中山一也と言う俳優は現代のこの陳腐な腐りきった日本の映画界における最後の大物である。

私は映画俳優である。芸術としての又、エンターテイメントとしての映画に対する崇高なる魂を内に秘めたる大物である。故に現在のテレビ等と言う通俗且つ堕落したものに興味はない 我が道を行くだけだ、、、ハッキリ言わせてもらおう何故いまのこの日本映画界が衰退したのか。それは単純に言えば

第一の要因は人々が高い金を払いわざわざ劇場に足を運び映画を観なくなったと言う事だ。そしてテレビ等の隣の兄ちゃん姉ちゃん文化が花盛りになり(多少の御縁あり俺の映画izo の出演依頼を断って来た美輪明宏さんはウンコ文化と言っていたらしいが)大物が居なくなり夢がなくなり中粒な小粒な日本人がいっぱい出来上がってしまったのだ。ただしこれは困ったことで、、、私たちいや、俺達俳優等という昔なら河原乞食と呼ばれる(誤解しないで欲しいリスペクトしてるのだ故三国連他太郎さんがしばしば触れたらしいが)人間迄が

丸くなり一般の人間のような

生き方をしだしたのだ。それで俺は

大きな声でスピークアウトしたい。(言っとくが俺はルー大柴ではない)

それは俺のような無茶苦茶だがダイナミックな、、、デニーロだろうとレディーガガであろうとションぺーンだろうとミスタービーンであろうと北野たけしであろうと、あそうだ忘れてた内田裕也であろうと、、、俺みたいな世界に通用する、、、世界の奴らがヤバいこいつはマジでヤバいぞと思わせるような生き方をしてきたこの俺のような役者に、、、スポットを当て世界にむけて勝負しようという気概ある

大物プロデューサ、大物監督、永田さんのような大物制作人が必要だと言う事だ。孫正義は中国か韓国の出自で日本を思っていると言っているがそれが本心であるならば是非映画製作に乗り出してくれと言いたい。米の映画製作会社を買収したと何かで観たが、果たして、、、世間から言われている利益追求のみ、自分の金を増やすことしかかんがえていないのでは、、、との噂を聞いたが、、、俺としては、、、孫さんが泣きながら自分の生い立ちを

語り、、、子供のころ豚の残飯をのせたリヤカーに乗り極貧の中から立ち上がって来た、、、人の情けと痛みを知っている今や大物と称されされる人物で会ってほしいと念じている。ノーブレスオブリージュを実践すべく日本の為

世界のために是非日本映画界を

支えるような偉大なる役割をSoftBank孫正義氏、ユニクロ柳井氏、トヨタ自動車代表等々の現在の日本における大物諸氏に懇願するものであります。

嘗の川喜多かしこさんのよう日本の映画界をバックアップす

るような方が今の

日本にはいないと言う事であります。政財界を含む人々の、芸術、文化としての映画に対する理解と、日本の映画を更に世界にアピールし日本を日本人の素晴らしさを紹介していこうと言う考えは世界にむけてあらゆる有効性があると確信します。そのためには情熱と、政治的バックアップが必要不可欠である。と言うことだ。PS、私が主演した映画izoがヴェネチア映画祭に正式招待された際、1番に心に触れた

想いはそのイタリアの人々の映画、芸術に傾ける情熱とそれを支えようとする強いボランティア精神でした。ドゥカーレ宮殿でのイタリア名士を交えた晩餐会 フェニーチェ劇場での受賞式、すべてが感動的な格式あるものでした。日本も世界の先進国として恥ずかしくないような映画界とそれを国レベルでサポート、アテンドする体制を作るべきだ。お隣りの国、韓国のエンターテイメントの国のバックアップは俺は右でも左でもないが素直に学ぶ所だ。阿部さんも色々と大変だろうが若かりし頃は政治家ではなく映画監督になりゴッドファザードのような映画を取りたかった。とコッポラ監督に話した記事を読み、阿部さん今からでも遅くない、憲法改正、集団的自衛権と忙しい日々だろうが是非、近い将来、阿部監督で 広島ファットボーイ とか プーチンは原爆がお好き とか言う

タイトルの映画を作りオバマさんに電話してアメリカでやらなくて

も世界的大ヒット

間違いなしだよと伝えると言うのはどうだろう

か。image



コメント (3件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. なんだチミは

  2. そーれ❗

  3. そーれ❗


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

プロフィール画像

中山一也(なかやまかずや)
身長・体重:172cm ・72kg
生年月日:1956年1月20日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/nakayama_kazuya/

Archives

Calendar

2015年5月
« 4月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031