ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

FormulaArrayプロパティ、セルに配列数式を設定する(Excel VBA)

 ここでのテーマは配列数式です。

 

実は、セルに配列数式を設定するのはとても簡単なのですが、それ以前に配列数式でつまづいてしまう人もいるかもしれません。

 

そこで、ここではとても簡単な配列数式の例を紹介します。

 

下図は、3つの支店の売上合計を「=SUM(E2:E4)」の数式で求めています。

 

 

c1_029_1
 

 

一方、下図では列Eの売上金額欄がない状態で売上合計を求めていますが、こんなケースでは、数式の引数にセル範囲を指定して配列化し、それぞれの配列を乗算した次の数式で売上合計を算出できます。

 

c1_029_2

 

 

{=SUM(B2:B4*C2:C4*D2:D4)}

 

 

このような数式を「配列数式」と呼びます。

 

配列数式は[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーで入力しますが、そのときに冒頭と末尾に「{}」が自動的に付加されますので、この「{}」を手入力する必要はありません。

 

 

そして、VBAで配列数式を入力するときにはFormulaArrayプロパティを使用します。

 

次のサンプルは、上図のセルD5に配列数式を入力するものです。

 

 

 

Sub Sample_029()
    Range(“D5″).FormulaArray = “=SUM(B2:B4*C2:C4*D2:D4)”
End Sub

 

 

 → 最初へ      → 次へ

 

 

『いつもの作業を自動化したい人の Excel VBA 1冊目の本』

Excel VBAは、一人ひとりの作業のあり方、いえ、ひいてはあなたの時間の使い方、すなわち「人生すら変えてしまう」パワーがあります!

本書は、Excel VBAを使いこなしたい方がどこでつまずいてしまうのかを徹底的に研究して書き上げた「1冊目」の決定版です!

 

まずは第1章の立ち読みから(スマホ対応) こちら

firstbook→ Amazonへ

 

 

 

『Excel VBAの神様 ~ボクの人生を変えてくれた人~』

『もしドラ』作者の岩崎夏海さん推薦の、7割が感涙したVBAの本、そしてビジネス系自己啓発小説です。

 

まずは第1章の立ち読みから(スマホ対応) こちら

vba_god_diamond → Amazonへ

 

 

 

 

honkaku → Amazonへ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031