ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

RemoveDuplicatesメソッドで重複データを削除する(Excel VBA)

前回は、ループ処理で重複データを削除する方法を紹介しましたが、ここで紹介するのは、Excel2007 VBAに搭載されたRemoveDuplicatesメソッドで重複データを削除するテクニックです。

 

拍子抜けするほど簡単ですので解説を進めましょう。

 

まず、構文は以下のとおりです。

 

 

範囲.RemoveDuplicates(Columns, Header)

 

 

そして、RemoveDuplicatesメソッドは、範囲内で指定した引数Columnsに重複する値があれば、その行を削除するメソッドです。

 

引数Headerには、先頭行が見出し行なら「xlYes」を指定します。

 

すなわち、セルA1:E100の範囲で、A列かB列で値が重複していたら重複行を削除するサンプルは次のようになります。

 

 

Sub Sample_016()
    Range(“A1:E100″).RemoveDuplicates Columns:=Array(1, 2), Header:=xlYes
End Sub

 

 

もっとも、Microsoftの喧伝不足で、これほど便利なRemoveDuplicatesメソッドはほとんど知られていません。

 

ですから、個人使用の場合にはRemoveDuplicatesメソッドでもいいと思いますが、ループ処理の古いマクロが社内で流用されているようなら、件数や使用頻度にもよりますが、前回のループのテクニックでもよいでしょう。

 

いずれにしても、よく、新機能が搭載されると、それを使わない人は「遅れている」と言う人がいますが、互換性は大切です。

 

実際に、上述のサンプルはExcel2003以前では動作しません。

 

枯れたテクニックにもそれなりの良さ、メリットはあります。

 

→ 最初へ      → 次へ

 

 

『いつもの作業を自動化したい人の Excel VBA 1冊目の本』

Excel VBAは、一人ひとりの作業のあり方、いえ、ひいてはあなたの時間の使い方、すなわち「人生すら変えてしまう」パワーがあります!

本書は、Excel VBAを使いこなしたい方がどこでつまずいてしまうのかを徹底的に研究して書き上げた「1冊目」の決定版です!

 

まずは第1章の立ち読みから(スマホ対応) こちら

firstbook→ Amazonへ

 

 

 

『Excel VBAの神様 ~ボクの人生を変えてくれた人~』

『もしドラ』作者の岩崎夏海さん推薦の、7割が感涙したVBAの本、そしてビジネス系自己啓発小説です。

 

まずは第1章の立ち読みから(スマホ対応) こちら

vba_god_diamond → Amazonへ

 

 

 

 

honkaku → Amazonへ

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2015年6月
« 9月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930