ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

ポール・マッカートニー、東京ドーム公演での不愉快な出来事

昨夜、僕は、ポール・マッカートニーの「OUT THERE JAPAN」の東京ドーム公演初日を観に行った。

 

僕が、この日をどれだけ待ちわびたか、多くを語るつもりはない。

 

ただ、僕は、今回の人生は、ポール・マッカートニーの音楽(もちろん、ビートルズを含む)を聴くために生まれてきたと思っている。

 

この言葉だけで、2013年11月18日が僕にとってどれほど重要な夜だったかがおわかりいただけると思う。

 

そして、ついにポール・マッカートニーが姿を現した!

paul

 

僕は、一夜明けて、その瞬間の記憶が飛んでいるが、相当な興奮状態であったことは想像に難くない。

 

ちなみに僕は、本日、19日と明後日21日の3公演を観に行くが、昨日のチケットは大外れだった。

 

残り2日は、アリーナ席の前方だが、18日の席だけは残念ながらスタンド席だった。

 

まあ、これは抽選だからしかたがない。

 

 

僕の席は、通路のすぐ横。

 

一緒に行った友人の話によると、僕はポール・マッカートニーの登場と同時に立ち上がり、「Eight Days A Week」が始まった時には、通路で歌いながら手拍子をしていたらしい。

 

中学の時、ギターで一生懸命コピーした大好きな曲。

 

その曲が終わって、僕が現実に戻った時に事件は起きた。

 images

 

斜め後ろの席の男性が、手を伸ばして僕の肩をつかんできた。

 

そして言った。

 

「お前が立つと、彼女が前が見えないんだよ!」

 

真後ろを見ると、女性が不機嫌な顔で、座ったまま僕を睨みつけている。

 

自分で言うのもなんだが、「温厚」とは僕のためにある言葉だと思っているくらいだが、一瞬にして頭に血が上った。

 

スタンド席とはいえ、あのポール・マッカートニーの11年ぶりの東京ドーム公演である。

 

多くの観客は、ポールの登場に興奮して立ち上がり、手拍子をしていた。

 

僕は、100%、自分は悪くないとの自負があったので、男を無視して女性に言った。

 

「それなら、あなたも立ったらどうですか? 曲によりますが、悪いですけど、僕、座りませんよ」

 

すると、男が再び激怒。

 

「彼女は足が悪いんだ! 立てないんだ! だから、お前が座れ!」

 

彼女がなぜ立てないのかはわからない。障碍を負っているのか、怪我をしているのか(ちなみに、僕も足を骨折しているが)

 

ただ、事情は理解した。

 

そこで僕は、彼女に一言、謝罪の言葉を述べて、彼女の隣に移動した。

 

これなら彼女も、少なくとも僕が邪魔になることはない(もっとも、ほかの観客も立っているので、それで彼女の前の見晴らしがよくなるわけではないが)。

 

「通路横の席でよかった」と思った。

 

そして、彼女の隣で手拍子をしたり、ポールと一緒に歌ったり、「ポール!」と叫んでいると、何曲か後に、再び男のいちゃもんが。

 

「彼女、お前がうるさいって言ってるぞ。座って静かに見ろ!」

 

この言葉に、僕は、怒りではなく、「理解不能」という感情に襲われた。

 

は? あの、僕、クラッシックのコンサートに来たわけでも、テニスの応援に来たわけでもないんだけど。

 

ロックコンサートに来たんだけど。

 

そう、思ったら、再び、怒りが襲ってきた。

 

「俺がうるさいなら、お前らが席を移れよ!」

 

僕のこの言葉に激高した男は、僕の胸ぐらをつかんできた。

 

生まれて一度も人を殴ったことのない僕だが、ついにその瞬間が来たと思った。

 

よりによって、それがポールのコンサートでなんて。

 

 

だが、僕がその男を引き寄せた時、僕と一緒に観に行っていた友人が僕を止めた。

 

「あっちゃん。やめな! 今日は、あっちゃんが譲りなよ。いいじゃん。あと2回観れるんだから、今日は座っておとなしく観よう」

 

その一言で男を引く手を緩めた僕だが、怒りは収まっていない。

 

座って観よう・・・って。Lady MadonnaやObLaDi ObLaDaを立って観ることも、一緒に歌うことも許されないのか。

 

ただ、次の友人の一言で、僕は観念した。

 

友人は、男と、足の悪い女性を睨みながら、「今日は外れくじ引いちゃった。まあ、人生にはそんな日もあるか」

 

そう。友人も怒っていたのだ。

 

そこで僕は、椅子に座り、その後の2時間以上、黙々とポールが歌う姿を見つめ続けた。

 

今日は外れくじだ、と思いながら。

 

 

足の悪い彼女が、僕が観念して椅子に座った時の一言は、永遠に忘れないだろう。

 

「最初からそうしてればいいんだよ。こっちは足が悪いんだ」

 

 

ふと僕は、自分の作品、「クワガタと少年」を思い出した。

 

これを見て、彼女とその男はどう感じるだろう?

 

まあ、なにも感じないと思うが、これが僕からの反論であり、プレゼントだ。

ちなみに、コンサートが終わると、その女性は骨折している僕よりもはるかに軽い足取りでスタンドの階段を上って行った。

 

単に座って観たかったために障碍者を演じていたと知って、あまりのモラルの低さに、怒りすら湧かなかった僕であった。

 

 

『エブリ リトル シング』第一話、「クワガタと少年」

 

 

→ 次へ

 

 

 

 

『Excel VBAの神様 ~ボクの人生を変えてくれた人~』

『もしドラ』作者の岩崎夏海さん推薦の、7割が感涙したVBAの本、そしてビジネス系自己啓発小説です。

 

vba_god_diamond → Amazonへ

 

第1章 真二、夜の公園でマクロとVBAをはじめて知る
第2章 真二、知らない間にマクロを記録してしまう
第3章 真二、おそるおそるマクロを実行してみる
第4章 真二、メッセージを表示して感動する
第5章 真二、オブジェクトとメソッドが使えるようになる
第6章 真二、プロパティを覚えてドヤ顔になる
第7章 真二、算術演算子と関数をらくらく使いこなす
第8章 真二、意外とあっさりコレクションを理解する
第9章 真二、変数に腰を抜かす
第10章 真二、条件分岐と繰り返しでVBAのすごさを知る
第11章 真二、みんなの前で見積入力システムを披露する

 

期間限定、スマホ対応、第1章の立ち読みは→ こちら

 

 

 

honkaku → Amazonへ

コメント (15件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 2017年のツアーに初めて参加しました。
    子供が小学生の頃からビートルズが好きで、もう高齢になったとはいえ残っているビートルズメンバーとせっかく同じ時代に生まれたのであれば、ぜひ連れていってやりたいと思い…前回の来日ではチケットがとれずに行けなかったので、今回は本当に念願の初ライブでした。
    1階席でしたが不満はありません。ほんとうに素晴らしかった。
    静かに見ろというのは確かに寂しすぎる…とは思いますが、立てるのがOKかと言われたら、正直、我が家も前の人に立てられたら迷惑なので座ってもらいます。実際、座っていただきました。せっかく念願かなって遠方からはるばる行ったライブなのに、子供が全くポールを見ることができないので。
    座ってもらったら、隣にいた外国人の方にもお礼を言われたので、同じく迷惑をしている人はいたということです。
    アリーナとは違いますから。
    みんながみんな立って見られる人ではない、前の人が立って見えないからといって自分が立てったら、私の後ろの人に迷惑がかかる。
    ロックコンサートだろうがなんだろうが、状況にあわせたマナーは必要だと思っています。
    立って聞くのが当たり前という考えを押し付けるのはどうでしょうか。

    • コメント、ありがとうございます!

      ただ、ボクのブログをきちんと読んでください。
      ボクは、「座れ」と言った女性の横に移動したのです。
      女性の前に「立ち続けた」とは一言も書いていません。
      すなわち、なんら女性の障害にはなっておらず、クレームのそしりを受ける理理由もございません。

      それに、スタンド席はおっしゃるとおり、座って観る方もいらっしゃるでしょう。
      しかし、その日のボクの周辺のスタンドの観客席は
      ライブ前にウェーブをするほどの大盛り上がりで、ほぼ全員が立っていました。
      すなわち、座ったらボクが見えません。
      (実際、座って観たので、ただスクリーンを眺めているだけでした)

      ライブは生き物です。
      そして、それを観ている観衆も、その時の雰囲気に応じた「空気」を作ります。
      少なくともボクは、その「空気」を大切にする人間でありたいと思っています。

  2. 連続投稿お許し下さい。

    間違えて書いてしまいました。

    「座ってご観覧下さい。」とアナウンスされたのは、ドーム、の間違えでした。

    ドームで着席すると、係の人がブロックごとに言って回っていました。
    スタンドだったので、でしょうか。
    アリーナの方々は段差がないところで観るので、立つな、と言われても・・・。
    場所によって言われることは違うかもしれませんね。

    間違えて失礼しました。  <m(__)m>

  3. はじめまして。

    大変お気の毒なことと思いました。前後の人は選べませんものね・・・。
    (^^;

    私も前々回、スタンドで「なんでみんな立たないのー?」というジレンマと闘いながら観ました。
    ヘルタースケルターだよ?なんで座っていられるの? などと余計なことに気が行き、ライヴに集中ができず。
    (/_;)
    なので、その次のライヴからは、心置きなく大騒ぎができる武道館で観ると決めました。
    結果、大満足。
    今年も武道館とドームで観ました。
    武道館ではじけた分、武道館は「すわってご観覧下さい。」という開演前のアナウンスも受け入れられ・・。
    これがドームだけだったら、今年も私はジリジリしながら見守っていたかと。
    総ての人が武道館に足を運べる条件とは言えなく、東京近郊の人しかなかなか平日の武道館には行けないので、「こうすれば良い。」というつもりは決してありませんが、私の打開策(?)でした。
    ありがとうございました。

    少なくとも、私は近くの人にああしろ、こうしろ、とは言いたくないですね。 同じファンなのに・・・。

    • ありがとうございます!
      今回は3回ともアリーナで、27日は前から15列目で生ポールが見られて、
      当たり前ですが、観客は全員、興奮で総立ち、涙、涙でしたよ!

      今日は10列目です!
      ポールのライブの最新ブログもお読みください(*^^*)
      → http://www.diamondblog.jp/official/omura/?p=4980

  4. 今年もポールが来ます。
    私は東京ドームに行きますが、スタンド席で見ます。
    スタンド席は、ほとんどの人が座って見ているので、なかなか立ちにくいですので、今回は通路前の席を買いました。
    サイリウムを振り回しても、後ろの人を
    気にせずにすみます。
    どうしても立ちたければ、アリーナの前方しかないのですが、以前、アリーナで
    スタンディングしましたが、ポールもステージもまったく見えなかったので、
    今回はスタンド席にしました。
    でも、静かに聞くばかりもさみしいので、通路の前の席を見つけました。
    立ちたい気持ちはわかりますが、周囲の
    状況に合わせることも時には大切かと思います。

    • もう座席表がわかっているんですね。
      ボクももちろん、3公演すべて行きます。
      年齢的に、最後の来日になりそうですね。

  5. ポールの2015年ツアーのネット検索をしてたら、目に入ったので記事を読みました。
    相手の男女、すげくムカつきました。人に物を頼む言い方じゃないですよね!!もし丁寧な言い方で「すみません、彼女が立つのに足が辛いんで、時々座っていただくわけにはお願いできませんか」と言われれば、あなたも相手もお互いに楽しいコンサートになったのに……そいつらは馬鹿ップルでお互い人間の品性がげびていて、釣り合いなんでしょうね!それよりもやる瀬ないのが、あなたがポールのコンサートのことを思い出す度に、このムカつく出来事まで思い出してしまうこと!

    自分、2015ツアーに行きます。あなたもそうかな?
    どうかお互いに、楽しい思い出になりますように。

    • コメント、ありがとうございます。
      今年は、おかげさまで、前から16列目、肉眼でPaul McCartneyが見える神席でライブを堪能できました。
      今年のライブは、死ぬまで忘れません!

  6. こんにちは ポールファンに言いたくて探していたらここにたどり着きました。私も昨年の11月の18日にコンサートをスタンド席で見ていましたがやはりコンサートが始まり立ち上がった人に後ろにいた年配とおぼしき男性が見えないから座れと言いましたが立ち上がっていた若者は何事か言ったら男性はそのままでそれ以上のことは起こりませんでしたがロックコンサートでそんなことをいうやからがいるのかと思っていたらいるのですね。コンサート開演前には撮影禁止などの連呼とともにこのコンサートは立ち上がっての観賞は許されていますということも言わなくてはいけませんね。それこそ野暮というものかもしれませんが…
    今回の来日も楽しみにしていらしたでしょうね?
    私も初日の国立に足を運び延期の知らせに悲しくなりましたが彼の体調が良くなりまた来てもらえることを祈るばかりです。
    それに関連してちょっと悲しい話しですが昨日近隣に岩崎宏美さんと国分弘子さんのピアノソングスというコンサートを観に行ったのですがそのコンサートの中のコーナーでビートルズの曲を歌うコーナーがあったのですが岩崎宏美は「ポールはついこの前来たけどお腹こわして帰っちゃった」と言うような発言で聴衆の笑いをとっていましたが私は笑えませんでした。
    ミュージシャンが体調不良でコンサートをキャンセルすることがどれだけ辛いことかを思うとおなじ歌い手としての発言としては冗談としてもなんか悲しい言葉でした。ポールファン自認のピアニストの国分さんは岩崎宏美のその発言をちょっと悲しげな笑いをしていた印象に思えました。コンサート自体はとてもよかったので残念な発言でした。
    ポールファンには悲しかったので聞いてほしくコメント寄せたことお許しくださいませ。
    ポールの一日も早い回復と来日を願いましょうね。

    • 仰る通り、ライブを休演せざるをえなかったポールの心情を考えると、笑えないジョークですね。
      ライブに「特別」はないと思いますが、今回のライブは、国立競技場を取り壊す前の最後のライブであり、外国人アーティストとしては最初で最後のライブになるはずでした。
      まさしく、Beatlesのメンバーとして行った武道館公演に続く「伝説」となるはずでした。
      そして、その武道館公演も中止。
      さらには、お隣韓国では、ついに待ち望んだソウル公演も中止。

      ポール本人も、世界中のポールファンも傷つきました。

      まあ、今となっては、ポールも元気になりましたし、再来日を期待しましょう。
      可能性としては、プロ野球オフシーズンにまた東京・大阪ドームですかね。
      個人的には、ポールが一度も行っていない札幌ドームで、北海道のファンのために演奏してあげてほしいですね(*^^*)

  7. ポールの国立中止記事を検索してこちらにたどり着きました。
    私も同じく去年の11月12日京セラドームで似た経験をしたのでコメントさせてもらいます。

    S席スタンドで当たり前のように立っていたら後ろから肩を叩かれ

    「見えへんから座って」

    とふんぞり反って座ってるじーさんに言われました。
    ちょうどバラードになったので座りましたが、私の横の知らない人までそのじーさんに気を使って座ってしまいました。

    しかもまだ前半…

    やっぱり納得いかず振り返り

    「ずっと座ってなあかんの」

    と聞いてみたら

    「立っていい」

    との事。

    自分勝手に気づいてくれたようで私なりに譲ってバラードは座るようにしてなんとか楽しめましたが不愉快でした。

    ファンの年齢層が広いと座って見たい人もいるのはわかるけど嫌な経験でした。←相手もそう思ってるかも

    5月24日長居スタジアムも行くので(ありますように)今度は後ろの人の確認をしておこうと思います。

    長々失礼しました☆

    • コメント、ありがとうございます!
      ちょっと、英語圏で僕の本が発売されて、ブログをさぼっており、返信が遅れて申し訳ありませんでした。

      ポールは確かに、人類史に残る珠玉のバラードをたくさん歌いますが、彼のパフォーマンスはロックコンサートです。
      自分が座るのは自由ですが、他人を座らせる権利はないと今でも信じています。

      ということで、今回の国立は中止になりましたが、次回の来日も立って観戦します!
      もし「座れ」と言われたら、「帰れ」と言い返しますよ(笑)

  8. はじめまして。せっかくのコンサート台無しでしたね。そんな人はポールのコンサート来る資格なし!で、再来日ですね!福岡行ったんですけど、今度の大阪も絶対行こうと思ってます。抽選当たればいいな。通勤の行き帰りは CD聴きながら歌ってます。(*^_^*)

    • コメント、ありがとうございます!
      ちょっと、英語圏で僕の本が発売されて、ブログをさぼっており、返信が遅れて申し訳ありませんでした。

      ポールは確かに、人類史に残る珠玉のバラードをたくさん歌いますが、彼のパフォーマンスはロックコンサートです。
      自分が座るのは自由ですが、他人を座らせる権利はないと今でも信じています。

      ということで、今回の国立は中止になりましたが、次回の来日も立って観戦します!
      もし「座れ」と言われたら、「帰れ」と言い返しますよ(笑)


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930