ルボンパストゥール 2007

先日の焼肉Ⅹの特製焼肉御膳〜天〜



とあわせたワインは



大人買いした


シャトー・ル・ボン・パストゥール2007 


ポムロールのワインです。



20200604-082840.jpg

 



Tetsuya Wine Slections



で購入したものです。


このシャトー・ル・ボン・パストゥール2007は、Ex-chateauボトルで最適環境で輸入し保管されたもの。


*エクスシャトーとは、生産者から直接出荷してもらったボトルのこと。


*シャトー=ボルドーワインの生産者をさす


エクスシャドーボトルにより、ワインにとって最適な環境、最短経路、最短時間で輸送されるメリットがあります。



私はワインのコンディションのよろしくないワインに敏感です。



オークラのワインがすごく美味しいと感じるのはコンディションの違いかと。



もちろんもともとのワインのポテンシャルが味わいに大きく影響するとは思いますが、


保管や輸送でワインはものすごく変貌してしまうのだと感じています。





その点、Tetsuya Wine Slectionsのワインはコンディションにこだわっているので、信頼できますし、実際に違いを感じます。


口に含んだ際に舌触りが滑らかで、粗さがありません。


いくら

人気のある、評価のあるワインであっても、輸送や保管状態がよろしくなければ台無し。

それをどの程度寛容できるかは、人それぞれぞなのだと思います。


私の場合はリーファーコンテナ輸送をうたっているワインショップでも、ワインの状態が気になってしまうことがあり…。もし、同じようなことを感じている方がいたらTetsuya Wine Slectionsをお薦めします。










今回のル・ボン・パストゥールは、


フライングワインメーカーとも称されるミシェル・ロラン氏が所有するポムロールのシャトー(ワイナリー)。




「どのワインも同じ印象になる」などなど、

否定派も少なくないミシェル・ロラン…。



映画モンドヴィーノ



も興味深かったですし、ブルゴーニュ のテロワールの考え方にたいへん共感します。




でも…

コンディションによるワインの味わいの違いがかなり気になる方なので、


保管状態がそれほど良くないものや、最近の値頃とのバランスが大きく乖離しつつあるブルゴーニュを飲むくらいなら、


わかりやすいくらい舌触りの良いこちらのワインの方がストレスなくいただけるなぁ。


なーんて感じてしまう今日この頃なのです。





 

〜人とお肉をつなげるサイト〜Meat UP!

 

主宰:片平梨絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)プロフィール

プロフィール画像

片平梨絵(かたひらりえ)
身長:161cm
血液型:A型
出身地:東京都

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/nikumi/

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)アーカイブス

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)カレンダー

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930