動物愛護週間!

雅です。

 

 

このブログではあまり書いたことが無いかもしれませんが

私、愛猫のトニーを引き取って以来、保護猫関連のボランティアをしたり

インスラグラムでも動物愛護の啓発活動を少しずつしておりまして…

 

まだまだ無知で、特にスペシャリストでもない私が、

あまり偉そうに言えることではないのですが

それでも、正しい動物の飼養方法や、絶滅危惧種の保存についてなど

少しでも知識や情報が広がったらいいなぁと思って、

自分のペースで動物に関する社会問題と向き合っています(^ ^)

 

さて、皆さんあまりご存じではないかもしれませんが

毎年9月20日〜9月26日までの期間は、「動物愛護週間」とされています。

 

 

この期間内は全国で動物に関するイベントが頻繁に開かれているので、

ピン!と来た方もいらっしゃるかもしれません。

 

私も早速、9月22日に浅草で行われた

「どうぶつ愛護フェスティバル」にお邪魔してきました!

 

IMG_0733

 

毎年開催されているようで、

今回は「共に生きる〜シニアペットとシルバー世代〜」というテーマでした。

 

内容は主に獣医師の方々による講演会やパネルディスカッション。

非常にわかりやすく、ためになるお話で、あっという間の2時間でした。

 

シニア世代がペットを育てることに関しての意見や、

ペットを長生きさせるためのコツなど、

私が全く知らなかった情報の連続で、席で「へぇ…!」と思わず呟いてしまう程でした笑

そんな講演会を聞いて思った感想を自分のためにもまとめたくて、ブログにしてみました。

 

 

私が猫の保護・譲渡活動のボランティアに参加し始めたのは、だいたい2年ほど前からで

私は主にシェルター内のお掃除や猫たちのご飯をあげたり、グッズ製作や梱包などをしていて

直接、猫の譲渡手続きをすることは無かったので、これは代表の方から聞いたお話ではありますが

意外とシニア世代からの「子猫を引き取りたい」というお申し出って、多いみたいです。

 

それを知った時正直、私はなんて無責任なんだと思ってしまいました。

自分でペットを看取る事が出来ないなら、動物を育てる資格はないと思います。

(もちろんご家族と同居されていれば可能な場合もありますが…)

 

この私の意見には比較的どなたも賛同してくださると思います。

ですが、この意見が、もしかすると時代遅れなのかも…と今回の講演会を聞いて感じました。

 

もちろん、ご自身の収入や体調が不安で

「自分で面倒が見られない日が来るかも」という思いがあるまま

ペットを飼い始めるのは良くない、ということは基本で当たり前です。

 

でも、、

もしペットと一緒に過ごせる老人ホームがたくさん出来たら。

そして更に、飼い主に何かあった場合に引き取れる方を

ペットを飼い始めるタイミングでしっかり決めること(口約束は×)が常識になれば、

シニア世代が新たに動物を引き取る・育てるということは、可能なのかもしれません。

 

今回講演会をされていた獣医師の小林先生の病院では

自宅から病院までのペットの送迎なども無料でされていたり(対象地域のみ)、 

ペットと暮らせる特別養護老人ホームについてもその日、詳細を初めて知りましたが

犬と猫がいる棟を分けたり、それ以外にも認知症などの重い症状の方が

ペットと一緒に暮らしても問題が起きないように様々な工夫をされていて、

単純なことだけど、時代にあったなかなか無いサービスを進んで行われていて驚きました。

 

ペットと生きるということは、今の時代、それ程に普通なことで、

世の中もそれに順応していかなくてはならない。

 

シルバー世代だけでなく、どの世代も、ペットを育てる場合は

いざという時の引き取り先はもちろん、その他のことも

家族や友人、かかりつけの獣医さんや、周囲の方と情報を共有したり、

不安なことはいつでも相談できるように

ペットとの共存について、もっと理解が深まればいいなと思います。

 

ただ、日本人の4人に1人は動物が苦手というデータもあるので…

「かわいいから」で全て解決しようとするのは間違いです。

 

実家に帰って愛犬のレオを散歩させているときや

東京でも公園に行ったとき、

犬のリードを手から離している方を、たまに見られます。

犬が嫌いな人からしたら、どんなに恐ろしいことかと…

ちょっと考えたら分かることなんですが、

「うちの子は大丈夫だから。」「みんなやってるから。」で済ませてしまうんですよね。

 

そういう小さなことから、ペットを育てる側も姿勢を変えていかないと

人間もペットも幸せな、「共存」を目指すことはできないと思います。

 

みんなが動物を好きになる必要はないです。

ただ、ペットを迷惑と感じる人を減らしていかないと、

いざ、災害があった時などに、

周囲からのサポートを受けられなかったりするかもしれません。

 

今一度、ペットを育てる側も、ペットに興味がない方も。

どうやって動物に対して向き合うべきかというのを、

この動物愛護週間中に、少し考えてみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

IMG_0764

 

 

 

うちのトニーさんのかかりつけの病院は

なんとLINEで24時間相談に乗ってくださるサービスがあります。

ありがたいな〜すごいな〜くらいにしか思っていませんでしたが、

これも進む時代とどう向き合うかということを考えて生まれたサービスなのかなぁ。

感謝してもしきれません…m(_ _)m

 

ほんと、あんまり言っちゃいけないのかもしれないけど

動物病院って対応に差があります…!

トニーも4軒目で初めていい獣医さんに巡り会えました。

 

なかなか治らなかった病気がその先生だとすぐ治ったということもあるのですが

どうやって治療を進めていくか、

もしこの検査でこの結果だったら、次はこの手術をした方が…など、

きちんと今後のプランを最初に説明してくださるかどうかってすごく大切です。

 

獣医さん選びに困ってる方がいらっしゃれば

ぜひ、そういうところでも判断してみてくださいね。

 

長くなりました!!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

動物愛護週間、楽しみましょう!

 

 

ほな!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式インスタグラム更新中!

 

ユーザー名 m.miyabi614
https://instagram.com/m.miyabi614/

 

 

 



コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

松浦雅|まつうらみやび(女優)プロフィール

プロフィール画像

松浦雅(まつうらみやび)
身長:160cm
生年月日:1995年6月14日
血液型:O型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

松浦雅|まつうらみやび(女優)カレンダー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

松浦雅|まつうらみやび(女優)アーカイブス

松浦雅|まつうらみやび(女優)カテゴリー

松浦雅|まつうらみやび(女優)QRコード

ブログモバイル版

松浦雅|まつうらみやび(女優)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/miyabi-matsuura/

Instagram