他人の廻しで独り相撲



20170321-035510.jpg


小学生の頃、わんぱく相撲

団体3位でした。

わたしは初戦で負けたけど。

(昨年度横綱には勝てなかった)





 横綱になれば、脱脂粉乳なんかではなく無調整の新鮮な牛乳が飲め、乾パンではなくクッキーが食べられ、肉は上等。もちろん乾いていない、太陽の熱で脂が溶けテラテラといやらしく光る肉。パンはもちろん白いものが配給される。

 肉体的な強さは=丈夫な子を成す資質とされ、眉目秀麗、才色兼備の男たちが群がった。

 人々は本能で、強さを求めている。

 そんな時代。髪は艶めいたこともなく、肌は吹きすさぶビル風に運ばれた砂で汚れ、醜く腹だけ膨らんだ体の女が、大きな杉の木にぶつかり稽古をしていた。

 杉に彼女の小さな手がぶつかる度、境内の重い空気が、少しだけ揺れた。

 まるで水面に落ちる水滴のように、腐葉土になりゆく枯れ葉のように、張り手が空気に染み込んでいく。

 




 ここまで書いて寝おちてた。

なんで相撲ディストピアを書こうと思ったのか………?

続き思いつかないな〜

 

コメント (1件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 本文と全く関係ないですけど、この写真ドキってする感じの色っぽさがありますね。
    おかげて本文の話が頭にすっと入ってきませんが、とりあえず相撲デビューのときは駆けつけますね。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

御茶海マミ(みさみまみ)

御茶海マミ(みさみまみ)
身長:147cm
生年月日:1994年2月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2017年3月
« 2月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives