉や思いをゲームで「うおおおおぉぉぉぉ!!」と発散している姿が愛おしく感じるんです。



外面がいいだけで、中身怖い子が好きなわけではなく

他者を傷つけず、自分の中の爆弾を、ゲームという仮想空間で発散できる人って、きちんと現実とゲームを分けられる人だと思うのです。


ゲーム脳って言葉あるじゃないですか、確かにアレはあると思うんです。


実際、わたしもパズルゲームにハマっていたときは、ブロックで色が違う遊歩道で、ココとココを入れ替えたら1ライン消えるな…とか、

間違い探しにハマっていたときは、景色をみて、あれ?間違いはどこだ?って思っちゃったりとか、


そういうのは考えるんですが、FPSタイプのゲームをやってても、あー金欠だ〜あいつ倒すか〜はならないんです。

 どう◎つの森ハマってて、魚とってお金稼ぐかはなります。あの影からゾンビ出てきたら、どう回避しよう…もある

何故、倒す(この場では柔らかめの表現ですが)という考えにいたらないのか、


それは、わたしの中にモラルがあるからです。

他者の命を粗末にしてはいけないという常識があるからです。


命に限らず、RPGにハマっていても、他人の家のクローゼットは開けないし、ツボも割りません。

だって、常識ですもん。


ね、過激なゲームやってる大人しい女の子ってかわいいですよ。

わたし、過激なゲームやってないけど、ライブ中シャウトするし。(関係ないかも笑)

なんか伝えるの難しいな〜〜〜〜


なんか、人に迷惑かけずに常識破りなことしたいな。



(随分前の)御茶海 マミ





コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

御茶海マミ(みさみまみ)

御茶海マミ(みさみまみ)
身長:147cm
生年月日:1994年2月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2016年8月
« 7月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

御茶海マミ|みさみまみ(アイドル・グラビア)オフィシャルブログ